このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2012011386) 車両用ダンパのマウント構造
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2012/011386 国際出願番号: PCT/JP2011/065438
国際公開日: 26.01.2012 国際出願日: 06.07.2011
予備審査請求日: 18.05.2012
IPC:
F16F 9/54 (2006.01) ,B60G 15/06 (2006.01) ,F16F 9/32 (2006.01) ,F16F 9/58 (2006.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
F
ばね;緩衝装置;振動減衰手段
9
減衰媒体として流体またはその均等物を用いるばね,振動減衰装置,緩衝装置,またはこれらと同様の機能を持つ組み立てられた運動減衰装置
32
細部
54
取付部の装置
B 処理操作;運輸
60
車両一般
G
車両懸架装置
15
結合されたばねと振動緩衝器,例.テレスコピック型,の配列,位置または形状に特徴がある弾性的懸架装置
02
機械的なばねをもつもの
06
機械的なばねと流体式緩衝器をもつもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
F
ばね;緩衝装置;振動減衰手段
9
減衰媒体として流体またはその均等物を用いるばね,振動減衰装置,緩衝装置,またはこれらと同様の機能を持つ組み立てられた運動減衰装置
32
細部
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
F
ばね;緩衝装置;振動減衰手段
9
減衰媒体として流体またはその均等物を用いるばね,振動減衰装置,緩衝装置,またはこれらと同様の機能を持つ組み立てられた運動減衰装置
32
細部
58
行程制限止め,例.シリンダの外側でピストン棒上に配置されるもの
出願人:
本田技研工業株式会社 HONDA MOTOR CO., LTD. [JP/JP]; 東京都港区南青山二丁目1番1号 1-1, Minami-Aoyama 2-chome, Minato-ku, Tokyo 1078556, JP (AllExceptUS)
阿部 和紀 ABE, Kazunori [JP/JP]; JP (UsOnly)
植森 康祐 UEMORI, Kosuke [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
阿部 和紀 ABE, Kazunori; JP
植森 康祐 UEMORI, Kosuke; JP
代理人:
下田 容一郎 SHIMODA, Yo-ichiro; 東京都港区赤坂一丁目1番12号 明産溜池ビル Meisan Tameike Bldg., 1-12, Akasaka 1-chome, Minato-ku, Tokyo 1070052, JP
優先権情報:
2010-16285120.07.2010JP
発明の名称: (EN) MOUNT STRUCTURE FOR VEHICLE DAMPER
(FR) STRUCTURE DE MONTAGE POUR AMORTISSEUR DE VÉHICULE
(JA) 車両用ダンパのマウント構造
要約:
(EN) A mount structure for a vehicle damper, configured in such a manner that an end of the piston rod (33) of the damper (17) is supported by a vehicle-side member (51). A nut (57) engaged with the male thread section (42) formed on a reduced diameter section (41) of the piston rod (33) collectively fastens upper and lower gripping members (55, 56), a collar member (54), and upper and lower elastic sections (52, 53) to the reduced diameter section (41). An input from the damper body (38) side is transmitted to the vehicle body-side member (51) through a transmission member (58).
(FR) La présente invention a trait à une structure de montage pour amortisseur de véhicule, conçue de telle sorte qu'une extrémité de la tige de piston (33) de l'amortisseur (17) soit supportée par un élément côté véhicule (51). Un écrou (57) en prise avec la section à filetage mâle (42) formée sur une section de diamètre réduit (41) de la tige de piston (33) assujettit collectivement des éléments de préhension supérieur et inférieur (55, 56), un élément collier (54) et des sections élastiques supérieure et inférieure (52, 53) à la section de diamètre réduit (41). Une entrée depuis le côté corps d'amortisseur (38) est transmise à l'élément côté carrosserie de véhicule (51) par l'intermédiaire d'un élément de transmission (58).
(JA)  ダンパ(17)のピストンロッド(33)の端部が車体側部材(51)に支持された車両用ダンパのマウント構造が開示される。ピストンロッド(33)の縮径部(41)に形成された雄ねじ部(42)にねじ込まれるナット(57)は、上下の挟持部材(55,56)、カラー部材(54)、上側および下側弾性部(52,53)を前記縮径部(41)に一括して締結する。ダンパボディー(38)側からの入力は、伝達部材(58)を介して前記車体側部材(51)に伝達される。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PE, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
US20130113145EP2597330CN103052827JPWO2012011386