国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2015129457) 銅合金撚線およびその製造方法、自動車用電線
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2015/129457 国際出願番号: PCT/JP2015/053714
国際公開日: 03.09.2015 国際出願日: 11.02.2015
IPC:
C22F 1/08 (2006.01) ,C22C 9/00 (2006.01) ,C22C 9/02 (2006.01) ,C22C 9/04 (2006.01) ,H01B 1/02 (2006.01) ,H01B 5/08 (2006.01) ,H01B 7/00 (2006.01) ,H01B 13/00 (2006.01) ,C22F 1/00 (2006.01)
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
F
非鉄金属または非鉄合金の物理的構造の変化
1
非鉄金属または合金の熱処理によるか熱間または冷間加工による物理的構造の変化
08
銅または銅基合金
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
9
銅基合金
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
9
銅基合金
02
次に多い成分として錫を含むもの
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
9
銅基合金
04
次に多い成分として亜鉛を含むもの
H 電気
01
基本的電気素子
B
ケーブル;導体;絶縁体;導電性,絶縁性または誘導性特性に対する材料の選択
1
導電材料によって特徴づけられる導体または導電物体;導体としての材料の選択
02
主として金属または合金からなるもの
H 電気
01
基本的電気素子
B
ケーブル;導体;絶縁体;導電性,絶縁性または誘導性特性に対する材料の選択
5
形を特徴とする非絶縁導体または導電物体
08
ロープ状に撚り合わされた複数の線または同効物
H 電気
01
基本的電気素子
B
ケーブル;導体;絶縁体;導電性,絶縁性または誘導性特性に対する材料の選択
7
形を特徴とする絶縁導体またはケーブル
H 電気
01
基本的電気素子
B
ケーブル;導体;絶縁体;導電性,絶縁性または誘導性特性に対する材料の選択
13
導体またはケーブルを製造するために特に使用する装置または方法
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
F
非鉄金属または非鉄合金の物理的構造の変化
1
非鉄金属または合金の熱処理によるか熱間または冷間加工による物理的構造の変化
出願人:
株式会社オートネットワーク技術研究所 AUTONETWORKS TECHNOLOGIES, LTD. [JP/JP]; 三重県四日市市西末広町1番14号 1-14, Nishisuehiro-cho, Yokkaichi-shi, Mie 5108503, JP
住友電装株式会社 SUMITOMO WIRING SYSTEMS, LTD. [JP/JP]; 三重県四日市市西末広町1番14号 1-14, Nishisuehiro-cho, Yokkaichi-shi, Mie 5108503, JP
住友電気工業株式会社 SUMITOMO ELECTRIC INDUSTRIES, LTD. [JP/JP]; 大阪府大阪市中央区北浜四丁目5番33号 5-33, Kitahama 4-chome, Chuo-ku, Osaka-shi, Osaka 5410041, JP
発明者:
小林 啓之 KOBAYASHI Hiroyuki; JP
代理人:
特許業務法人あいち国際特許事務所 AICHI, TAKAHASHI, IWAKURA & ASSOCIATES; 愛知県名古屋市中村区名駅3丁目26番19号 名駅永田ビル Meieki Nagata Building, 26-19, Meieki 3-chome, Nakamura-ku, Nagoya-shi, Aichi 4500002, JP
優先権情報:
2014-03858828.02.2014JP
発明の名称: (EN) COPPER ALLOY TWISTED WIRE, MANUFACTURING METHOD THEREFOR, AND ELECTRICAL WIRE FOR AUTOMOBILE
(FR) FIL TORSADÉ D'ALLIAGE DE CUIVRE, SON PROCÉDÉ DE FABRICATION ET FIL ÉLECTRIQUE POUR AUTOMOBILE
(JA) 銅合金撚線およびその製造方法、自動車用電線
要約:
(EN) A cast material is formed that has a chemical composition which contains a total of 1.0-2.0 mass% inclusive of at least one additional element selected from the group consisting of Fe, Ti, Sn, Ag, Mg, Zn, Cr, and P, with the remainder comprising Cu and unavoidable impurities. A wrought material is formed by plastic working the cast material. An intermediate wire material is formed by wire drawing the wrought material. The intermediate wire material is annealed. A single wire material is formed by wire drawing the annealed intermediate wire material such that the degree of cold working is within a range of 77% or more and less than 99%. A twisted wire material is formed by twisting together a plurality of the single wire materials, and the twisted wire material undergoes heat processing. Thus, a copper alloy twisted wire is obtained.
(FR) Selon l'invention, un matériau coulé est formé dont la composition chimique contient un total de 1,0 à 2,0 % en masse inclus d'au moins un élément supplémentaire choisi dans le groupe constitué par Fe, Ti, Sn, Ag, Mg, Zn, Cr et P, le reste comportant du Cu et les impuretés inévitables. Un matériau corroyé est formé par travail plastique du matériau coulé. Un matériau sous forme de fil intermédiaire est formé par tréfilage du matériau corroyé. Le matériau sous forme de fil intermédiaire est recuit. Un matériau sous forme d'un seul fil est formé par tréfilage du matériau sous forme de fil intermédiaire recuit, de façon telle que le degré d'écrouissage soit à l'intérieur d'une plage allant d'au moins 77 % à moins de 99 %. Un matériau sous forme de fil torsadé est formé par torsion les uns avec les autres d'une pluralité de matériaux sous forme d'un seul fil et le matériau sous forme de fil torsadé subit un traitement thermique. Ainsi, un fil torsadé d'alliage de cuivre est obtenu.
(JA)  Fe、Ti、Sn、Ag、Mg、Zn、Cr、および、Pからなる群より選択される少なくとも1種の添加元素を合計で1.0質量%以上2.0質量%以下含有し、残部がCuおよび不可避不純物からなる化学成分組成を有する鋳造材を形成する。鋳造材に塑性加工を施して展伸材を形成する。展伸材に伸線加工を施して中間線材を形成する。中間線材に焼鈍を施す。焼鈍が施された中間線材に対し、冷間加工度が77%以上99%未満の範囲となるように伸線加工を施して単線材を形成する。単線材を複数本撚り合わせて撚線材を形成し、撚線材に熱処理を施す。これにより銅合金撚線を得る。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
CN106029930DE112015001012US20160368035