国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。フィードバック & お問い合わせ
1. (WO2012008587) 赤外線反射基板および合わせガラス
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2012/008587 国際出願番号: PCT/JP2011/066257
国際公開日: 19.01.2012 国際出願日: 15.07.2011
IPC:
G02B 5/28 (2006.01) ,B32B 7/02 (2006.01) ,B32B 9/00 (2006.01) ,B60J 1/00 (2006.01) ,C03C 17/34 (2006.01) ,C03C 27/12 (2006.01) ,G02B 5/26 (2006.01)
G 物理学
02
光学
B
光学要素,光学系,または光学装置
5
レンズ以外の光学要素
20
フィルター
28
干渉フィルター
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
7
層間の関係を特徴とする積層体,すなわち本質的に異なる物理的性質を有する層または層の相互連続を特徴とする積層体
02
物理的性質,例.堅さ,に関するもの
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
9
本質的にグループ11/00~29/00に包含されない特殊な物質からなる積層体
B 処理操作;運輸
60
車両一般
J
車両の窓,風防ガラス,非固定式の屋根,扉または同類の装置;車両に特に適した,取外し可能な外部保護カバー(これらの留め具,吊り具,閉鎖具,開放具E05)
1
窓;風防ガラス;そのための付属装置
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
C
ガラス,うわ薬またはガラス質ほうろうの化学組成;ガラスの表面処理;ガラス,鉱物またはスラグからの繊維またはフィラメントの表面処理;ガラスのガラスまたは他物質への接着
17
繊維やフィラメントの形態をとらないガラス,例.結晶化ガラス,の被覆による表面処理
34
組成の異る少くとも2種の被覆を有するもの
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
C
ガラス,うわ薬またはガラス質ほうろうの化学組成;ガラスの表面処理;ガラス,鉱物またはスラグからの繊維またはフィラメントの表面処理;ガラスのガラスまたは他物質への接着
27
ガラスの他の無機物質への接着;融着以外によるガラスのガラスへの接着
06
融着以外の方法によるガラスのガラスへの接着
10
目的に特に適する接着物によるもの
12
合わせガラス
G 物理学
02
光学
B
光学要素,光学系,または光学装置
5
レンズ以外の光学要素
20
フィルター
26
反射フィルター
出願人:
旭硝子株式会社 ASAHI GLASS COMPANY, LIMITED [JP/JP]; 東京都千代田区丸の内一丁目5番1号 5-1, Marunouchi 1-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1008405, JP (AllExceptUS)
御手洗 和彦 MITARAI, Kazuhiko [JP/JP]; JP (UsOnly)
日野 有一 HINO, Yuichi [JP/JP]; JP (UsOnly)
森本 保 MORIMOTO, Tamotsu [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
御手洗 和彦 MITARAI, Kazuhiko; JP
日野 有一 HINO, Yuichi; JP
森本 保 MORIMOTO, Tamotsu; JP
代理人:
泉名 謙治 SENMYO, Kenji; 東京都千代田区神田紺屋町17番地 SIA神田スクエア4階 4th Floor, SIA Kanda Square 17, Kanda-konyacho, Chiyoda-ku Tokyo 1010035, JP
優先権情報:
2010-16127516.07.2010JP
発明の名称: (EN) INFRARED-RAY REFLECTING SUBSTRATE AND LAMINATED GLASS
(FR) SUBSTRAT RÉFLÉCHISSANT LES RAYONS INFRAROUGES ET VERRE FEUILLETÉ
(JA) 赤外線反射基板および合わせガラス
要約:
(EN) Disclosed is an infrared-ray reflecting substrate that, when caused to be a laminated glass, the surface hue is a favorable intermediate hue that does not take on a stimulus color. The infrared-ray reflecting substrate (1) has: a transparent substrate (2); and an infrared-ray reflecting film (3) comprising at least seven alternately stacked layers of a dielectric film (3H) having a high refractive index and a dielectric film (3L) having a low refractive index. With an index of refraction of n with a thickness of d [nm] and a wavelength of λ [nm], said infrared-ray reflecting film (3) has: a first stack section (31) comprising at least 5 consecutively stacked layers of a dielectric film (311) wherein n·d/λ is 0.44 to 0.55; and a second stack section (32) comprising two consecutively stacked layers of a dielectric film (321) wherein n·d/λ is 0.03 to 0.12.
(FR) L'invention porte sur un substrat réfléchissant les rayons infrarouges, qui, lorsqu'il est amené à devenir un verre feuilleté, a une nuance de surface qui est une nuance intermédiaire favorable qui ne prend pas une couleur de stimulus. Le substrat réfléchissant les rayons infrarouges (1) a : un substrat transparent (2) ; et un film réfléchissant les rayons infrarouges (3) comprenant au moins sept couches empilées en alternance d'un film diélectrique (3H) ayant un indice de réfraction élevé et d'un film diélectrique (3L) ayant un faible indice de réfraction. À un indice de réfraction n comportant une épaisseur d [nm] et une longueur d'onde λ [nm], ledit film réfléchissant les rayons infrarouges (3) a : une première section d'empilement (31) comprenant au moins cinq couches empilées de façon consécutive d'un film diélectrique (311), dans laquelle n·d/λ est de 0,44 à 0,55 ; et une seconde section d'empilement (32) comprenant deux couches empilées de façon consécutive d'un film diélectrique (321), dans laquelle n·d/λ est de 0,03 à 0,12.
(JA)  合わせガラスとしたときに表面の色調が刺激色を帯びない良好な中間的色調となる赤外線反射基板を提供すること。 赤外線反射基板1は、透明基板2と、該透明基板2の一方の主面に設けられ、高屈折率の誘電体膜3Hと低屈折率の誘電体膜3Lとが交互に7層以上積層されてなる赤外線反射膜3とを有する。該赤外線反射膜3は、厚さをd[nm]、波長がλ[nm]のときの屈折率をnとしたとき、n・d/λ値が0.44~0.55である誘電体膜311が5層以上連続して積層されてなる第1の積層部31と、n・d/λ値が0.03~0.12である誘電体膜321が2層連続して積層されてなる第2の積層部32とを有する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PE, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関 (ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
Also published as:
JPWO2012008587