16:00 CETの火曜日 19.11.2019のメンテナンス理由で数時間使用できません
国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2015129825) 主軸装置
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2015/129825 国際出願番号: PCT/JP2015/055698
国際公開日: 03.09.2015 国際出願日: 26.02.2015
IPC:
B23B 19/02 (2006.01) ,B23Q 11/12 (2006.01) ,F16C 19/54 (2006.01) ,F16C 35/12 (2006.01) ,F16C 37/00 (2006.01) ,H02K 5/16 (2006.01)
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
B
旋削;中ぐり
19
主軸台;どのような工作機械についてもその同等な部分
02
加工主軸;それに関連した構成,例.支持構造
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
Q
工作機械の細部;構成部分,または付属装置,例.倣いまたは制御装置;特定の細部または構成部分の構造により特徴づけられる工作機械一般;特定の結果を目的としない金属加工機械の組合わせ
11
工具または機械の部分を良い作業状態に維持するためまたは工作物を冷却するために工作機械に取りつけた付属装置;特に工作機械に配備または組合せてもしくは工作機械と共に使用するために付け加えられる安全装置
12
機械部品を冷却または潤滑するための装置
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
19
専ら回転運動のためのころがり軸受
54
ころがり摩擦をもつ複数の軸受からなる方式
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
35
軸受ユニットの固定的支持;ハウジング,例.キャップ,カバー
08
スピンドル用
12
玉軸受またはころ軸受をもつもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
C
軸;たわみ軸;たわみ被覆の中で運動を伝達するための機械的な手段;クランク軸機構の要素;ピボット;枢着;伝動装置,継ぎ手,クラッチまたはブレーキ要素以外の回転工学の要素;軸受
37
軸受の冷却
H 電気
02
電力の発電,変換,配電
K
発電機,電動機
5
外箱;外枠;支持体
04
形,構成または構造を特徴とする外箱または外枠
16
軸受支持装置,例.絶縁支持器,軸受密封装置内に軸受を適合させる装置
出願人:
日本精工株式会社 NSK LTD. [JP/JP]; 東京都品川区大崎一丁目6番3号 6-3, Ohsaki 1-chome, Shinagawa-ku, Tokyo 1418560, JP
発明者:
小栗 翔一郎 OGURI Shoichiro; JP
勝野 美昭 KATSUNO Yoshiaki; JP
代理人:
特許業務法人栄光特許事務所 EIKOH PATENT FIRM, P.C.; 東京都港区西新橋一丁目7番13号 虎ノ門イーストビルディング10階 Toranomon East Bldg. 10F, 7-13, Nishi-Shimbashi 1-chome, Minato-ku, Tokyo 1050003, JP
優先権情報:
2014-03926228.02.2014JP
2014-17322227.08.2014JP
発明の名称: (EN) MAIN SHAFT DEVICE
(FR) DISPOSITIF D'ARBRE PRINCIPAL
(JA) 主軸装置
要約:
(EN) A cooling passage (40) through which a cooling medium can flow is formed between the inner peripheral surface of a rear housing (33), and the outer peripheral surface of a bearing sleeve (16) having a free-side bearing inserted therein. The cooling passage (40) is formed in the outer peripheral surface of the bearing sleeve (16), and is provided with: a first annular groove (41A) provided to one-end side of the sleeve in the axial direction; a second annular groove (41B) provided to another-end side of the sleeve in the axial direction; and a single helical groove (47) which has one end thereof connected to the first annular groove, and another end thereof connected to the second annular groove. The cooling medium is supplied to the first annular groove, flows through the cooling passage, and is discharged from the second annular groove.
(FR) L'invention concerne un passage de refroidissement (40) au travers duquel un milieu de refroidissement peut s'écouler, formé entre la surface périphérique intérieure d'un boîtier arrière (33), et la surface périphérique extérieure d'un manchon de palier (16) ayant un palier côté libre inséré dedans. Le passage de refroidissement (40) est formé dans la surface périphérique extérieure du manchon de palier (16), et comporte : une première rainure annulaire (41A) mise en œuvre d'un côté d'une extrémité du manchon dans la direction axiale ; une deuxième rainure annulaire (41B) mise en œuvre d'un autre côté d'extrémité du manchon dans la direction axiale ; et une seule rainure hélicoïdale (47) qui a une extrémité de celle-ci raccordée à la première rainure annulaire, et une autre extrémité de celle-ci raccordée à la deuxième rainure annulaire. Le milieu de refroidissement est fourni à la première rainure annulaire, s'écoule dans le passage de refroidissement, et est déchargé depuis la deuxième rainure annulaire.
(JA)  自由側軸受が内嵌する軸受スリーブ(16)の外周面とリアハウジング(33)の内周面との間には、冷却媒体が流動可能な冷却路(40)が形成される。冷却路(40)は、軸受スリーブ(16)の外周面に形成され、スリーブの軸方向一端側に配置された第1の環状溝(41A)と、軸方向他端側に配置された第2の環状溝(41B)と、第1の環状溝に一端部が連通し、第2の環状溝に他端部が連通する一条の螺旋状の螺旋溝(47)とを備え、第1の環状溝に冷却媒体が供給され、第2の環状溝から冷却路を流動した冷却媒体が排出される。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
KR1020160113271EP3112061CN106061657KR1020180045057