国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。フィードバック & お問い合わせ
1. (WO2015129612) 可動壁部材および溶接方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2015/129612 国際出願番号: PCT/JP2015/054984
国際公開日: 03.09.2015 国際出願日: 23.02.2015
IPC:
F01L 3/02 (2006.01) ,B23K 9/04 (2006.01) ,B23K 35/30 (2006.01) ,B23K 35/32 (2006.01) ,C22C 19/05 (2006.01) ,C22C 27/06 (2006.01) ,C22C 38/00 (2006.01) ,C22C 38/34 (2006.01) ,F02F 3/12 (2006.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
L
周期的に作動する機械または機関用弁
3
リフト弁,すなわち少なくとも締め切り面に対して垂直な開閉運動をする部分をもった締め切り部材をもつ締め切り装置;その部品または付属品
02
弁要素または弁座のための特殊な物質の選択;2またはそれ以上の物質から構成される弁要素または弁座
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
9
アーク溶接または切断
04
結合以外の目的で用いられる溶接,例.肉盛溶接
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
35
ハンダ付,溶接または切断のために用いられる溶加棒,溶接電極,材料,媒剤
22
材料の組成または性質を特徴とするもの
24
適当なハンダ付材料または溶接材料の選定
30
主成分が1550°C以下の融点をもつもの
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
35
ハンダ付,溶接または切断のために用いられる溶加棒,溶接電極,材料,媒剤
22
材料の組成または性質を特徴とするもの
24
適当なハンダ付材料または溶接材料の選定
32
主成分が1550°C以上の融点をもつもの
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
19
ニッケルまたはコバルトを基とする合金
03
ニッケルを基とする合金
05
クロムを含むもの
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
27
レニウムまたはグループ14/00もしくは16/00において述べられていない耐火金属を基とする合金
06
クロムを基とする合金
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
38
鉄合金,例.合金鋼
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
38
鉄合金,例.合金鋼
18
クロムを含有するもの
34
けい素を1.5重量%より多く共に含有するもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
F
燃焼機関のシリンダ,ピストンまたはケーシング;燃焼機関の密封装置の構成
3
ピストン
10
表面被覆のあるもの
12
ピストンヘッドにあるもの
出願人:
三菱重工業株式会社 MITSUBISHI HEAVY INDUSTRIES, LTD. [JP/JP]; 東京都港区港南二丁目16番5号 16-5, Konan 2-chome, Minato-ku, Tokyo 1088215, JP
発明者:
伊藤 和久 ITO, Kazuhisa; JP
細川 直史 HOSOKAWA, Naofumi; JP
鴨 和彦 KAMO, Kazuhiko; JP
玉田 仁 TAMADA, Hitoshi; JP
代理人:
藤田 考晴 FUJITA, Takaharu; JP
優先権情報:
2014-03990128.02.2014JP
発明の名称: (EN) MOBILE WALL MEMBER AND WELDING METHOD
(FR) ÉLÉMENT DE PAROI MOBILE ET PROCÉDÉ DE SOUDAGE
(JA) 可動壁部材および溶接方法
要約:
(EN) The purpose of the present invention is to provide a mobile wall member provided with a fire-contacting surface that exhibits desired corrosion resistance and broadens the range of buffer layer materials able to be selected. Provided is a mobile wall member that can be used in internal combustion engines, wherein the mobile wall member has, on a base material (4), a corrosion-resistant layer (7) the outermost surface of which is a fire-contacting surface, and the corrosion-resistant layer (7) is formed by build-up welding on multiple layers using an alloy that contains 50-60 mass% of Ni and 40-50 mass % of Cr. Among the corrosion-resistant layer (7), a layer (10) that includes the outermost surface contains 40-50 mass% of Cr.
(FR) L'invention concerne un élément de paroi mobile pourvu d'une surface de contact au feu qui présente une résistance à la corrosion souhaitée, élargissant la gamme de matériaux de couche tampon aptes à être sélectionnés. Selon l'invention, un élément de paroi mobile qui peut être utilisé dans des moteurs à combustion interne comporte, sur un matériau de base (4), une couche résistante à la corrosion (7) dont la surface la plus à l'extérieur est une surface de contact au feu, la couche résistante à la corrosion (7) étant formée par soudage avec apport sur des couches multiples à l'aide d'un alliage qui contient de 50 à 60 % en masse de nickel et de 40 à 50 % en masse de chrome. Dans la couche résistante à la corrosion (7), une couche (10) qui comprend ladite surface la plus à l'extérieur contient de 40 à 50 % en masse de chrome.
(JA) 緩衝層の材料の選択範囲を広げるとともに、期待した耐食性を有する触火面を備えた可動壁部材を提供することを目的とする。可動壁部材は、内燃機関に用いられる可動壁部材であって、母材(4)上に、最表面が触火面となる耐食層(7)を有し、耐食層(7)が、Ni50質量%以上60質量%以下、Cr40質量%以上50質量%以下を含む合金を用いて多層に肉盛溶接されてなる。耐食層(7)のうち、最表面を備えた層(10)が、Cr40質量%以上50質量%以下を含む。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JP, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関 (ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
Also published as:
CN106133285KR1020170116188