16:00 CETの火曜日 19.11.2019のメンテナンス理由で数時間使用できません
国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2015129283) 亜鉛系めっき鋼板およびその製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2015/129283 国際出願番号: PCT/JP2015/001054
国際公開日: 03.09.2015 国際出願日: 27.02.2015
IPC:
C23C 22/83 (2006.01) ,B32B 15/04 (2006.01) ,C23C 22/06 (2006.01) ,C23C 22/53 (2006.01) ,C23C 28/00 (2006.01)
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C
金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般
22
表面と反応性液体との反応による金属質材料の化学的表面処理であって,表面材料の反応生成物を被覆層中に残すもの,例.化成被覆(conversioncoatings)金属の不動態化
82
後処理
83
化学的後処理
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
15
本質的に金属からなる積層体
04
層の主なまたは唯一の構成要素が金属からなり,特定物質の他の層に隣接したもの
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C
金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般
22
表面と反応性液体との反応による金属質材料の化学的表面処理であって,表面材料の反応生成物を被覆層中に残すもの,例.化成被覆(conversioncoatings)金属の不動態化
05
水溶液を使用するもの
06
pH<6の酸性水溶液を用いるもの
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C
金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般
22
表面と反応性液体との反応による金属質材料の化学的表面処理であって,表面材料の反応生成物を被覆層中に残すもの,例.化成被覆(conversioncoatings)金属の不動態化
05
水溶液を使用するもの
06
pH<6の酸性水溶液を用いるもの
48
りん酸塩,6価クロム化合物,ふっ化物もしくは錯ふっ化物,モリブデン酸塩,タングステン酸塩,バナジン酸塩またはしゅう酸塩を含まないもの
53
亜鉛または亜鉛を基とする合金の処理
C 化学;冶金
23
金属質材料への被覆;金属質材料による材料への被覆;化学的表面処理;金属質材料の拡散処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般;金属質材料の防食または鉱皮の抑制一般
C
金属質への被覆;金属材料による材料への被覆;表面への拡散,化学的変換または置換による,金属材料の表面処理;真空蒸着,スパッタリング,イオン注入法,または化学蒸着による被覆一般
28
メイングループC23C2/00からC23C26/00の単一のメイングループに分類されない方法によるかまたはサブクラスC23CおよびC25Dに分類される方法の組合わせによる少なくとも2以上の重ね合わせ被覆層を得るための被覆
出願人:
JFEスチール株式会社 JFE STEEL CORPORATION [JP/JP]; 東京都千代田区内幸町二丁目2番3号 2-3, Uchisaiwai-cho 2-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1000011, JP
発明者:
星野 克弥 HOSHINO, Katsuya; JP
平 章一郎 TAIRA, Shoichiro; JP
名越 正泰 NAGOSHI, Masayasu; JP
花田 一利 HANADA, Kazutoshi; JP
代理人:
熊坂 晃 KUMASAKA, Akira; JP
優先権情報:
2014-03638127.02.2014JP
2014-23549720.11.2014JP
発明の名称: (EN) GALVANIZED STEEL SHEET AND METHOD FOR MANUFACTURING SAME
(FR) TÔLE EN ACIER GALVANISÉ, ET PROCÉDÉ DE FABRICATION DE CELLE-CI
(JA) 亜鉛系めっき鋼板およびその製造方法
要約:
(EN)  Provided is a method for manufacturing a galvanized steel sheet having low sliding friction during press molding, and exceptional degreasing properties even under harsh alkali degreasing conditions (conditions of low temperature and short line length), with which dissolution of formed oxide films can be minimized and the occurrence of irregularities caused by washing processes can be minimized, and with which there is no need for process liquids to include environmental load substances. This method for manufacturing a galvanized steel sheet having an oxide layer on the surface comprises: an oxide layer formation step for bringing a galvanized steel sheet into contact with an acidic solution containing sulfate ions, then holding the sheet for 1-60 seconds, and thereafter performing a rinse; and a neutralization step for holding the surface of the oxide layer formed in the oxide layer formation step in a state of contact with an alkali aqueous solution for 0.5 seconds or longer, and thereafter performing rinsing and drying. The alkali aqueous solution employed is one containing 0.1 g/L or more of carbonate ions.
(FR) L'invention fournit le procédé de fabrication d'une tôle en acier galvanisé dont le frottement par glissement lors d'un formage sous pression est faible, qui possède d'excellentes propriétés de dégraissage y compris dans des conditions difficiles de dégraissage alcalin (conditions de basse température et longueur de ligne courte), dans laquelle la dissolution d'une couche d'oxyde formée est empêchée, qui permet d'empêcher l'apparition d'irrégularités dues à un traitement de nettoyage, et qui autorise l'absence de substances dangereuses pour l'environnement dans un liquide de traitement. Plus précisément, l'invention concerne le procédé de fabrication de tôle en acier galvanisé possédant une couche d'oxyde à sa surface, qui comporte : une étape de formation de couche d'oxyde au cours de laquelle la tôle en acier galvanisé est maintenue 1 à 60 secondes après mise en contact avec une solution acide comprenant des ions sulfate, puis un nettoyage à l'eau est effectué ; et une étape de traitement de neutralisation au cours de laquelle la surface de la couche d'oxyde formée lors de l'étape de formation de couche d'oxyde, est maintenue 0,5 secondes ou plus dans un état de contact avec une solution aqueuse alcaline, puis un nettoyage à l'eau et un séchage sont effectués. Une substance comprenant 0,1g/L ou plus d'acide carbonique, est mise en œuvre en tant que solution aqueuse alcaline.
(JA)  プレス成形時の摺動抵抗が小さく、過酷なアルカリ脱脂条件(温度が低く、ライン長が短い条件)においても優れた脱脂性を有し、形成された酸化物層の溶解が抑制され、洗浄処理によるムラの発生を抑制でき、且つ処理液に環境負荷物質を含まなくてもよい、亜鉛系めっき鋼板の製造方法を提供する。 表面に酸化物層を有する亜鉛系めっき鋼板の製造方法であって、亜鉛系めっき鋼板を、硫酸イオンを含有する酸性溶液に接触させた後1~60秒間保持し、その後水洗を行う酸化物層形成工程と、酸化物層形成工程で形成された酸化物層の表面を、アルカリ性水溶液に接触させた状態で0.5秒以上保持し、その後水洗、乾燥を行う中和処理工程と、を備え、アルカリ性水溶液として炭酸イオンを0.1g/L以上含有するものを用いる。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BN, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IR, IS, JP, KE, KG, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PA, PE, PG, PH, PL, PT, QA, RO, RS, RU, RW, SA, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, RW, SD, SL, ST, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, KM, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
EP3112500US20170016121JPWO2015129283CN106062250ID2017/07565KR1020160126046
IN201627022290TH176359