国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。フィードバック & お問い合わせ
1. (WO2015133318) 蚊類防除用エアゾール、及び蚊類防除方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2015/133318 国際出願番号: PCT/JP2015/055132
国際公開日: 11.09.2015 国際出願日: 24.02.2015
IPC:
A01M 7/00 (2006.01) ,A01N 25/00 (2006.01) ,A01N 25/06 (2006.01) ,A01N 53/06 (2006.01) ,A01P 7/04 (2006.01) ,B65D 83/00 (2006.01) ,B05B 9/04 (2006.01)
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
M
動物の捕獲,わな猟,または威嚇;有害な動物又は有害な植物の駆除装置
7
このサブクラスに属する目的に従った液体散布機の特殊な適用または配列
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
N
人間または動物または植物の本体、またはそれらの一部の保存(食品または食料品の保存A23);殺生物剤、例. 殺虫剤または除草剤として;害虫忌避剤または誘引剤;植物生長調節剤
25
殺生物剤,有害生物忌避剤または誘引剤または植物生長調節剤であって,その形態,または不活性成分または適用方法により特徴づけられたもの;有害生物以外の有機体に対する活性成分の有害な影響を減少するための物質
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
N
人間または動物または植物の本体、またはそれらの一部の保存(食品または食料品の保存A23);殺生物剤、例. 殺虫剤または除草剤として;害虫忌避剤または誘引剤;植物生長調節剤
25
殺生物剤,有害生物忌避剤または誘引剤または植物生長調節剤であって,その形態,または不活性成分または適用方法により特徴づけられたもの;有害生物以外の有機体に対する活性成分の有害な影響を減少するための物質
02
担体,希釈剤または溶媒として液体を含むもの
04
分散物またはゲル状物
06
エアゾール
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
N
人間または動物または植物の本体、またはそれらの一部の保存(食品または食料品の保存A23);殺生物剤、例. 殺虫剤または除草剤として;害虫忌避剤または誘引剤;植物生長調節剤
53
殺生物剤,有害生物忌避剤または誘引剤,または植物生長調節剤であってシクロプロパンカルボン酸またはその誘導体を含むもの
02
「図」*印のついた炭素原子が非環式か,環または環式構造の一部であるような基を含むエステル;そのチオ類似体
06
*印のついた炭素原子が非環式で,6員の芳香族環,たとえばベンジルエステル,の炭素原子に直接ついたもの;そのチオ類似体
A 生活必需品
01
農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業
P
化合物または組成物の殺生物,有害生物忌避,有害生物誘引または植物生長調節活性
7
殺節足動物剤
04
殺虫剤
B 処理操作;運輸
65
運搬;包装;貯蔵;薄板状または線条材料の取扱い
D
物品または材料の保管または輸送用の容器,例.袋,樽,瓶,箱,缶,カートン,クレート,ドラム缶,つぼ,タンク,ホッパー,運送コンテナ;付属品,閉蓋具,またはその取付け;包装要素;包装体
83
内容物取出しのための特殊手段をもつ容器や包装体
B 処理操作;運輸
05
霧化または噴霧一般;液体または他の流動性材料の表面への適用一般
B
霧化装置;噴霧装置;ノズル
9
気体または蒸気を本質的に混合することなく液体または他の流動性材料を放出するための噴霧装置
03
液体または他の流動性材料を供給する手段に特徴のあるもの
04
圧力を上げるか圧縮できる容器を有するもの;ポンプを有するもの
出願人:
大日本除蟲菊株式会社 DAINIHON JOCHUGIKU CO., LTD. [JP/JP]; 大阪府大阪市西区土佐堀1丁目4番11号 4-11 Tosabori 1-chome, Nishi-ku, Osaka-shi, Osaka 5500001, JP
発明者:
納富 彩子 NOTOMI Ayako; JP
吉中 博子 YOSHINAKA Hiroko; JP
小林 洋子 KOBAYASHI Yoko; JP
田中 修 TANAKA Osamu; JP
川尻 由美 KAWAJIRI Yumi; JP
中山 幸治 NAKAYAMA Koji; JP
代理人:
沖中 仁 OKINAKA Jin; JP
優先権情報:
2014-04185704.03.2014JP
2014-04185804.03.2014JP
発明の名称: (EN) AEROSOL FOR MOSQUITO CONTROL AND MOSQUITO CONTROL METHOD
(FR) AÉROSOL POUR LUTTER CONTRE LES MOUSTIQUES ET PROCÉDÉ DE LUTTE CONTRE LES MOUSTIQUES
(JA) 蚊類防除用エアゾール、及び蚊類防除方法
要約:
(EN) Provided are: an aerosol for mosquito control that can exert an excellent mosquito control effect over a long period of time and yet shows a reduced influence on the human body and pet animals; and a mosquito control method using the aerosol for mosquito control. The aerosol for mosquito control comprises an aerosol stock liquid containing an insect pest control component and an organic solvent, a pressure container containing a propellant enclosed therein and provided with a quantitative spray valve, and a spray button provided with a spray port that is connected to the quantitative spray valve, wherein: the spray volume with one push of the spray button is controlled to 0.1-0.4 mL; the spray force at 25°C at a spray distance of 20 cm is controlled to 0.3-10.0 g·f; and the aerosol stock liquid is sprayed from the spray port in the form of adhesive particles (X), at least a part of which adhere to an exposed area in a space to be treated, or adhesive particles (X), which adhere to an exposed area in the space to be treated, and floating particles (Y) which float within the space to be treated.
(FR) L'invention concerne : un aérosol de lutte contre les moustiques qui peut exercer un excellent effet de lutte contre les moustiques pendant une longue période de temps, et ne présente cependant qu'une influence réduite sur le corps humain et les animaux domestiques ; et un procédé de lutte contre les moustiques au moyen de l'aérosol de lutte contre les moustiques. L'aérosol de lutte contre les moustiques comprend un stock de liquide d'aérosol contenant un constituant de lutte contre les insectes nuisibles et un solvant organique, un récipient sous pression renfermant un agent propulseur et pourvu d'une soupape de pulvérisation quantitative, et un bouton de pulvérisation pourvu d'un orifice de pulvérisation qui est connecté à la soupape de pulvérisation quantitative, dans lequel : le volume de pulvérisation par poussée du bouton de vaporisation est régulé à 0,1 -0,4 ml ; la force de pulvérisation à 25°C à une distance de pulvérisation de 20 cm est régulée à 0,3 à 10,0 g·f ; et le stock de liquide d'aérosol est pulvérisé par l'orifice de pulvérisation sous la forme de particules adhésives (X), dont au moins une partie adhère à une zone exposée dans un espace à traiter, ou de particules adhésives (X), qui adhèrent à une zone exposée dans l'espace à traiter et de particules flottantes (Y) qui flottent à l'intérieur de l'espace à traiter.
(JA)  蚊類に対して優れた防除効果を長時間に亘って発揮することができ、しかも、人体やペットへの影響を低減した蚊類防除用エアゾール、及び当該蚊類防除用エアゾールを用いた蚊類防除方法を提供する。 害虫防除成分と有機溶剤とを含有するエアゾール原液、及び噴射剤を封入してなる定量噴射バルブが設けられた耐圧容器と、定量噴射バルブに接続される噴射口が設けられた噴射ボタンと、を備えた蚊類防除用エアゾールであって、噴射ボタンを1回押下したときの噴射容量が0.1~0.4mLとなり、且つ噴射距離20cmにおける噴射力が25℃において0.3~10.0g・fとなるように調整され、エアゾール原液は、噴射口から、少なくとも一部が処理空間内の露出部に付着する付着性粒子Xとして、あるいは、処理空間内の露出部に付着する付着性粒子X、及び処理空間に浮遊する浮遊性粒子Yとして噴射される。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関 (ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
Also published as:
CN106028806KR1020160124884EP3114929US20170071186ID2017/07844TH165255
VN50039KR1020180051684