処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

1. WO2015016217 - アクリル酸の製造方法

公開番号 WO/2015/016217
公開日 05.02.2015
国際出願番号 PCT/JP2014/069937
国際出願日 29.07.2014
IPC
C07C 51/377 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
C非環式化合物または炭素環式化合物
51カルボン酸またはその塩,酸ハロゲン化物または酸無水物の製造
347カルボキシル基の生成を伴わない反応によるもの
377水素または官能基の離脱によるもの;官能基の水添分解によるもの
C07C 57/065 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
C非環式化合物または炭素環式化合物
57非環式炭素原子に結合しているカルボキシル基をもつ不飽和化合物
02不飽和結合として炭素―炭素二重結合のみを有するもの
03一塩基性カルボン酸
04アクリル酸;メタクリル酸
065H―X(Xはハロゲン,ORまたはNR↓2(Rは水素または炭化水素基))の脱離による製造
B01J 27/18 2006.01
B処理操作;運輸
01物理的または化学的方法または装置一般
J化学的または物理的方法,例.触媒またはコロイド化学;それらの関連装置
27ハロゲン,硫黄,セレン,テルル,りん,窒素またはそれらの化合物からなる触媒;炭素化合物からなる触媒
14りん;その化合物
16酸素を含有するもの
18金属を有するもの
C07B 61/00 2006.01
C化学;冶金
07有機化学
B有機化学の一般的方法あるいはそのための装置
61他の一般的方法
CPC
C07C 51/377
CCHEMISTRY; METALLURGY
07ORGANIC CHEMISTRY
CACYCLIC OR CARBOCYCLIC COMPOUNDS
51Preparation of carboxylic acids or their salts, halides or anhydrides
347by reactions not involving formation of carboxyl groups
377by splitting-off hydrogen or functional groups; by hydrogenolysis of functional groups
出願人
  • 株式会社日本触媒 NIPPON SHOKUBAI CO., LTD. [JP/JP]; 大阪府大阪市中央区高麗橋4丁目1番1号 1-1, Koraibashi 4-chome, Chuo-ku, Osaka-shi, Osaka 5410043, JP
発明者
  • 和泉 博子 IZUMI, Hiroko; JP
  • 新宮原 晃士 SHINGUBARA, Koji; JP
代理人
  • 植木 久一 UEKI, Kyuichi; JP
優先権情報
2013-15810930.07.2013JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) METHOD FOR PRODUCING ACRYLIC ACID
(FR) PROCÉDÉ POUR PRODUIRE UN ACIDE ACRYLIQUE
(JA) アクリル酸の製造方法
要約
(EN)
 A method for producing acrylic acid from lactic acid by a gas-phase reaction characterized by including (a) a step for feeding lactic acid aqueous solution to a vaporizer, heating at a temperature of 320°C or lower, and obtaining vaporized lactic acid and (b) a step for feeding raw material gas containing the above vaporized lactic acid to a reactor, reacting at a temperature higher than the temperature of the above vaporizer, and obtaining acrylic acid.
(FR)
L'invention concerne un procédé pour produire un acide acrylique à partir d'acide lactique au moyen d'une réaction en phase gazeuse. Le procédé est caractérisé en ce qu'il comprend : (a) une étape d'alimentation d'un vaporisateur en solution aqueuse d'acide lactique, de chauffage à une température de 320°C ou moins, et d'obtention d'acide lactique vaporisé, et (b) une étape d'alimentation d'un réacteur en matériau brut contenant l'acide lactique vaporisé précité, de réaction à une température supérieure à la température du vaporisateur précité et d'obtention d'acide acrylique.
(JA)
 乳酸からアクリル酸を気相反応で製造する方法であって、(a)乳酸水溶液を気化器に供給し、320℃以下の温度で加熱して、気化した乳酸を得る工程、および、(b)前記気化した乳酸を含む原料ガスを反応器に供給し、前記気化器の温度より高い温度で反応させアクリル酸を得る工程を含むことを特徴とする。
国際事務局に記録されている最新の書誌情報