国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。フィードバック & お問い合わせ
1. (WO2012011445) ガラスフィルムの割断方法、ガラスロールの製造方法、及びガラスフィルムの割断装置
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2012/011445 国際出願番号: PCT/JP2011/066241
国際公開日: 26.01.2012 国際出願日: 15.07.2011
IPC:
C03B 33/033 (2006.01) ,B23K 26/10 (2006.01) ,B23K 26/38 (2006.01) ,B23K 26/40 (2006.01) ,C03B 33/09 (2006.01) ,B28D 5/00 (2006.01)
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
B
ガラス、鉱物またはスラグウールの製造または成形;または、ガラス、鉱物またはスラグウールの製造または成形における補助プロセス
33
冷えたガラスの切断
02
板ガラスの切断または欠き;そのための装置あるいは機械
023
水平位置にある板ガラス
033
板ガラスの刻線を開く装置
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
26
レーザービームによる加工,例.溶接,切断,穴あけ
08
レーザービームと加工物の相対移動を有する装置
10
固定支持装置を用いるもの
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
26
レーザービームによる加工,例.溶接,切断,穴あけ
36
材料の除去
38
穿孔または切断によるもの
B 処理操作;運輸
23
工作機械;他に分類されない金属加工
K
ハンダ付またはハンダ離脱;溶接;ハンダ付または溶接によるクラッドまたは被せ金;局部加熱による切断,例.火炎切断:レーザービームによる加工
26
レーザービームによる加工,例.溶接,切断,穴あけ
36
材料の除去
40
材料の性質を考慮したもの
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
B
ガラス、鉱物またはスラグウールの製造または成形;または、ガラス、鉱物またはスラグウールの製造または成形における補助プロセス
33
冷えたガラスの切断
09
熱衝撃によるもの
B 処理操作;運輸
28
セメント,粘土,または石材の加工
D
石材または石材類似材料の加工
5
宝石類,結晶体の精密加工,例.半導体の材料;そのための装置
出願人:
日本電気硝子株式会社 NIPPON ELECTRIC GLASS CO., LTD. [JP/JP]; 滋賀県大津市晴嵐2丁目7番1号 7-1, Seiran 2-chome, Otsu-shi, Shiga 5208639, JP (AllExceptUS)
寺西 妥夫 TERANISHI Yasuo [JP/JP]; JP (UsOnly)
松本 保弘 MATSUMOTO Yasuhiro [JP/JP]; JP (UsOnly)
三成 泰紀 MINARI Taiki [JP/JP]; JP (UsOnly)
古田 隆也 FURUTA Takaya [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
寺西 妥夫 TERANISHI Yasuo; JP
松本 保弘 MATSUMOTO Yasuhiro; JP
三成 泰紀 MINARI Taiki; JP
古田 隆也 FURUTA Takaya; JP
代理人:
城村 邦彦 SHIROMURA Kunihiko; 大阪府大阪市西区江戸堀1丁目15番26号 江原特許事務所 Ehara Patent Office, 15-26, Edobori 1-chome, Nishi-ku, Osaka-shi, Osaka 5500002, JP
優先権情報:
2010-16509322.07.2010JP
発明の名称: (EN) GLASS FILM CUTTING METHOD, GLASS ROLL PRODUCTION METHOD, AND GLASS FILM CUTTING DEVICE
(FR) PROCÉDÉ DE COUPE D'UN FILM DE VERRE, PROCÉDÉ DE PRODUCTION D'UN ROULEAU DE VERRE, ET DISPOSITIF DE COUPE D'UN FILM DE VERRE
(JA) ガラスフィルムの割断方法、ガラスロールの製造方法、及びガラスフィルムの割断装置
要約:
(EN) Disclosed is a glass film cutting device (1) that uses thermal stress generated by local heating and cooling of the heated area along a planned cutting line (7) in a glass film (G) to move an initial crack (10) formed in the end section of the planned cutting line (7) forward along the planned cutting line (7). The glass film cutting device (1) positions a resin sheet (R) that is more flexible than the glass film (G) in the cutting area and blows air from a levitation means (3) on to the bottom surface of the resin sheet (R) to levitate said resin sheet. The glass film cutting device (1) then covers and holds up and supports the planned cutting area, which includes the planned cutting line (7) in the glass film (G), with the levitated resin sheet (R) and, in this state, cuts the glass film (G).
(FR) Le dispositif de coupe d'un film de verre (1) ci-décrit utilise la contrainte thermique générée par le chauffage local et le refroidissement de la zone chauffée le long d'une ligne de coupe planifiée (7) dans un film de verre (G) pour déplacer une fissure initiale (10) formée dans la partie d'extrémité de la ligne de coupe planifiée (7) vers l'avant le long de ladite ligne de coupe planifiée (7). Le dispositif de coupe d'un film de verre (1) positionne une feuille de résine (R) qui est plus flexible que le film de verre (G) dans la zone de coupe et insuffle de l'air à partir d'un moyen de lévitation (3) sur la surface inférieure de la feuille de résine (R) pour soulever par lévitation ladite feuille de résine. Le dispositif de coupe d'un film de verre (1) recouvre alors et maintient en l'air tout en la soutenant la zone de coupe, qui comprend la ligne de coupe planifiée (7) dans le film de verre (G), avec la feuille de résine (R) en lévitation et, dans cet état, découpe le film de verre (G).
(JA)  ガラスフィルムの割断装置1は、ガラスフィルムGの割断予定線7に沿う局部加熱及びその加熱領域の冷却により生じる熱応力で、割断予定線7の先端部に形成した初期亀裂10を割断予定線7に沿って進展させる。この際、ガラスフィルムGよりも柔軟な樹脂シートRを割断領域に配置し、この樹脂シートRの下面に対して浮上手段3から気体を吹き付けて浮上させる。そして、浮上させた樹脂シートRでガラスフィルムGの割断予定線7を含む割断予定部を下方から覆いながら持ち上げ支持し、この状態でガラスフィルムGを割断する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PE, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関 (ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
Also published as:
US20120017642CN102858700KR1020130094298