16:00 CETの火曜日 19.11.2019のメンテナンス理由で数時間使用できません
国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2015129779) グリーンシート製造用剥離フィルム、グリーンシート製造用剥離フィルムの製造方法、グリーンシートの製造方法、およびグリーンシート
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2015/129779 国際出願番号: PCT/JP2015/055510
国際公開日: 03.09.2015 国際出願日: 26.02.2015
IPC:
B28B 1/30 (2006.01) ,B05D 5/00 (2006.01) ,B05D 7/24 (2006.01) ,B32B 27/00 (2006.01) ,B32B 27/42 (2006.01) ,C09D 5/20 (2006.01) ,C09D 161/28 (2006.01) ,C09D 183/04 (2006.01)
B 処理操作;運輸
28
セメント,粘土,または石材の加工
B
粘土または他のセラミック組成物,スラグまたはセメント含有混合物,例.プラスター,の成形
1
材料からの成形品の製造
30
その上に層を形成するために,中子上に,または他の成形面上に材料を適用することによるもの
B 処理操作;運輸
05
霧化または噴霧一般;液体または他の流動性材料の表面への適用一般
D
液体または他の流動性材料を表面に適用する方法一般
5
特別の表面効果,表面仕上げまたは表面構造を得るために液体または他の流動性材料を表面に適用する方法
B 処理操作;運輸
05
霧化または噴霧一般;液体または他の流動性材料の表面への適用一般
D
液体または他の流動性材料を表面に適用する方法一般
7
液体または他の流動性材料を特定の表面に適用するかまたは特定の液体または他の流動性材料を適用するのに特に適した,フロック加工以外の,方法
24
特定の液体または他の流動性材料を適用するためのもの
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
27
本質的に合成樹脂からなる積層体
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
27
本質的に合成樹脂からなる積層体
42
アルデヒドの縮合樹脂からなるもの,例.フェノール,尿素,メラミンとの縮合
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
D
コーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ;塗料除去剤インキ消し;インキ;修正液;木材用ステイン;糊状または固形の着色料または捺染料;これらの物質の使用法
5
物理的性質または生ずる効果によって特徴づけられたコーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ
20
可はく離性塗料,例.凝集フィルムとして剥がすことが可能な一時的な塗膜のための塗料
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
D
コーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ;塗料除去剤インキ消し;インキ;修正液;木材用ステイン;糊状または固形の着色料または捺染料;これらの物質の使用法
161
アルデヒドまたはケトンの重縮合体に基づくコーティング組成物;そのような重合体の誘導体に基づくコーティング組成物
20
アルデヒドまたはケトンと窒素に結合した水素を含む化合物のみとの重縮合体
26
アルデヒドと複素環式化合物との重縮合体
28
メラミンとの
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
D
コーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ;塗料除去剤インキ消し;インキ;修正液;木材用ステイン;糊状または固形の着色料または捺染料;これらの物質の使用法
183
主鎖のみに,いおう,窒素,酸素または炭素を含みまたは含まずにけい素を含む結合を形成する反応によって得られる高分子化合物に基づくコーティング組成物;そのような重合体の誘導体に基づくコーティング組成物
04
ポリシロキサン
出願人:
リンテック株式会社 LINTEC CORPORATION [JP/JP]; 東京都板橋区本町23番23号 23-23, Honcho, Itabashi-ku, Tokyo 1730001, JP
発明者:
深谷 知巳 FUKAYA, Tomomi; JP
代理人:
朝比 一夫 ASAHI, Kazuo; JP
優先権情報:
2014-03997728.02.2014JP
発明の名称: (EN) RELEASE FILM FOR GREEN SHEET MANUFACTURING, RELEASE FILM MANUFACTURING METHOD FOR GREEN SHEET MANUFACTURING, GREEN SHEET MANUFACTURING METHOD, AND GREEN SHEET
(FR) FILM ANTI-ADHÉSIF POUR FEUILLE VERTE, PROCÉDÉ DE FABRICATION DE FILM ANTI-ADHÉSIF POUR FEUILLE VERTE, PROCÉDÉ DE FABRICATION DE FEUILLE VERTE ET FEUILLE VERTE
(JA) グリーンシート製造用剥離フィルム、グリーンシート製造用剥離フィルムの製造方法、グリーンシートの製造方法、およびグリーンシート
要約:
(EN) This release film for green sheet manufacturing is characterized by the following: including a base material (11), a smoothing layer (12), and a release agent layer (13); the smoothing layer (12) is formed by heating and curing a smoothing layer formation composition that includes as the main component a melamine resin with a mass average molar weight of 950 or less; the release agent layer (13) includes a melamine resin as the main component, and is formed by heating and curing a release agent layer formation composition that includes polyorganosiloxane; the arithmetic mean roughness (Ra1) of an outer surface (131) being 8nm or less and the maximum projection height (Rp1) of the outer surface (131) being 50nm or less.
(FR) La présente invention concerne un film anti-adhésif pour la fabrication de feuille verte caractérisé en ce qui suit : il comprend un matériau de base (11), une couche de lissage (12) et une couche d'agent anti-adhésif (13) ; la couche de lissage (12) est formée par chauffage et durcissement d'une composition pour la formation d'une couche de lissage qui comprend, comme composant principal, une résine de mélamine ayant un poids molaire moyen en masse de 950 ou moins ; la couche d'agent anti-adhésif (13) comprend une résine de mélamine comme composant principal, et est formée par chauffage et durcissement d'une composition pour la formation d'une couche d'agent anti-adhésif qui comprend du polyorganosiloxane ; la rugosité moyenne arithmétique (Ra1) d'une surface extérieure (131) étant de 8 nm ou moins et la hauteur de saillie maximale (Rp1) de la surface extérieure (131) étant de 50 nm ou moins.
(JA)  本発明のグリーンシート製造用剥離フィルムは、基材11と平滑化層12と剥離剤層13とを有し、平滑化層12は、質量平均分子量が950以下のメラミン樹脂を主成分として含む平滑化層形成用組成物を加熱して硬化させることにより形成されており、剥離剤層13は、メラミン樹脂を主成分として含み、かつ、ポリオルガノシロキサンを含む剥離剤層形成用組成物を加熱して硬化させることにより形成されており、外表面131の算術平均粗さRaが8nm以下であり、かつ外表面131の最大突起高さRpが50nm以下であることを特徴とする。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
CN106029315MYPI 2016703103PH1/2016/501696KR1020160127036