国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2015133471) 化合物、該化合物を重合してなるポリマー、有機半導体材料およびその用途
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2015/133471 国際出願番号: PCT/JP2015/056209
国際公開日: 11.09.2015 国際出願日: 03.03.2015
IPC:
C07D 513/04 (2006.01) ,C07F 7/10 (2006.01) ,H01L 29/786 (2006.01) ,H01L 51/05 (2006.01) ,H01L 51/30 (2006.01) ,H01L 51/40 (2006.01)
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
513
縮合系中に異項原子として窒素および硫黄原子のみをもつ少なくとも1個の複素環を含有し,463/00,477/00,または499/00~507/00のグループに属さない複素環式化合物
02
縮合系が2個の複素環を含有するもの
04
オルソ―縮合系
C 化学;冶金
07
有機化学
F
炭素,水素,ハロゲン,酸素,窒素,硫黄,セレンまたはテルル以外の元素を含有する非環式,炭素環式または複素環式化合物
7
周期律表の第4族の元素を含有する化合物
02
ケイ素化合物
08
1個以上のC-Si結合をもつ化合物
10
窒素を含有するもの
H 電気
01
基本的電気素子
L
半導体装置,他に属さない電気的固体装置
29
整流,増幅,発振またはスイッチングに特に適用される半導体装置であり,少なくとも1つの電位障壁または表面障壁を有するもの;少なくとも1つの電位障壁または表面障壁,例.PN接合空乏層またはキャリア集中層,を有するコンデンサーまたは抵抗器;半導体本体または電極の細部整流,増幅,発振またはスイッチングに特に適用される半導体装置であり,少なくとも1つの電位障壁または表面障壁を有するもの;少なくとも1つの電位障壁または表面障壁,例.PN接合空乏層またはキャリア集中層,を有するコンデンサーまたは抵抗器;半導体本体または電極の細部(31/00~47/00,51/05が優先;半導体本体または電極以外の細部23/00;1つの共通基板内または上に形成された複数の固体構成部品からなる装置27/00
66
半導体装置の型
68
整流,増幅またはスイッチされる電流を流さない電極に電流のみまたは電位のみを与えることにより制御できるもの
76
ユニポーラ装置
772
電界効果トランジスタ
78
絶縁ゲートによって生じる電界効果を有するもの
786
薄膜トランジスタ
H 電気
01
基本的電気素子
L
半導体装置,他に属さない電気的固体装置
51
能動部分として有機材料を用い,または能動部分として有機材料と他の材料との組み合わせを用いる固体装置;このような装置またはその部品の製造または処理に特に適用される方法または装置
05
整流,増幅,発振またはスイッチングに特に適用されるものであり,少なくとも1つの電位障壁または表面障壁を有するもの;少なくとも1つの電位障壁または表面障壁を有するコンデンサーまたは抵抗器
H 電気
01
基本的電気素子
L
半導体装置,他に属さない電気的固体装置
51
能動部分として有機材料を用い,または能動部分として有機材料と他の材料との組み合わせを用いる固体装置;このような装置またはその部品の製造または処理に特に適用される方法または装置
05
整流,増幅,発振またはスイッチングに特に適用されるものであり,少なくとも1つの電位障壁または表面障壁を有するもの;少なくとも1つの電位障壁または表面障壁を有するコンデンサーまたは抵抗器
30
材料の選択
H 電気
01
基本的電気素子
L
半導体装置,他に属さない電気的固体装置
51
能動部分として有機材料を用い,または能動部分として有機材料と他の材料との組み合わせを用いる固体装置;このような装置またはその部品の製造または処理に特に適用される方法または装置
05
整流,増幅,発振またはスイッチングに特に適用されるものであり,少なくとも1つの電位障壁または表面障壁を有するもの;少なくとも1つの電位障壁または表面障壁を有するコンデンサーまたは抵抗器
40
このような装置またはその部品の製造または処理に特に適用される方法または装置
出願人:
JNC株式会社 JNC CORPORATION [JP/JP]; 東京都千代田区大手町二丁目2番1号 2-1, Otemachi 2-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1008105, JP
発明者:
島田 太一 SHIMADA, Taichi; JP
中西 太宇人 NAKANISHI, Tauto; JP
松下 武司 MATSUSHITA, Takeshi; JP
三輪 鉄春 MIWA, Tetsuharu; JP
代理人:
特許業務法人SSINPAT SSINPAT PATENT FIRM; 東京都品川区西五反田七丁目13番6号 五反田山崎ビル6階 Gotanda Yamazaki Bldg. 6F, 13-6, Nishigotanda 7-chome, Shinagawa-ku, Tokyo 1410031, JP
優先権情報:
2014-04087903.03.2014JP
発明の名称: (EN) COMPOUND, POLYMER PRODUCED BY POLYMERIZING SAID COMPOUND, AND ORGANIC SEMICONDUCTOR MATERIAL AND USE THEREOF
(FR) COMPOSÉ, POLYMÈRE PRODUIT PAR POLYMÉRISATION DUDIT COMPOSÉ, ET MATÉRIAU SEMI-CONDUCTEUR ORGANIQUE, ET SON UTILISATION
(JA) 化合物、該化合物を重合してなるポリマー、有機半導体材料およびその用途
要約:
(EN) The present invention relates to: a novel compound; a polymer produced by polymerizing the compound; an organic semiconductor material; and a use of the organic semiconductor material. The novel compound is a compound represented by formula (I). [In formula (I), a group having a 1,2,5-thiadiazole ring is condensed at each of at least one position selected from the group consisting of A, B and C and at least one position selected from the group consisting of D, E and F; hydrogen atoms located at position-1 to position-10 in the anthracene backbone may be independently substituted by a substituent; and carbon atoms located at position-1 to position-10 in the anthracene backbone may be independently substituted by a hetero atom.]
(FR) La présente invention concerne : un nouveau composé ; un polymère produit par polymérisation du composé ; un matériau semi-conducteur organique ; et une utilisation du matériau semi-conducteur organique. Le nouveau composé est un composé représenté par la formule (I). [Dans la formule (I), un groupe ayant un cycle 1,2,5-thiadiazole est condensé au niveau de chacune d'au moins une position choisie dans le groupe constitué par A,B et C et d'au moins une position choisie dans le groupe constitué par D, E et F ; les atomes d'hydrogène situés en position 1 à la position 10 dans le squelette anthracène peuvent être indépendamment substitués par un substituant ; et les atomes de carbone situés de la position 1 à la position 10 dans le squelette anthracène peuvent être indépendamment substitués par un hétéroatome.]
(JA)  本発明は、新規化合物、該化合物を重合してなるポリマー、有機半導体材料およびその用途に関し、前記新規化合物は、下記式(I)で表される化合物である。[式(I)中、 A、BおよびCからなる群より選択される少なくとも1つの位置と、D、EおよびFからなる群より選択される少なくとも1つの位置とにおいて、1,2,5-チアジアゾール環を有する基が縮合しており、アントラセン骨格の1~10位の水素はそれぞれ独立に、置換基で置き換えられていてもよく、アントラセン骨格の1~10位の炭素はそれぞれ独立に、ヘテロ原子で置き換えられていてもよい。]
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JP, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
JPWO2015133471