国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2015129463) 内燃機関の排気浄化装置
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2015/129463 国際出願番号: PCT/JP2015/053786
国際公開日: 03.09.2015 国際出願日: 12.02.2015
IPC:
F01N 3/08 (2006.01) ,B01D 53/94 (2006.01) ,F01N 3/023 (2006.01) ,F01N 3/025 (2006.01) ,F01N 3/029 (2006.01) ,F01N 3/24 (2006.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N
機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
3
排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置
08
無害にするためのもの
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
53
ガスまたは蒸気の分離;ガスからの揮発性溶剤蒸気の回収;廃ガスの化学的または生物学的浄化,例.エンジン排気ガス,煙,煙霧,煙道ガスまたはエアロゾル
34
廃ガスの化学的または生物学的浄化
92
エンジン排気ガスに適用されるもの
94
触媒による方法によるもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N
機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
3
排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置
02
排気を冷却するためのもの,または排気の固体成分を除去するためのもの
021
フィルタを用いるもの
023
フィルタの再生手段を有するもの,例.捕集成分を燃焼させるもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N
機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
3
排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置
02
排気を冷却するためのもの,または排気の固体成分を除去するためのもの
021
フィルタを用いるもの
023
フィルタの再生手段を有するもの,例.捕集成分を燃焼させるもの
025
バーナを用いるもの,または排気に燃料を添加するもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N
機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
3
排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置
02
排気を冷却するためのもの,または排気の固体成分を除去するためのもの
021
フィルタを用いるもの
023
フィルタの再生手段を有するもの,例.捕集成分を燃焼させるもの
029
排気に非燃料物質を添加するもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N
機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
3
排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置
08
無害にするためのもの
10
排気の有害成分を熱または触媒で変換することによるもの
24
変換装置の構造的な面に特徴をもつもの
出願人:
いすゞ自動車株式会社 ISUZU MOTORS LIMITED [JP/JP]; 東京都品川区南大井6丁目26番1号 26-1, Minami-Ohi 6-chome, Shinagawa-ku, Tokyo 1408722, JP
発明者:
村本 勉 MURAMOTO Tsutomu; JP
石井 信貴 ISHII Nobutaka; JP
中野 太 NAKANO Futoshi; JP
山下 貴史 YAMASHITA Takashi; JP
兼清 聖 KANEKIYO Satoshi; JP
萩尾 健二 HAGIO Kenji; JP
長田 勝士 OSADA Katsushi; JP
茅根 次夫 CHINONE Tsugio; JP
代理人:
絹谷 信雄 KINUTANI Nobuo; JP
優先権情報:
2014-03894728.02.2014JP
発明の名称: (EN) EXHAUST PURIFICATION APPARATUS FOR INTERNAL COMBUSTION ENGINE
(FR) APPAREIL DE PURIFICATION DE GAZ D'ÉCHAPPEMENT POUR MOTEUR À COMBUSTION INTERNE
(JA) 内燃機関の排気浄化装置
要約:
(EN) The present invention pertains to an exhaust purification device for an internal combustion engine, in which hydrocarbons adsorbed to a catalyst are burned with appropriate timing, without increasing the number of components or complicating the structure. An exhaust purification device (14) of an internal combustion engine (10) in which a catalyst (15) capable of adsorbing and oxidizing hydrocarbons is provided in an exhaust pipe, wherein the exhaust purification device (14) is provided with: a temperature detection means (13) for detecting the temperature of the catalyst (15); an estimation means (40) for accumulating times during which the temperature of the catalyst (15) as detected by the temperature detection means (13) is equal to or less than a prescribed temperature, and estimating the amount of hydrocarbons adsorbed to the catalyst (15) from the accumulated times; and a control means (40) for controlling the fuel injection of the internal combustion engine (10) in a first injection mode for raising the temperature of the catalyst (15) to the temperature at which the hydrocarbons adsorbed to the catalyst (15) oxidize, when the amount of hydrocarbons estimated by the estimation means (40) exceeds a prescribed upper limit value.
(FR) La présente invention concerne un dispositif de purification de gaz d'échappement pour un moteur à combustion interne, dans lequel les hydrocarbures adsorbés dans un catalyseur sont brûlés avec une temporisation appropriée, sans augmenter le nombre d'éléments ni compliquer la structure. L'invention concerne un dispositif de purification des gaz d'échappement (14) d'un moteur à combustion interne (10) dans lequel un catalyseur (15) pouvant exécuter une adsorption et une oxydation d'hydrocarbures est disposé dans un tuyau d'échappement, le dispositif de purification de gaz d'échappement (14) étant pourvu : d'un moyen de détection de température (13) destiné à détecter la température du catalyseur (15) ; d'un moyen d'estimation (40) destiné à cumuler le nombre de fois où la température du catalyseur (15) telle que détectée par le moyen de détection de température (13) est égale ou inférieure à une température prescrite, et à estimer la quantité d'hydrocarbures adsorbés par le catalyseur (15) à partir du nombre de fois cumulé ; et d'un moyen de commande (40) destiné à commander l'injection de carburant du moteur à combustion interne (10) dans un premier mode d'injection pour élever la température du catalyseur (15) à la température à laquelle les hydrocarbures adsorbés par le catalyseur (15) s'oxydent, lorsque la quantité d'hydrocarbures estimée par le moyen d'estimation (40) dépasse une valeur limite supérieure prescrite.
(JA) 内燃機関の排気浄化装置に関し、部品点数の増加、構造の複雑化を回避しつつ、適切なタイミングで触媒に吸着した炭化水素を燃焼させる。 炭化水素を吸着酸化可能な触媒(15)を排気管に設けた内燃機関(10)の排気浄化装置(14)であって、触媒(15)の温度を検出する温度検出手段(13)と、温度検出手段(13)で検出される触媒(15)の温度が所定温度以下を示す時間を累積すると共に、累積時間から触媒(15)に吸着された炭化水素量を推定する推定手段(40)と、推定手段(40)で推定される炭化水素量が所定上限値を超えた場合に、触媒(15)に吸着された炭化水素が酸化する温度に触媒(15)の温度を上昇させる第1 噴射モードで内燃機関(10)の燃料噴射を制御する制御手段(40)とを備えた。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
EP3112628US20170074144CN106661983