国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。フィードバック & お問い合わせ
1. (WO2015133333) 胆道ドレナージチューブ
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2015/133333 国際出願番号: PCT/JP2015/055194
国際公開日: 11.09.2015 国際出願日: 24.02.2015
予備審査請求日: 01.10.2015
IPC:
A61F 2/95 (2013.01) ,A61F 2/04 (2013.01)
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
F
血管へ埋め込み可能なフィルター;補綴;人体の管状構造を開存させるまたは虚脱を防ぐ装置,例.ステント;整形外科用具,看護用具または避妊用具;温湿布;目または耳の治療または保護;包帯;被覆用品または吸収性パッド;救急箱
2
血管への植え込み可能なフィルター;補綴,すなわち,身体の各部分のための人工的代用品または代替物;身体とそれらを結合するための器具;人体の管状構造を開存させるまたは虚脱を防ぐ装置,例.ステント
95
ステントまたはステントグラフトの設置または除去に特に適合した器具
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
F
血管へ埋め込み可能なフィルター;補綴;人体の管状構造を開存させるまたは虚脱を防ぐ装置,例.ステント;整形外科用具,看護用具または避妊用具;温湿布;目または耳の治療または保護;包帯;被覆用品または吸収性パッド;救急箱
2
血管への植え込み可能なフィルター;補綴,すなわち,身体の各部分のための人工的代用品または代替物;身体とそれらを結合するための器具;人体の管状構造を開存させるまたは虚脱を防ぐ装置,例.ステント
02
身体内への植込み式人工器官
04
器官の中空部分または管状部分,例.膀胱,気管,気管支または胆管
出願人:
国立大学法人香川大学 NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION KAGAWA UNIVERSITY [JP/JP]; 香川県高松市幸町1番1号 1-1, Saiwai-cho, Takamatsu-shi, Kagawa 7608521, JP
発明者:
鎌田 英紀 KAMADA, Hideki; JP
代理人:
中井 博 NAKAI Hiroshi; JP
優先権情報:
2014-04013903.03.2014JP
発明の名称: (EN) BILIARY DRAINAGE TUBE
(FR) TUBE DE DRAINAGE BILIAIRE
(JA) 胆道ドレナージチューブ
要約:
(EN)  The purpose of the present invention is to provide a biliary drainage tube that makes it possible to arrange an external tube and an internal tube by using a single endoscopic procedure. The present invention is a tube to be used to drain the biliary tract, wherein the tube is provided with a long external tube (2) and an internal tube (3) detachably provided at the distal end of the external tube (2). Both the external tube (2) and internal tube (3) can also be positioned at the bile duct (Cd). Thus, because the internal tube (3) alone can be left in the bile duct by removing the external tube (2), surgery by endoscopy (E) need not be repeated when switching from the external tube (2) to the internal tube (3), and therefore the burden on the patient can be reduced.
(FR)  La présente invention consiste à fournir un tube de drainage biliaire, qui permet d'agencer un tube externe et un tube interne à l'aide d'une seule procédure endoscopique. La présente invention est un tube à utiliser pour drainer le tractus biliaire, le tube comprenant un long tube externe (2), et un tube interne (3) situé de façon amovible à l'extrémité distale du tube externe (2). Le tube externe (2) et le tube interne (3) peuvent également être positionnés au niveau du conduit biliaire (Cd). Ainsi, puisque le tube interne (3) peut être laissé seul dans le conduit biliaire par retrait du tube externe (2), une chirurgie par endoscopie (E) n'a pas besoin d'être répétée lors de la commutation du tube externe (2) au tube interne (3) et, par conséquent, la charge sur le patient peut être réduite.
(JA)  外瘻チューブと内瘻チューブを一回の内視鏡による措置で設置することができる胆道ドレナージチューブの提供を目的とする。 本発明は、胆道をドレナージするために使用されるチューブであって、長尺な外瘻チューブ(2)と、外瘻チューブ(2)の先端に着脱可能に設けられた内瘻チューブ(3)と、を備えている。 また、外瘻チューブ(2)と内瘻チューブ(3)の両方を胆管(Cd)に配置することができる。 そして、外瘻チューブ(2)を抜去すれば、内瘻チューブ(3)だけを胆管に残しておくことができるから、外瘻チューブ(2)から内瘻チューブ(3)に切り替えるときに、再度内視鏡(E)による施術をしなくてもよくなるので、患者の負担を軽減することができる。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JP, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関 (ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
Also published as:
JPWO2015133333US20170080193