16:00 CETの火曜日 19.11.2019のメンテナンス理由で数時間使用できません
国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2015129835) 金属化合物吸着剤およびそれを用いた金属化合物の回収方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2015/129835 国際出願番号: PCT/JP2015/055725
国際公開日: 03.09.2015 国際出願日: 26.02.2015
IPC:
B01J 20/22 (2006.01) ,B01J 20/34 (2006.01) ,C01G 39/00 (2006.01) ,C01G 41/00 (2006.01) ,C12N 11/14 (2006.01) ,C12P 3/00 (2006.01) ,C22B 3/00 (2006.01) ,C22B 7/00 (2006.01)
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
20
固体収着組成物またはろ過助剤組成物;クロマトグラフィー用収着剤;それらの調製,再生または再活性化のためのプロセス
22
有機物からなるもの
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
20
固体収着組成物またはろ過助剤組成物;クロマトグラフィー用収着剤;それらの調製,再生または再活性化のためのプロセス
30
調製,再生または再活性化のためのプロセス
34
再生または再活性化
C 化学;冶金
01
無機化学
G
サブクラスC01DまたはC01Fに包含されない金属を含有する化合物
39
モリブデン化合物
C 化学;冶金
01
無機化学
G
サブクラスC01DまたはC01Fに包含されない金属を含有する化合物
41
タングステン化合物
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
11
担体結合または固定化酵素;担体結合または固定化微生物;その調製
14
無機担体上または内部に固定化した酵素または微生物細胞
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
P
発酵または酵素を使用して所望の化学物質もしくは組成物を合成する方法またはラセミ混合物から光学異性体を分離する方法
3
二酸化炭素を除く無機化合物または元素の製造
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
B
金属の製造または精製;原料の予備処理
3
湿式による鉱石または濃縮物からの金属化合物の抽出
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
B
金属の製造または精製;原料の予備処理
7
鉱石以外の他の原材料,例.スクラップ,からの非鉄金属またはその化合物抽出のための処理
出願人:
京セラ株式会社 KYOCERA CORPORATION [JP/JP]; 京都府京都市伏見区竹田鳥羽殿町6番地 6, Takeda Tobadono-cho, Fushimi-ku, Kyoto-shi, Kyoto 6128501, JP
発明者:
寺師 吉健 TERASHI,Yoshitake; JP
牧野 貴彦 MAKINO,Takahiko; JP
須原 稔貴 SUHARA,Toshiki; JP
優先権情報:
2014-03550726.02.2014JP
2014-05654219.03.2014JP
2014-16764620.08.2014JP
2014-24509403.12.2014JP
発明の名称: (EN) METAL-COMPOUND ADSORBENT AND METHOD FOR RECOVERING METAL COMPOUND USING SAME
(FR) ADSORBANT DE COMPOSÉ MÉTALLIQUE ET PROCÉDÉ DE RÉCUPÉRATION DE COMPOSÉ MÉTALLIQUE L'UTILISANT
(JA) 金属化合物吸着剤およびそれを用いた金属化合物の回収方法
要約:
(EN)  [Problem] To provide a metal compound adsorbent for adsorbing negative ion metal compounds, and a method for efficiently recovering a metal compound while reducing the environmental burden using a simple treatment process incorporating the use of the metal compound adsorbent. [Solution] A metal-compound adsorbent that: contains free amino acids; contains at least one first amino acid from among alanine, cysteine, methionine, tyrosine, lysine, valine, glutamic acid, histidine, proline, threonine, asparagine, glycine, isoleucine, ornithine, arginine, serine, citrulline, and cystathionine as the free amino acid; and contains free amino acids corresponding to the first amino acids at a total amount of at least 10 mol% in relation to the total amount of the free amino acids. In addition, a method for recovering a metal compound, the metal-compound adsorbent being used in the method. 
(FR)  L'invention vise à fournir un adsorbant de composé métallique pour adsorber les composés métalliques à ions négatifs, et un procédé de récupération efficace d'un composé métallique tout en réduisant l'impact sur l'environnement à l'aide d'un procédé de traitement simple comprenant l'utilisation de l'adsorbant de composé métallique. L'invention concerne un adsorbant de composé métallique qui contient : des acides aminés libres ; au moins un premier acide aminé parmi l'alanine, la cystéine, la méthionine, la tyrosine, la lysine, la valine, l'acide glutamique, l'histidine, la proline, la thréonine, l'asparagine, la glycine, l'isoleucine, l'ornithine, l'arginine, la sérine, la citrulline et la cystathionine en tant qu'acide aminé libre ; et des acides aminés libres correspondant aux premiers acides aminés dans une quantité totale d'au moins 10 % molaires par rapport à la quantité totale des acides aminés libres. L'invention concerne en outre, un procédé de récupération d'un composé métallique, l'adsorbant de composé métallique étant utilisé dans le procédé. 
(JA)  【課題】 陰イオン金属化合物を吸着する金属化合物吸着剤、およびそれを用いた、簡単な処理工程で環境負荷を低減しつつ効率のよい金属化合物の回収方法を提供する。 【解決手段】 遊離アミノ酸を含み、該遊離アミノ酸として、アラニン(Alanine)、シスチン(Cystine)、メチオニン(Methionine)、チロシン(Tyrosine)、リシン(Lysine)、バリン(Valine)、グルタミン酸(Glutamic acid)、ヒスチジン(Histidine)、プロリン(Proline)、トレオニン(Threonine)、アスパラギン(Asparagine)、グリシン(Glycine)、イソロイシン(Isoleucine)、オルニチン(Ornithine)、アルギニン(Arginine)、セリン(Serine)、シトルリン(Citrulline)およびシスタチオニン(Cystathionine)のうちの少なくとも一種の第1アミノ酸を含み、前記遊離アミノ酸総量に対して前記第1アミノ酸の遊離アミノ酸を総量で10mol%以上含有する金属化合物吸着剤、およびこれを用いた金属化合物の回収方法である。 
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JP, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
EP3112020JPWO2015129835CN106061602