国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。フィードバック & お問い合わせ
1. (WO2012011220) 液晶シール剤及びそれを用いた液晶表示セル
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2012/011220 国際出願番号: PCT/JP2011/003366
国際公開日: 26.01.2012 国際出願日: 14.06.2011
予備審査請求日: 15.05.2012
IPC:
G02F 1/1339 (2006.01) ,C08F 290/06 (2006.01) ,C08F 290/14 (2006.01) ,C09K 3/10 (2006.01)
G 物理学
02
光学
F
光の強度,色,位相,偏光または方向の制御,例.スイッチング,ゲーテイング,変調または復調のための装置または配置の媒体の光学的性質の変化により,光学的作用が変化する装置または配置;そのための技法または手順;周波数変換;非線形光学;光学的論理素子;光学的アナログ/デジタル変換器
1
独立の光源から到達する光の強度,色,位相,偏光または方向の制御のための装置または配置,例.スィッチング,ゲーテイングまたは変調;非線形光学
01
強度,位相,偏光または色の制御のためのもの
13
液晶に基づいたもの,例.単一の液晶表示セル
133
構造配置;液晶セルの作動;回路配置
1333
構造配置
1339
ガスケット;スペーサ;セルの封止
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
F
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応によってえられる高分子化合物
290
脂肪族不飽和の末端基または側基の導入により変性された重合体に,単量体を重合させて得られる高分子化合物
02
不飽和末端基の導入により変性された重合体への
06
サブクラスC08Gに分類される重合体
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
F
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応によってえられる高分子化合物
290
脂肪族不飽和の末端基または側基の導入により変性された重合体に,単量体を重合させて得られる高分子化合物
08
不飽和側基の導入により変性された重合体への
14
サブクラスC08Gに分類される重合体
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
K
他に分類されない応用される物質;他に分類されない物質の応用
3
物質であって,他に分類されないもの
10
ジョイントまたはカバーを,シールまたはパッキングするためのもの
出願人:
日本化薬株式会社 NIPPON KAYAKU KABUSHIKI KAISHA [JP/JP]; 東京都千代田区富士見一丁目11番2号 11-2, Fujimi 1-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1028172, JP (AllExceptUS)
落 直之 OCHI, Naoyuki [JP/JP]; JP (UsOnly)
吉田 早紀 YOSHIDA, Saki [JP/JP]; JP (UsOnly)
三輪 広明 MIWA, Hiroaki [JP/JP]; JP (UsOnly)
並木 務 NAMIKI, Tsutomu [JP/JP]; JP (UsOnly)
今岡 大輔 IMAOKA, Daisuke [JP/JP]; JP (UsOnly)
太田 英之 OTA, Hideyuki [JP/JP]; JP (UsOnly)
木田 昌博 KIDA, Masahiro [JP/JP]; JP (UsOnly)
西原 栄一 NISHIHARA, Eiichi [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
落 直之 OCHI, Naoyuki; JP
吉田 早紀 YOSHIDA, Saki; JP
三輪 広明 MIWA, Hiroaki; JP
並木 務 NAMIKI, Tsutomu; JP
今岡 大輔 IMAOKA, Daisuke; JP
太田 英之 OTA, Hideyuki; JP
木田 昌博 KIDA, Masahiro; JP
西原 栄一 NISHIHARA, Eiichi; JP
代理人:
佐伯 憲生 SAEKI, Norio; 東京都中央区日本橋三丁目15番8号アミノ酸会館ビル4階 4th Floor, Aminosan Kaikan Building, 15-8, Nihonbashi 3-chome, Chuo-ku, Tokyo 1030027, JP
優先権情報:
2010-16238220.07.2010JP
発明の名称: (EN) LIQUID CRYSTAL SEALING AGENT AND LIQUID CRYSTAL DISPLAY CELL USING SAME
(FR) AGENT DE SCELLEMENT POUR CRISTAUX LIQUIDES ET CELLULE D'AFFICHAGE À CRISTAUX LIQUIDES LE COMPRENANT
(JA) 液晶シール剤及びそれを用いた液晶表示セル
要約:
(EN) The present invention relates to a liquid crystal sealing agent for a dropping method, which contains (a) a photosensitizer having a (meth)acrylic group in each molecule and (b) a curable resin having a (meth)acrylic group. Preferably, the liquid crystal sealing agent additionally contains (d) a photopolymerization initiator and/or (c) a tertiary amine. This liquid crystal sealing agent contaminates liquid crystals little, and a shielded portion thereof which is not directly irradiated with ultraviolet light can be cured over a wide range. Consequently, the liquid crystal sealing agent is able to be cured uniformly even in cases where the liquid crystal sealing agent is in the shadow of a wiring line or the like. In addition, since this liquid crystal sealing agent can be cured well even by low energy light such as visible light, this liquid crystal sealing agent is extremely useful as a sealing agent for a liquid crystal dropping method.
(FR) L'invention concerne un agent de scellement pour cristaux liquides pour un procédé de dépôt en gouttes, lequel comprend (a) un photosensibilisateur comportant un groupe (méth)acrylique dans chaque molécule, et (b) une résine solidifiable possédant un groupe (méth)acrylique. L'agent de scellement pour cristaux liquides comprend en outre de préférence (d) un initiateur de photopolymérisation et/ou (c) une amine tertiaire. Cet agent de scellement pour cristaux liquides contamine peu les cristaux liquides, et une partie couverte de celui-ci qui n'est pas directement irradiée par la lumière ultraviolette peut être solidifiée sur une grande plage. En conséquence, cet agent de scellement pour cristaux liquides peut être solidifié uniformément même dans les cas où l'agent de scellement pour cristaux liquides se trouve dans l'ombre d'une ligne de câblage ou analogue. En outre, étant donné que cet agent de scellement pour cristaux liquides peut être solidifié convenablement même avec une lumière de faible énergie comme la lumière visible, il est extrêmement utile en qualité d'agent de scellement dans un procédé de dépôt en gouttes de cristaux liquides.
(JA)  本発明は(a)(メタ)アクリル基を分子内に有する光増感剤および(b)(メタ)アクリル基を有する硬化性樹脂を含有し、より好ましくは更に(d)光重合開始剤または(c)第3級アミンの少なくとも一方を含有する滴下工法用液晶シール剤に関するものであり、液晶汚染が少なく、かつ、直接紫外線が照射されない遮光部も広い幅で硬化できることから、配線等で陰になっても、均一に硬化が可能であり、また可視光等の低エネルギー光でも良好な硬化性を有することから液晶滴下工法用シール剤として極めて有用である。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PE, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関 (ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
Also published as:
JPWO2012011220KR1020130140544