国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2015133296) 金属多孔体および金属多孔体の製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2015/133296 国際出願番号: PCT/JP2015/054804
国際公開日: 11.09.2015 国際出願日: 20.02.2015
IPC:
C25D 1/08 (2006.01) ,C22C 1/08 (2006.01) ,C22C 19/05 (2006.01) ,C25D 5/12 (2006.01) ,C25D 5/50 (2006.01) ,C25D 5/56 (2006.01) ,H01M 4/80 (2006.01) ,H01M 8/02 (2006.01) ,H01M 8/10 (2006.01)
C 化学;冶金
25
電気分解または電気泳動方法;そのための装置
D
電気分解または電気泳動による被覆方法;電鋳;電気分解による加工品の接合;そのための装置
1
電鋳
08
多孔物品または有孔物品,例.ふるい
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
1
非鉄合金の製造
08
開放孔または閉鎖孔をもつ合金
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
19
ニッケルまたはコバルトを基とする合金
03
ニッケルを基とする合金
05
クロムを含むもの
C 化学;冶金
25
電気分解または電気泳動方法;そのための装置
D
電気分解または電気泳動による被覆方法;電鋳;電気分解による加工品の接合;そのための装置
5
方法に特徴のある電気鍍金;加工品の前処理または後処理
10
同種または異種の2層以上からなる金属の電気鍍金
12
少なくとも一層がニッケルまたはクロムよりなるもの
C 化学;冶金
25
電気分解または電気泳動方法;そのための装置
D
電気分解または電気泳動による被覆方法;電鋳;電気分解による加工品の接合;そのための装置
5
方法に特徴のある電気鍍金;加工品の前処理または後処理
48
電気鍍金表面の後処理
50
熱処理
C 化学;冶金
25
電気分解または電気泳動方法;そのための装置
D
電気分解または電気泳動による被覆方法;電鋳;電気分解による加工品の接合;そのための装置
5
方法に特徴のある電気鍍金;加工品の前処理または後処理
54
非金属表面の電気鍍金
56
プラスチック
H 電気
01
基本的電気素子
M
化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池
4
電極(電気分解用電極C25)
02
活物質からなるまたは活物質を含有した電極
64
担体または集電体
70
形状または型に特徴のあるもの
80
微孔性極板,例.焼結基板
H 電気
01
基本的電気素子
M
化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池
8
燃料電池;その製造
02
細部
H 電気
01
基本的電気素子
M
化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池
8
燃料電池;その製造
10
固体電解質をもつ燃料電池
出願人:
住友電気工業株式会社 SUMITOMO ELECTRIC INDUSTRIES,LTD. [JP/JP]; 大阪府大阪市中央区北浜四丁目5番33号 5-33, Kitahama 4-chome, Chuo-ku, Osaka-shi, Osaka 5410041, JP
富山住友電工株式会社 SUMITOMO ELECTRIC TOYAMA CO., LTD. [JP/JP]; 富山県射水市奈呉の江10番地の2 10-2, Nagonoe, Imizu-shi, Toyama 9348522, JP
発明者:
奥野 一樹 OKUNO, Kazuki; JP
加藤 真博 KATO, Masahiro; JP
粟津 知之 AWAZU, Tomoyuki; JP
真嶋 正利 MAJIMA, Masatoshi; JP
塚本 賢吾 TSUKAMOTO, Kengo; JP
土田 斉 TSUCHIDA, Hitoshi; JP
斉藤 英敏 SAITO, Hidetoshi; JP
代理人:
中田 元己 NAKATA, Motomi; JP
優先権情報:
2014-04407106.03.2014JP
発明の名称: (EN) POROUS METAL BODY AND METHOD FOR PRODUCING POROUS METAL BODY
(FR) CORPS MÉTALLIQUE POREUX ET PROCÉDÉ DE FABRICATION D'UN CORPS MÉTALLIQUE POREUX
(JA) 金属多孔体および金属多孔体の製造方法
要約:
(EN) The purpose of the present invention is to provide, at low cost, a porous metal body which has more excellent corrosion resistance and is able to be utilized for electrodes of fuel cells. A porous metal body which contains nickel (Ni), tin (Sn) and chromium (Cr) and has a three-dimensional network structure. The content ratio of the tin is from 10% by mass to 25% by mass (inclusive), and the content ratio of the chromium is from 1% by mass to 10% by mass (inclusive). A cross-section of the skeleton of this porous metal body contains a solid solution phase of chromium, nickel and tin. This solid solution phase contains a solid solution phase of chromium and trinickel tin (Ni3Sn) having a chromium content ratio in the solid solution phase of 2% by mass or less, but does not contain a solid solution phase other than the solid solution phase of chromium and trinickel tin (Ni3Sn), which has a chromium content ratio in the solid solution phase of less than 1.5% by mass.
(FR) La présente invention a pour objet de fournir, à faible coût, un corps métallique poreux qui présente une bien meilleure résistance à la corrosion et qui peut être utilisé pour des électrodes des piles à combustible. Le corps métallique poreux contient du nickel (Ni), de l'étain (Sn) et du chrome (Cr) et présente une structure de réseau tridimensionnel. La proportion d'étain varie entre 10 % en masse et 25 % en masse (inclus) et la proportion de chrome varie entre 1 % en masse et 10 % en masse (inclus). Une section transversale du squelette de ce corps métallique poreux contient une phase de solution solide de chrome, de nickel et d'étain. Cette phase de solution solide contient une phase de solution solide de chrome et d'étain de trinickel (Ni3Sn) ayant une proportion de chrome dans la phase de solution solide égale ou inférieure à 2 % en masse mais ne contient pas une phase de solution solide autre que la phase de solution solide de chrome et d'étain de trinickel (Ni3Sn), qui a une proportion de chrome dans la phase de solution solide inférieure à 1,5 % en masse.
(JA) 本発明は、燃料電池の電極に利用可能な、耐食性により優れた金属多孔体を安価に提供することを目的とする。ニッケル(Ni)、スズ(Sn)及びクロム(Cr)を含む三次元網目状構造を有する金属多孔体であって、前記スズの含有比率が10質量%以上、25質量%以下であり、前記クロムの含有比率が1質量%以上、10質量%以下であり、前記金属多孔体の骨格の断面において、クロムとニッケルとスズとの固溶体相を含み、前記固溶体相は、クロムとニッケル三スズ(Ni3Sn)との固溶体相であって当該固溶体相中のクロムの含有比率が2質量%以下である固溶体相を含み、クロムとニッケル三スズ(Ni3Sn)との固溶体相以外の固溶体相であって当該固溶体相中のクロムの含有比率が1.5質量%未満である固溶体相を含まない、金属多孔体。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JP, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
CN106103808EP3115483US20170069918JPWO2015133296KR1020160130232