国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。フィードバック & お問い合わせ
1. (WO2012011419) 溶融ガラスの搬送装置、および溶融ガラスの搬送装置を用いたガラス製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2012/011419 国際出願番号: PCT/JP2011/065994
国際公開日: 26.01.2012 国際出願日: 13.07.2011
IPC:
C03B 5/42 (2006.01) ,C03B 5/225 (2006.01) ,C03B 5/26 (2006.01)
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
B
ガラス、鉱物またはスラグウールの製造または成形;または、ガラス、鉱物またはスラグウールの製造または成形における補助プロセス
5
溶融窯における溶融;ガラス製造専用窯
16
溶融プロセスの特徴;ガラス溶融窯に特に適する補助手段
42
炉壁構造の細部,例.腐食を防ぐためのもの;炉壁用材料の使用
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
B
ガラス、鉱物またはスラグウールの製造または成形;または、ガラス、鉱物またはスラグウールの製造または成形における補助プロセス
5
溶融窯における溶融;ガラス製造専用窯
16
溶融プロセスの特徴;ガラス溶融窯に特に適する補助手段
225
清澄
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
B
ガラス、鉱物またはスラグウールの製造または成形;または、ガラス、鉱物またはスラグウールの製造または成形における補助プロセス
5
溶融窯における溶融;ガラス製造専用窯
16
溶融プロセスの特徴;ガラス溶融窯に特に適する補助手段
26
取り出し口;オーバーフロー口
出願人:
旭硝子株式会社 Asahi Glass Company, Limited. [JP/JP]; 東京都千代田区丸の内一丁目5番1号 5-1, Marunouchi 1-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1008405, JP (AllExceptUS)
田中 俊幸 TANAKA Toshiyuki [JP/JP]; JP (UsOnly)
村上 敏英 MURAKAMI Toshihide [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
田中 俊幸 TANAKA Toshiyuki; JP
村上 敏英 MURAKAMI Toshihide; JP
代理人:
小栗 昌平 OGURI Shohei; 東京都港区西新橋一丁目7番13号 虎ノ門イーストビルディング10階 栄光特許事務所 Eikoh Patent Firm, Toranomon East Bldg. 10F, 7-13, Nishi-Shimbashi 1-chome, Minato-ku, Tokyo 1050003, JP
優先権情報:
2010-16427521.07.2010JP
発明の名称: (EN) MOLTEN GLASS CONVEYING DEVICE AND METHOD OF PRODUCING GLASS USING MOLTEN GLASS CONVEYING DEVICE
(FR) DISPOSITIF DE TRANSPORT DE VERRE FONDU ET PROCÉDÉ DE PRODUCTION DE VERRE UTILISANT LE DISPOSITIF DE TRANSPORT DE VERRE FONDU
(JA) 溶融ガラスの搬送装置、および溶融ガラスの搬送装置を用いたガラス製造方法
要約:
(EN) The present invention relates to a molten glass conveying device which comprises a vertical pipe and at least one horizontal pipe connected to the middle of the vertical pipe and which conveys molten glass by the vertical pipe and the horizontal pipe, wherein an outlet for discharging part of the molten glass outside is provided on an internal face of the lower wall of the vertical pipe, and the center of the outlet is decentered from the center line of the vertical pipe towards the upstream side in the horizontal direction.
(FR) La présente invention concerne un dispositif de transport de verre fondu qui comprend un tuyau vertical et au moins un tuyau horizontal raccordé au centre du tuyau vertical et qui transporte du verre fondu par le tuyau vertical et le tuyau horizontal, une sortie pour décharger une partie du verre fondu à l'extérieur étant disposée sur une face interne de la paroi inférieure du tuyau vertical, et le centre de la sortie étant décentré de la ligne centrale du tuyau vertical vers le côté amont dans la direction horizontale.
(JA)  本発明は、鉛直管と、該鉛直管の途中に接続される少なくとも1つの水平管とを備え、前記鉛直管および前記水平管によって溶融ガラスを搬送する搬送装置において、前記鉛直管の下壁内面に、溶融ガラスの一部を外部に排出する排出口を備え、該排出口の中心は前記鉛直管の中心線から水平方向上流側に偏心している溶融ガラスの搬送装置に関する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PE, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関 (ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)