国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。フィードバック & お問い合わせ
1. (WO2015129558) 情報処理装置、情報処理システム、補正方法、制御方法、補正プログラム、制御プログラム及び記録媒体
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2015/129558 国際出願番号: PCT/JP2015/054711
国際公開日: 03.09.2015 国際出願日: 20.02.2015
IPC:
G06F 3/0338 (2013.01) ,A63F 13/22 (2014.01) ,G06F 3/02 (2006.01) ,G06F 3/048 (2013.01) ,G06F 3/0482 (2013.01) ,G06F 3/0489 (2013.01) ,G06T 19/00 (2011.01)
G 物理学
06
計算;計数
F
電気的デジタルデータ処理
3
計算機で処理しうる形式にデータを変換するための入力装置;処理ユニットから出力ユニットへデータを転送するための出力装置,例.インタフェース装置
01
ユーザーと計算機との相互作用のための入力装置または入力と出力が結合した装置
03
器具の位置または変位をコード信号に変換するための装置
033
ユーザにより変位または位置決めされるポインティングデバイス;その付属具
0338
デバイスの操作部位の中立位置からの限定された直線的変位または角度変位を検出するもの,例.アイソトニックまたはアイソメトリック・ジョイスティック
[IPC code unknown for A63F 13/22]
G 物理学
06
計算;計数
F
電気的デジタルデータ処理
3
計算機で処理しうる形式にデータを変換するための入力装置;処理ユニットから出力ユニットへデータを転送するための出力装置,例.インタフェース装置
01
ユーザーと計算機との相互作用のための入力装置または入力と出力が結合した装置
02
手動で操作されるスイッチを用いる入力装置,例.キーボードまたはダイヤルを用いるもの
G 物理学
06
計算;計数
F
電気的デジタルデータ処理
3
計算機で処理しうる形式にデータを変換するための入力装置;処理ユニットから出力ユニットへデータを転送するための出力装置,例.インタフェース装置
01
ユーザーと計算機との相互作用のための入力装置または入力と出力が結合した装置
048
グラフィカルユーザインタフェース(GUIs)に基づく相互作用技術
G 物理学
06
計算;計数
F
電気的デジタルデータ処理
3
計算機で処理しうる形式にデータを変換するための入力装置;処理ユニットから出力ユニットへデータを転送するための出力装置,例.インタフェース装置
01
ユーザーと計算機との相互作用のための入力装置または入力と出力が結合した装置
048
グラフィカルユーザインタフェース(GUIs)に基づく相互作用技術
0481
表示された相互作用対象の特定の特性,またはメタファベースの環境に基づくもの,例.ウィンドウまたはアイコンのようなデスクトップ要素との相互作用,あるいはカーソルの挙動や外観の変化によって補助されるもの
0482
選択可能な事項のリストとの相互作用,例.メニュー
G 物理学
06
計算;計数
F
電気的デジタルデータ処理
3
計算機で処理しうる形式にデータを変換するための入力装置;処理ユニットから出力ユニットへデータを転送するための出力装置,例.インタフェース装置
01
ユーザーと計算機との相互作用のための入力装置または入力と出力が結合した装置
048
グラフィカルユーザインタフェース(GUIs)に基づく相互作用技術
0487
入力デバイスによって提供される特定の特徴を利用するもの,例.2つのセンサを備えたマウスの回転によって制御される機能,または入力デバイスの性質を利用するもの,例.デジタイザが感知する圧力に基づくタップ動作
0489
専用のキーボードのキーまたはそれらの組合せを利用するもの
G 物理学
06
計算;計数
T
イメージデータ処理または発生一般
19
コンピュータグラフィックスのための3Dモデルまたはイメージの操作
出願人:
株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント SONY INTERACTIVE ENTERTAINMENT INC. [JP/JP]; 東京都港区港南一丁目7番1号 1-7-1, Konan, Minato-ku, Tokyo 1080075, JP
発明者:
相澤 慎司 AIZAWA Shinji; JP
福田 静人 FUKUDA Shizuto; JP
和田 久生 WADA Hisao; JP
代理人:
特許業務法人樹之下知的財産事務所 KINOSHITA & ASSOCIATES; 東京都杉並区荻窪五丁目26番13号 荻窪TMビル3階 3rd floor, Ogikubo TM building, 26-13, Ogikubo 5-chome, Suginami-ku, Tokyo 1670051, JP
優先権情報:
2014-03986428.02.2014JP
2014-03986528.02.2014JP
発明の名称: (EN) INFORMATION PROCESSING DEVICE, INFORMATION PROCESSING SYSTEM, CORRECTION METHOD, CONTROL METHOD, CORRECTION PROGRAM, CONTROL PROGRAM AND RECORDING MEDIUM
(FR) DISPOSITIF ET SYSTÈME DE TRAITEMENT D'INFORMATIONS, PROCÉDÉ ET PROGRAMME DE CORRECTION, PROCÉDÉ ET PROGRAMME DE COMMANDE ET SUPPORT D'ENREGISTREMENT
(JA) 情報処理装置、情報処理システム、補正方法、制御方法、補正プログラム、制御プログラム及び記録媒体
要約:
(EN) An information processing device comprises: an operation acquisition unit (361) which acquires an input value corresponding to an input operation from an operation device; an operation correction unit (369) which, on the basis of a correction value held beforehand, corrects a rotation angle corresponding to the acquired input value; and a processing unit (application execution unit (36B)) which, in accordance with the corrected rotation angle, rotates a rendering perspective in a virtual space. As a result, it is possible to correct the rotation angle of the perspective so as to be the preferred rotation angle of a user.
(FR) La présente invention concerne un dispositif de traitement d'informations qui comprend : une unité (361) d'acquisition d'opérations qui acquiert une valeur d'entrée correspondant à une opération d'entrée d'un dispositif d'opération; une unité (369) de correction d'opération qui, en fonction d'une valeur de correction conservée au préalable, corrige un angle de rotation correspondant à la valeur d'entrée acquise; et une unité de traitement (unité d'exécution d'application (36B)) qui, en fonction de l'angle de rotation corrigé, fait tourner une perspective de rendu dans un espace virtuel. Par conséquent, il est possible de corriger l'angle de rotation de la perspective pour qu'il devienne l'angle de rotation préféré d'un utilisateur.
(JA)  情報処理装置は、入力操作に応じた入力値を操作装置から取得する操作取得部(361)と、予め保持された補正値に基づいて、取得された入力値に対応する回転角を補正する操作補正部(369)と、補正された回転角に応じて、仮想空間におけるレンダリングの視点を回転させる処理部(アプリケーション実行部(36B))と、を有する。これにより、上記視点の回転角を、ユーザーの好みの回転角に補正できる。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関 (ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
Also published as:
US20170056768