16:00 CETの火曜日 19.11.2019のメンテナンス理由で数時間使用できません
国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2015129374) 18F原子が導入された4‐ボロノ-L-フェニルアラニンの製造方法および18F原子が導入された4‐ボロノ-L-フェニルアラニンの前駆体
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2015/129374 国際出願番号: PCT/JP2015/052303
国際公開日: 03.09.2015 国際出願日: 28.01.2015
IPC:
C07C 47/55 (2006.01) ,C07B 59/00 (2006.01) ,C07C 45/63 (2006.01) ,C07F 5/02 (2006.01)
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
47
―CHO基をもつ化合物
52
6員芳香環の炭素原子に結合している―CHO基をもつ化合物
55
ハロゲンを含有するもの
C 化学;冶金
07
有機化学
B
有機化学の一般的方法あるいはそのための装置
59
有機化合物中への同位元素の導入
C 化学;冶金
07
有機化学
C
非環式化合物または炭素環式化合物
45
炭素原子または水素原子のみに結合している>C=O基をもつ化合物の製造;それらの化合物のキレートの製造
61
>C=O基の生成を伴わない反応によるもの
63
ハロゲンの導入によるもの;ハロゲン原子を他のハロゲン原子によって置換することによるもの
C 化学;冶金
07
有機化学
F
炭素,水素,ハロゲン,酸素,窒素,硫黄,セレンまたはテルル以外の元素を含有する非環式,炭素環式または複素環式化合物
5
周期律表の第3族の元素を含有する化合物
02
ホウ素化合物
出願人:
ステラファーマ株式会社 STELLA PHARMA CORPORATION [JP/JP]; 大阪府大阪市中央区高麗橋3丁目2番7号 ORIX高麗橋ビル8階 ORIX Kouraibashi Building 8F,2-7,Kouraibashi 3-chome,Chuo-ku,Osaka-shi, Osaka 5410043, JP
公立大学法人大阪府立大学 OSAKA PREFECTURE UNIVERSITY PUBLIC CORPORATION [JP/JP]; 大阪府堺市中区学園町1番1号 1-1,Gakuen-cho,Naka-ku,Sakai-shi, Osaka 5998531, JP
発明者:
竹中 宏誌 TAKENAKA,Hiroshi; JP
大田 洋一郎 OHTA,Yoichiro; JP
田口 祐輔 TAGUCHI,Yusuke; JP
上田 沙悠里 UEDA,Sayuri; JP
石野 祐子 ISHINO,Yuko; JP
吉川 智裕 YOSHIKAWA,Tomohiro; JP
中嶌 秀紀 NAKASHIMA,Hideki; JP
上原 幸樹 UEHARA,Kohki; JP
切畑 光統 KIRIHATA,Mitsunori; JP
代理人:
特許業務法人 ユニアス国際特許事務所 UNIUS PATENT ATTORNEYS OFFICE; 大阪府大阪市淀川区西中島5丁目13-9 新大阪MTビル1号館 SHIN-OSAKA MT Bldg. 1, 13-9, Nishinakajima 5-chome, Yodogawa-ku, Osaka-shi, Osaka 5320011, JP
優先権情報:
2014-03800128.02.2014JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR PRODUCING 4-BORONO-L-PHENYLALANINE HAVING 18F ATOM INTRODUCED THEREINTO, AND PRECURSOR OF 4-BORONO-L-PHENYLALANINE HAVING 18F ATOM INTRODUCED THEREINTO
(FR) PROCÉDÉ DE PRÉPARATION DE 4-BORONO-L-PHÉNYLALANINE AYANT UN ATOME 18F INTRODUIT EN SON SEIN, ET PRÉCURSEUR DE 4-BORONO-L-PHÉNYLALANINE AYANT UN ATOME 18F INTRODUIT EN SON SEIN
(JA) 18F原子が導入された4‐ボロノ-L-フェニルアラニンの製造方法および18F原子が導入された4‐ボロノ-L-フェニルアラニンの前駆体
要約:
(EN) The purpose of the present invention is to provide: a novel method for producing 18F-labeled 4-boronophenylalanine (BPA); and a precursor of 18F-labeled BPA. 18F-labeled BPA can be prepared by preparing a compound represented by formula (1) and using the compound. In the formula, R1 represents a bromo group, an iodo group, a fluoro group, a diazaborinane derivative, BX3- or BX3-M+ (wherein X represents a halogen atom; and M+ represents a monovalent monoatomic cation, a polyatomic cation or a complex cation).
(FR) Le but de la présente invention est de fournir : un nouveau procédé de production de 4-boronophénylalanine (BPA) marquée avec un atome 18F ; et un précurseur de BPA marquée avec un atome 18F. La BPA marquée avec l'atome 18F peut être préparée en préparant un composé représenté par la formule (1) et en utilisant le composé. Dans la formule, R1 représente un groupe bromo, un groupe iodo, un groupe fluoro, un dérivé diazaborinane, BX3 - ou BX3 -M+ (dans lequel X représente un atome d'halogène ; et M+ représente un cation monoatomique monovalent, un cation polyatomique ou un cation complexe).
(JA)  本発明は、新規な18F標識化BPA(4-ボロノフェニルアラニン)の製造方法および18F標識化BPAの前駆体を提供することを目的とする。下記式で表わされる化合物: を調製して、使用することにより、18F標識化BPAを調製することができる。ここで、R1は、ブロモ基、ヨード基、フルオロ基、ジアザボリナン誘導体、BX3-、またはBX3-M(Xはハロゲンを表わし、M+は、1価の単原子陽イオン、多原子陽イオン、または錯陽イオンを表わす)を表わす。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JP, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
EP3112340US20170015684JPWO2015129374