16:00 CETの火曜日 19.11.2019のメンテナンス理由で数時間使用できません
国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2015129655) DNAJB1-PRKACA遺伝子の検出方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2015/129655 国際出願番号: PCT/JP2015/055123
国際公開日: 03.09.2015 国際出願日: 24.02.2015
IPC:
C12Q 1/68 (2006.01) ,C12N 15/09 (2006.01) ,C07K 19/00 (2006.01)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
Q
酵素または微生物を含む測定または試験方法そのための組成物または試験紙;その組成物を調製する方法;微生物学的または酵素学的方法における状態応答制御
1
酵素または微生物を含む測定または試験方法;そのための組成物;そのような組成物の製造方法
68
核酸を含むもの
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
C 化学;冶金
07
有機化学
K
ペプチド
19
ハイブリッドペプチド
出願人:
アステラス製薬株式会社 ASTELLAS PHARMA INC. [JP/JP]; 東京都中央区日本橋本町二丁目5番1号 5-1, Nihonbashi-Honcho 2-chome, Chuo-ku, Tokyo 1038411, JP
発明者:
中澤 泰介 NAKAZAWA, Taisuke; JP
浅海 真 ASAUMI, Makoto; JP
池田 収 IKEDA, Osamu; JP
小林 綾 KOBAYASHI, Aya; JP
角山 和久 TSUNOYAMA, Kazuhisa; JP
代理人:
矢野 恵美子 YANO, Emiko; JP
優先権情報:
2014-03397625.02.2014JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR DETECTING DNAJB1-PRKACA GENE
(FR) PROCÉDÉ DE DÉTECTION DE GÈNE ADNJB1-PRKACA
(JA) DNAJB1-PRKACA遺伝子の検出方法
要約:
(EN) [Problem] The problem is to elucidate a polynucleotide that is a novel causative gene of cancer and thereby provide a method for detecting this polynucleotide or a polypeptide encoded thereby, as well as a primer set and detection kit for this purpose. [Means of solution] A fusion gene of part of the DNAJB1 gene and part of the PRKACA gene, or a fusion protein encoded thereby, is detected in this detection method. The primer set includes a sense primer designed from a portion that encodes DNAJB1 and an antisense primer designed from a portion that encodes PRKACA.
(FR) L'invention porte sur un polynucléotide qui est un nouveau gène responsable du cancer, et ainsi a pour objectif de fournir un procédé de détection de ce polynucléotide ou d'un polypeptide codé par celui-ci, et un ensemble d'amorces ainsi qu'un kit de détection à cet effet. Selon le procédé de détection de l'invention, un gène hybride d'une partie de gène ADNJB1 et d'une partie de gène PRKACA, ou une protéine hybride codée par celui-ci, est détectée. Ledit ensemble d'amorces contient une amorce sens établie à partir d'une portion codant l'ADNJB1, et une amorce anti-sens établie à partir d'une portion codant PRKACA.
(JA) 【課題】癌の新たな原因遺伝子であるポリヌクレオチドを解明し、これにより、当該ポリヌクレオチド又はそれにコードされるポリペプチドの検出方法、並びにそのためのプライマーセット、及び検出用キットを提供することを課題とする。 【解決手段】前記検出方法では、DNAJB1遺伝子の一部とPRKACA遺伝子の一部との融合遺伝子、又はそれにコードされる融合蛋白質を検出する。前記プライマーセットは、DNAJB1をコードする部分から設計されるセンスプライマーと、PRKACAをコードする部分から設計されるアンチセンスプライマーとを含む。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JP, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)