国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2015133247) カルバミン酸エステルの製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2015/133247 国際出願番号: PCT/JP2015/053954
国際公開日: 11.09.2015 国際出願日: 13.02.2015
IPC:
C07C 269/04 (2006.01) ,C07C 269/08 (2006.01) ,C07C 271/12 (2006.01) ,C07C 271/24 (2006.01) ,C07C 271/28 (2006.01)
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
269
カルバミン酸誘導体,すなわち以下の基のいずれかを含有する化合物,の製造「図」,「図」,「図」,「図」または「図」(窒素原子はニトロまたはニトロソ基の一部ではない)
04
カルバマート基の形成を伴うアミンからのもの
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
269
カルバミン酸誘導体,すなわち以下の基のいずれかを含有する化合物,の製造「図」,「図」,「図」,「図」または「図」(窒素原子はニトロまたはニトロソ基の一部ではない)
08
分離;精製;安定化;添加剤の使用
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
271
カルバミン酸誘導体,すなわち,以下のいずれかを含有する化合物「図」,「図」,「図」,「図」または「図」(窒素原子はニトロまたはニトロソ基の一部ではない)
06
カルバミン酸エステル
08
カルバマート基の酸素原子が非環式炭素原子に結合しているもの
10
カルバマート基の窒素原子が水素原子または非環式炭素原子に結合しているもの
12
水素原子または非置換炭化水素基の炭素原子に結合しているもの
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
271
カルバミン酸誘導体,すなわち,以下のいずれかを含有する化合物「図」,「図」,「図」,「図」または「図」(窒素原子はニトロまたはニトロソ基の一部ではない)
06
カルバミン酸エステル
08
カルバマート基の酸素原子が非環式炭素原子に結合しているもの
24
少なくとも1個のカルバマート基の窒素原子が6員芳香環以外の環の炭素原子に結合しているもの
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
271
カルバミン酸誘導体,すなわち,以下のいずれかを含有する化合物「図」,「図」,「図」,「図」または「図」(窒素原子はニトロまたはニトロソ基の一部ではない)
06
カルバミン酸エステル
08
カルバマート基の酸素原子が非環式炭素原子に結合しているもの
26
少なくとも1個のカルバマート基の窒素原子が6員芳香環の炭素原子に結合しているもの
28
非縮合6員芳香環の炭素原子に結合しているもの
出願人:
独立行政法人産業技術総合研究所 NATIONAL INSTITUTE OF ADVANCED INDUSTRIAL SCIENCE AND TECHNOLOGY [JP/JP]; 東京都千代田区霞が関1-3-1 3-1, Kasumigaseki 1-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1008921, JP
発明者:
崔 準哲 CHOI, Jun-Chul; JP
小野澤 俊也 ONOZAWA, Shun-ya; JP
深谷 訓久 FUKAYA, Norihisa; JP
安田 弘之 YASUDA, Hiroyuki; JP
代理人:
奥山 尚一 OKUYAMA, Shoichi; JP
優先権情報:
2014-04503707.03.2014JP
発明の名称: (EN) CARBAMIC ACID ESTER PRODUCTION METHOD
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION D'ESTER D'ACIDE CARBAMIQUE
(JA) カルバミン酸エステルの製造方法
要約:
(EN) Provided is an industrially advantageous carbamic acid ester production method whereby it becomes possible to produce a carbamic acid ester, such as an aromatic carbamic acid ester, with high yield and high selectivity without requiring the use of an organic halogen compound or a carbonate ester. That is, the present invention relates to a carbamic acid ester production method comprising reacting carbon dioxide, an amine and a metal alkoxide compound with one another.
(FR) L'invention concerne un procédé industriellement avantageux de production d'ester d'acide carbamique, moyennant lequel il devient possible de produire un ester d'acide carbamique, tel qu'un ester d'acide carbamique aromatique, avec un rendement élevé et une sélectivité élevée sans nécessiter l'utilisation d'un composé halogène organique ni d'ester carbonate. C'est-à-dire, la présente invention concerne un procédé de production d'ester d'acide carbamique comportant la réaction de dioxyde de carbone, d'une amine et d'un composé alcoxyde métallique les uns avec les autres.
(JA)  有機ハロゲン化合物や炭酸エステルを用いずに、芳香族カルバミン酸エステルをはじめとするカルバミン酸エステルを高収率・高選択率で得ることができる、工業的に有利なカルバミン酸エステルの製造方法を提供する。すなわち本発明は、二酸化炭素とアミンと金属アルコキシド化合物とを反応させる、カルバミン酸エステルの製造方法に関する。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JP, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
JPWO2015133247