このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2012008617) 繊維布帛及び繊維布帛の製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2012/008617 国際出願番号: PCT/JP2011/066639
国際公開日: 19.01.2012 国際出願日: 14.07.2011
IPC:
D06Q 1/02 (2006.01) ,D01F 8/14 (2006.01) ,D06M 13/432 (2006.01) ,D06M 23/00 (2006.01) ,D06M 23/16 (2006.01) ,D06M 101/32 (2006.01)
D 繊維;紙
06
繊維または類似のものの処理;洗濯;他に分類されない可とう性材料
Q
繊維製品の装飾
1
繊維製品の装飾
02
化学作用によってウエブの繊維を部分的に破壊または変性することにより模様を作るもの,例.半透明にするもの
D 繊維;紙
01
天然または人造の糸または繊維;紡績
F
人造のフィラメント,より糸,繊維,剛毛,リボンまたは炭素フィラメントの製造において化学的な特徴をもつもの;炭素フィラメントの製造に特に適合した装置
8
複合,例.二または多成分の,人造フィラメントまたはその類似物;その製造
04
合成重合体からのもの
14
ポリエステルを少なくとも一成分とするもの
D 繊維;紙
06
繊維または類似のものの処理;洗濯;他に分類されない可とう性材料
M
繊維,より糸,糸,織物,羽毛またはこのような材料から製造された繊維製品のクラスD06の他に分類されない処理
13
繊維,より糸,糸,織物,またはこのような材料から製造された繊維製品の,非高分子有機化合物による処理;機械的処理と組合せられたこのような処理
322
窒素を含む化合物によるもの
402
アミド
432
尿素,チオ尿素またはその誘導体,例.ビウレット;尿素包接化合物;ジシアナミド;グアニジン,例.ジシアンジアミド
D 繊維;紙
06
繊維または類似のものの処理;洗濯;他に分類されない可とう性材料
M
繊維,より糸,糸,織物,羽毛またはこのような材料から製造された繊維製品のクラスD06の他に分類されない処理
23
繊維,より糸,糸,織物またはこれらの材料から作られた繊維製品の処理で,そのプロセスに特徴があるもの
D 繊維;紙
06
繊維または類似のものの処理;洗濯;他に分類されない可とう性材料
M
繊維,より糸,糸,織物,羽毛またはこのような材料から製造された繊維製品のクラスD06の他に分類されない処理
23
繊維,より糸,糸,織物またはこれらの材料から作られた繊維製品の処理で,そのプロセスに特徴があるもの
16
処理剤の不均一な適用のためのプロセス,例.片面処理;差別的処理
D 繊維;紙
06
繊維または類似のものの処理;洗濯;他に分類されない可とう性材料
M
繊維,より糸,糸,織物,羽毛またはこのような材料から製造された繊維製品のクラスD06の他に分類されない処理
101
処理される繊維,より糸,糸,織物またはこのような材料から製造された繊維製品の化学構造。
16
鉱物繊維以外の合成繊維
30
炭素―炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物から成る合成重合体
32
ポリエステル
出願人:
セーレン株式会社 SEIREN CO., LTD. [JP/JP]; 福井県福井市毛矢1丁目10番1号 10-1, Keya 1-chome, Fukui-shi, Fukui 9188003, JP (AllExceptUS)
KBセーレン株式会社 KB SEIREN, LTD. [JP/JP]; 福井県鯖江市下河端町第6号1番地1 6-1-1, Shimokoubata-cho, Sabae-shi, Fukui 9160038, JP (AllExceptUS)
坪田 俊弘 TSUBOTA Toshihiro [JP/JP]; JP (UsOnly)
柳 克彦 YANAGI Katsuhiko [JP/JP]; JP (UsOnly)
清水 宏泰 SHIMIZU Hiroyasu [JP/JP]; JP (UsOnly)
齋藤 智仁 SAITO Tomonori [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
坪田 俊弘 TSUBOTA Toshihiro; JP
柳 克彦 YANAGI Katsuhiko; JP
清水 宏泰 SHIMIZU Hiroyasu; JP
齋藤 智仁 SAITO Tomonori; JP
代理人:
斉藤 武彦 SAITO Takehiko; 東京都港区赤坂1丁目3番6号 赤坂グレースビル Akasaka Grace Bldg., 3-6, Akasaka 1-chome, Minato-ku, Tokyo 1070052, JP
優先権情報:
2010-16002514.07.2010JP
発明の名称: (EN) FIBROUS FABRIC AND MANUFACTURING METHOD FOR SAME
(FR) TISSU FIBREUX ET SON PROCÉDÉ DE FABRICATION
(JA) 繊維布帛及び繊維布帛の製造方法
要約:
(EN) The disclosed fibrous fabric is either all or partly constructed from thread formed from core-in-sheet composite fibres. Therein, the core portion of the core-in-sheath composite fibres is formed from polyamide components, the sheath portion is formed from polyester components, and there are portions wherein the polyester components of the sheath portion have been removed by means of a fibre degradation processing agent and portions wherein said components have not been removed. The fibrous fabric has excellent sharpness in the boundary sections between the portions wherein the polyester components of the sheath portion have been removed by means of the fibre degradation processing agent and the portions wherein said components have not been removed, and is suited to providing design and partial functionalities, for example elasticity.
(FR) La présente invention concerne un tissu fibreux composé entièrement ou partiellement de fil constitué de fibres composites âme-gaine. La partie d'âme des fibres composites âme-gaine est composée de constituants polyamide, la partie gaine est composée de constituants polyester, et il existe des parties dans lesquelles les constituants polyester de la partie de gaine ont été retirés au moyen d'un agent de traitement de dégradation de la fibre et des parties dans lesquelles lesdits constituants n'ont pas été retirés. Le tissu fibreux présente une excellente netteté dans les sections limites entre les parties dans lesquelles les constituants polyester de la partie de gaine ont été retirés au moyen de l'agent de traitement de dégradation de la fibre et les parties dans lesquelles lesdits constituants n'ont pas été retirés, et est adapté à fournir des dessins et des fonctionnalités partielles, par exemple l'élasticité.
(JA) 繊維布帛は、芯鞘型複合繊維からなる糸によって全部または一部が構成され、芯鞘型複合繊維の芯部がポリアミド成分からなり、鞘部がポリエステル成分からなり、鞘部のポリエステル成分が繊維分解加工剤によって除去されている部分と除去されていない部分とを持つ。鞘部のポリエステル成分が繊維分解加工剤によって除去された部分と除去されていない部分との境界部分のシャープ性に優れ、意匠性や部分的な機能性、例えば伸縮性、の付与に適した繊維布帛となる。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PE, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
JPWO2012008617