国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2015129647) アルミニウムほうろう用釉薬
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2015/129647 国際出願番号: PCT/JP2015/055112
国際公開日: 03.09.2015 国際出願日: 24.02.2015
IPC:
C03C 8/08 (2006.01) ,A47J 27/00 (2006.01) ,A47J 36/04 (2006.01) ,C03C 8/20 (2006.01) ,C23D 3/00 (2006.01) ,C23D 5/00 (2006.01) ,C23D 5/02 (2006.01)
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
C
ガラス,うわ薬またはガラス質ほうろうの化学組成;ガラスの表面処理;ガラス,鉱物またはスラグからの繊維またはフィラメントの表面処理;ガラスのガラスまたは他物質への接着
8
ほうろう;うわ薬;非フリット添加物をもつフリット組成物である溶融封止剤組成物
02
フリット組成物,つまり粉末化または粉砕された形にあるもの
08
りんを含むもの
A 生活必需品
47
家具;家庭用品または家庭用設備;コーヒーひき;香辛料ひき;真空掃除機一般
J
台所用具;コーヒーひき器;香辛料ひき器;飲料を作る装置
27
加熱調理容器
A 生活必需品
47
家具;家庭用品または家庭用設備;コーヒーひき;香辛料ひき;真空掃除機一般
J
台所用具;コーヒーひき器;香辛料ひき器;飲料を作る装置
36
加熱調理容器の部品,細部または付属具
02
特定材質,例.銅または断熱材そう着による重い底部,の選択
04
非金属材
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
C
ガラス,うわ薬またはガラス質ほうろうの化学組成;ガラスの表面処理;ガラス,鉱物またはスラグからの繊維またはフィラメントの表面処理;ガラスのガラスまたは他物質への接着
8
ほうろう;うわ薬;非フリット添加物をもつフリット組成物である溶融封止剤組成物
14
非フリット添加物をもつガラスフリット混合物,例.乳白剤,着色剤,ミル添加物
20
チタン化合物を含むもの;ジルコニウム化合物を含むもの
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
D
金属へのほうろう被覆またはガラス質層の形成
3
被覆の前の金属表面の化学処理
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
D
金属へのほうろう被覆またはガラス質層の形成
5
ほうろう被覆またはガラス質層被覆
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
D
金属へのほうろう被覆またはガラス質層の形成
5
ほうろう被覆またはガラス質層被覆
02
湿式法
出願人:
東罐マテリアル・テクノロジー株式会社 TOKAN MATERIAL TECHNOLOGY CO., LTD. [JP/JP]; 大阪府大阪市北区大淀北2丁目1番27号 1-27, Oyodo-kita 2-Chome, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka 5318526, JP
発明者:
山▲崎▼ 健太 YAMASAKI, Kenta; JP
代理人:
渡邉 彰 WATANABE, Akira; JP
優先権情報:
2014-03355225.02.2014JP
発明の名称: (EN) GLAZE FOR ALUMINUM PORCELAIN ENAMELING USE
(FR) ÉMAIL DESTINÉ À ÊTRE UTILISÉ POUR L’ÉMAILLAGE DE PORCELAINE D'ALUMINIUM
(JA) アルミニウムほうろう用釉薬
要約:
(EN) [Solution] The present invention provides a frit for aluminum porcelain enameling use, which comprises, in % by weight, 30 to 60% of P2O5, 1 to 20% of TiO2, 1 to 15% of ZrO2, 15 to 35% (in total) of alkali metal oxides (comprising K2O, Na2O and Li2O), 1 to 10% of BaO, and 0 to 15% of Al2O3, wherein the total amount of these components is 100%. [Advantage] When a glaze for aluminum porcelain enameling use according to the present invention is used, if a cooking pan, a frying pan or the like which is made from aluminum or an aluminum alloy or an aluminum-plated steel plate is burned to a temperature of 580ºC or lower during a glass coating process, satisfactory gloss and chemical resistance including acid resistance and alkali resistance and good adhesiveness can be achieved. The glaze can keep the performance thereof for a long period of time when the glaze is prepared in the form of a slurry.
(FR) La solution selon la présente invention porte sur une fritte destinée à être utilisée pour l'émaillage de porcelaine d'aluminium, qui comprend, en % en poids, de 30 à 60 % de P2O5, de 1 à 20 % de TiO2, de 1 à 15 % de ZrO2, de 15 à 35 % (au total) d'oxydes de métaux alcalins (y compris K2O, Na2O et Li2O), de 1 à 10 % de BaO, et de 0 à 15 % de Al2O3, la quantité totale de ces constituants étant de 100 %. L'avantage est que, lorsqu'un émail destiné à être utilisé pour l'émaillage de porcelaine d'aluminium selon la présente invention est utilisé, si un récipient de cuisson, une poêle à frire ou analogue qui est constitué d'aluminium ou d'un alliage d'aluminium ou d'une plaque d'acier plaquée d'aluminium est chauffée à une température inférieure ou égale à 580 °C pendant un procédé de revêtement de verre, on peut obtenir une brillance et une résistance chimique satisfaisantes y compris la résistance aux acides et aux alcalis, ainsi qu'une bonne adhésivité. L'émail peut garder sa performance pendant une longue période de temps lorsque l'émail est préparé sous la forme d'une suspension épaisse.
(JA) 【解決手段】本発明は、重量%で、Pを30~60%、TiOを1~20%、ZrOを1~15%、アルカリ金属酸化物(KO、NaO、LiOの合計)を15~35%、BaOを1~10%、Alを0~15%含み、全体で100%であるアルミニウムほうろう用フリットを提供する。 【効果】本発明のアルミニウムほうろう用釉薬を用いれば、アルミニウムおよびアルミニウム合金製の調理用鍋、フライパン等またはアルミメッキ処理された鋼板のガラスコーティングの際に580℃以下の温度で焼成しても十分な光沢と、耐酸性、耐アルカリ性等の耐薬品性、および良好な密着性が得られ、更には釉薬はスラリーの状態で長期間その性能を維持することができる。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JP, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)