16:00 CETの火曜日 19.11.2019のメンテナンス理由で数時間使用できません
国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2015129543) 流体回転機
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2015/129543 国際出願番号: PCT/JP2015/054586
国際公開日: 03.09.2015 国際出願日: 19.02.2015
IPC:
F01B 25/10 (2006.01) ,F01B 1/06 (2006.01) ,F01B 1/08 (2006.01) ,F01B 7/16 (2006.01) ,F01L 7/02 (2006.01) ,F02B 75/22 (2006.01) ,F02B 75/24 (2006.01) ,F02B 75/28 (2006.01) ,F02B 75/32 (2006.01) ,F03C 1/053 (2006.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
B
機械または機関,例.蒸気機関,一般または容積形のもの
25
調節,制御,または安全装置(調節または制御一般G05)
02
作動流体の供給または排出を変化することによる調節または制御,例.圧力または量の変化によるもの
08
末端アクチュエータ
10
作動流体の供給弁または排出弁の配置または適用
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
B
機械または機関,例.蒸気機関,一般または容積形のもの
1
シリンダの数またはその配置,または別個のシリンダクランクケース要素の組み合わせを特徴とする往復ピストン機械または機関
06
シリンダが星形またはファン形に配置されたもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
B
機械または機関,例.蒸気機関,一般または容積形のもの
1
シリンダの数またはその配置,または別個のシリンダクランクケース要素の組み合わせを特徴とする往復ピストン機械または機関
08
シリンダが主軸に対して反対側に配置されたものおよび“平形”
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
B
機械または機関,例.蒸気機関,一般または容積形のもの
7
同一シリンダ内または本質的に共軸のシリンダ内を往復する2つ以上のピストンをもった機械または機関
16
串形に配置された同期的に運動するピストンをもつもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
L
周期的に作動する機械または機関用弁
7
回転または揺動スライド弁装置または弁配列
02
円筒状,套管状,あるいは部分的に円形をした弁をもつもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
B
内燃式ピストン機関;燃焼機関一般
75
その他の機関,例.単シリンダ機関
16
シリンダ数に特徴のある機関,例.単シリンダ機関
18
多シリンダ機関
22
V形,扇形,または星形配列のシリンダをもつもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
B
内燃式ピストン機関;燃焼機関一般
75
その他の機関,例.単シリンダ機関
16
シリンダ数に特徴のある機関,例.単シリンダ機関
18
多シリンダ機関
24
主軸に対し向いあって配列されたシリンダで“平形”のもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
B
内燃式ピストン機関;燃焼機関一般
75
その他の機関,例.単シリンダ機関
28
同一シリンダ内または本質的に同軸のシリンダ内で往復動する2つまたはそれ以上のピストンをもつ機関
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
B
内燃式ピストン機関;燃焼機関一般
75
その他の機関,例.単シリンダ機関
32
ピストンと主軸との間の連結に特徴のある機関で前記メイングループに属しないもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
03
液体用機械または機関;風力原動機,ばね原動機,重力原動機;他類に属さない機械動力または反動推進力を発生するもの
C
液体により駆動される容積形機関
1
往復ピストン液体機関
02
シリンダの数または配列に特徴がある多シリンダをもつもの
04
星形または扇形に配列されているシリンダをもつもの
053
シリンダの内端部においてピストンが作動部材と共動するもの
出願人:
株式会社エアサーフ AIR SURF INC. [JP/JP]; 東京都港区赤坂4-4-14 4-4-14, Akasaka, Minato-ku, Tokyo 1070052, JP
発明者:
島津 伊佐央 SHIMAZU, Isao; JP
小松 文人 KOMATSU, Fumito; JP
鷲尾 悟 WASHIO, Satoru; JP
代理人:
特許業務法人綿貫国際特許・商標事務所 WATANUKI PATENT SERVICE BUREAU; 長野県長野市中御所3丁目12番9号 12-9, Nakagosho 3-chome, Nagano-shi, Nagano 3800935, JP
優先権情報:
2014-03805128.02.2014JP
発明の名称: (EN) FLUID ROTARY MACHINE
(FR) MACHINE ROTATIVE À FLUIDE
(JA) 流体回転機
要約:
(EN)  The purpose of the present invention is to provide a fluid rotary machine in which dead space can be reduced as much as possible even if the device is enlarged by arranging rotary valves directly behind cylinder chambers. A fluid rotary machine in which first and second double-headed pistons (7, 8) intersecting within case bodies (1, 2) move linearly back and forth within a cylinder (16) due to the hypocycloid principle along with the rotation of shafts (4a, 4b), and exhaust is repeatedly taken into cylinder chambers (22), wherein cylinder heads (17) for closing the cylinder chambers (22) are each provided with rotary valves (19) that are rotated by drive transmission from the shafts (4a, 4b) and that are provided with intake holes and discharge holes (19b) communicated with each other via the cylinder chambers (22) and communication channels (20a, 20b), the rotary valves (19) intersecting the longitudinal axis lines of the opposing pistons (7, 8) and being capable of rotating parallel with the output axis lines.
(FR)  La présente invention vise à procurer une machine rotative à fluide dans laquelle un espacement peut être réduit autant que possible même si le dispositif est agrandi par la disposition de soupapes rotatives directement derrière des chambres de cylindre. A cet effet, l'invention porte sur une machine rotative à fluide, dans laquelle machine des premier et second pistons à double tête (7, 8), se croisant à l'intérieur du corps de carter (1, 2), se déplacent de façon linéaire d'avant en arrière à l'intérieur d'un cylindre (16) du fait du principe d'hypocycloïde avec la rotation des arbres (4a, 4b), et un échappement est extrait de façon répétée dans des chambres de cylindre (22), des têtes de cylindre (17) pour fermer les chambres de cylindre (22) comportant chacune des soupapes rotatives (19) que fait tourner une transmission d'entraînement à partir des arbres (4a, 4b), et qui comportent des trous d'admission et des trous de décharge (19b) qui communiquent entre eux par l'intermédiaire des chambres de cylindre (22) et de canaux de communication (20a, 20b), les soupapes rotatives (19) croisant les lignes axiales longitudinales des pistons opposés (7, 8), et étant aptes à tourner parallèlement aux lignes axiales de sortie.
(JA)  ロータリーバルブを各シリンダ室の直後に配置することで装置を大型化してもデッドスペースが可及的に減らすことが可能な流体回転機を提供することを目的とする。 シャフト(4a,4b)の回転にともなってケース体(1,2)内で交差して配置された第一,第二両頭ピストン(7,8)が内サイクロイドの原理によってシリンダ(16)内を直線往復運動し、各シリンダ室(22)において吸入排気を繰り返す流体回転機において、各シリンダ室(22)を閉止するシリンダヘッド部(17)には、シャフト(4a,4b)から駆動伝達されて回転しシリンダ室(22)と連通路(20a,20b)を介して交互に連通する吸入孔及び吐出孔(19b)が設けられたロータリーバルブ(19)が対向するピストン(7,8)の長手方向軸線と交差して出力軸線と平行に回転可能に各々設けられている。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
EP3112586US20170022811