国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2015133305) β-ケトアシル-ACPシンターゼを用いた脂質の製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2015/133305 国際出願番号: PCT/JP2015/054960
国際公開日: 11.09.2015 国際出願日: 23.02.2015
IPC:
C12N 15/00 (2006.01) ,C12N 1/13 (2006.01) ,C12N 1/15 (2006.01) ,C12N 1/19 (2006.01) ,C12N 1/21 (2006.01) ,C12N 5/10 (2006.01) ,C12N 9/18 (2006.01) ,C12N 9/88 (2006.01) ,C12N 15/09 (2006.01) ,C12P 7/64 (2006.01)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
12
単細胞藻類;そのための培地
13
外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
14
菌類;そのための培地
15
外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
14
菌類;そのための培地
16
酵母;そのための培地
19
外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
1
微生物,例.原生動物;その組成物;微生物またはその組成物の増殖,維持,保存方法;微生物を含む組成物の単離または調製方法;そのための培地
20
細菌;そのための培地
21
外来遺伝物質の導入によって修飾されたもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
5
ヒト,動物または植物の未分化細胞,例.セルライン;組織;その培養または維持;そのための培地
10
外来遺伝物質の導入によって修飾された細胞,例.ウイルス形質転換細胞
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
9
酵素,例.リガーゼ(6.);酵素前駆体;その組成物;酵素の調製,活性化,阻害,分離または精製方法
14
加水分解酵素(3.)
16
エステル結合に作用するもの(3.1)
18
カルボン酸エステル加水分解酵素
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
9
酵素,例.リガーゼ(6.);酵素前駆体;その組成物;酵素の調製,活性化,阻害,分離または精製方法
88
付加酵素(4.)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P
発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
7
酸素原子を含む有機化合物の製造
64
脂肪;脂肪油;エステル型ろう;高級脂肪酸,すなわちカルボキシル基に連続して結合する鎖部に少なくとも7個の炭素原子を含むもの;酸化油または脂肪
出願人:
花王株式会社 KAO CORPORATION [JP/JP]; 東京都中央区日本橋茅場町一丁目14番10号 14-10, Nihonbashi Kayabacho 1-chome, Chuo-ku, Tokyo 1038210, JP
発明者:
杉原 慎二 SUGIHARA, Shinji; JP
尾崎 達郎 OZAKI, Tatsuro; JP
遠藤 寛子 ENDO, Hiroko; JP
斎藤 猛 SAITO, Takeshi; JP
東條 卓人 TOJO, Takuto; JP
太田 啓之 OHTA, Hiroyuki; JP
堀 孝一 HORI, Koichi; JP
代理人:
飯田 敏三 IIDA, Toshizo; JP
優先権情報:
2014-04053603.03.2014JP
発明の名称: (EN) LIPID PRODUCTION METHOD USING β-KETOACYL-APC SYNTHASE
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION DE LIPIDES AU MOYEN DE β-CÉTOACYL-APC SYNTHASE
(JA) β-ケトアシル-ACPシンターゼを用いた脂質の製造方法
要約:
(EN) A lipid production method that includes steps (1) and (2) and a transformant that is obtained by introducing into a host a gene that codes for protein (a) or (b). (1) A step for obtaining the transformant by introducing into the host a gene that codes for protein (a) or (b). (2) A step for collecting lipids from the obtained transformant. (a) A protein that comprises an amino acid sequence represented by SEQ ID NO: 1. (b) A protein that has β-ketoacyl-apc synthase activity and that comprises an amino acid sequence that has 60% or more identity with the amino acid sequence of protein (a).
(FR) L'invention concerne un procédé de production de lipides qui comporte les étapes (1) et (2) suivantes et un transformant qui est obtenu par l'introduction, dans un hôte, d'un gène qui code pour la protéine (a) ou (b). (1) Une étape pour obtenir le transformant par l'introduction dans l'hôte d'un gène qui code pour la protéine (a) ou (b). (2) Une étape pour recueillir les lipides à partir du transformant obtenu. (a) Une protéine qui comprend une séquence d'acides aminés représentée par SEQ ID NO: 1. (b) Une protéine qui présente une activité β-cétoacyl-apc synthase et qui comprend une séquence d'acides aminés qui a 60 % d'identité ou plus avec la séquence d'acides aminés de la protéine (a).
(JA)  下記(1)及び(2)の工程を含む脂質の製造方法、及び宿主に下記(a)又は(b)のタンパク質をコードする遺伝子を導入して得られる形質転換体。 (1)宿主に下記(a)又は(b)のタンパク質をコードする遺伝子を導入して形質転換体を得る工程。 (2)得られた形質転換体から脂質を採取する工程。 (a)配列番号1で表されるアミノ酸配列からなるタンパク質 (b)(a)のタンパク質のアミノ酸配列と60%以上の同一性を有するアミノ酸配列からなり、かつβ-ケトアシル-ACPシンターゼ活性を有するタンパク質
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JP, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
AU2015225158US20170044580JPWO2015133305MYPI 2016001236ID2017/11577TH174253
BR112016020517