このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2012008579) 高弾性ステント及び高弾性ステントの製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2012/008579 国際出願番号: PCT/JP2011/066240
国際公開日: 19.01.2012 国際出願日: 15.07.2011
IPC:
A61F 2/91 (2013.01)
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
F
血管へ埋め込み可能なフィルター;補綴;人体の管状構造を開存させるまたは虚脱を防ぐ装置,例.ステント;整形外科用具,看護用具または避妊用具;温湿布;目または耳の治療または保護;包帯;被覆用品または吸収性パッド;救急箱
2
血管への植え込み可能なフィルター;補綴,すなわち,身体の各部分のための人工的代用品または代替物;身体とそれらを結合するための器具;人体の管状構造を開存させるまたは虚脱を防ぐ装置,例.ステント
82
人体の管状構造の開通状態を維持または閉塞を防止する装置,例.ステント
86
ワイヤ状の要素により形成されたことに特徴のあるステント;ネット状またはメッシュ状の構造により形成されたことに特徴のあるステント
90
ネット状またはメッシュ状の構造に特徴があるもの
91
穿孔されたシートまたは管より作られているもの,穿孔は例えば、レーザーカットまたはエッチングにより形成されたもの
出願人:
国立大学法人東北大学 TOHOKU UNIVERSITY [JP/JP]; 宮城県仙台市青葉区片平二丁目1番1号 1-1, Katahira 2-chome, Aoba-ku, Sendai-shi, Miyagi 9808577, JP (AllExceptUS)
山内 清 YAMAUCHI, Kiyoshi [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
山内 清 YAMAUCHI, Kiyoshi; JP
代理人:
酒井 宏明 SAKAI, Hiroaki; 東京都千代田区霞が関三丁目2番5号 霞が関ビルディング 酒井国際特許事務所 Sakai International Patent Office, Kasumigaseki Building, 2-5, Kasumigaseki 3-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1006020, JP
優先権情報:
2010-16039715.07.2010JP
2010-29356328.12.2010JP
発明の名称: (EN) HIGHLY ELASTIC STENT AND PRODUCTION METHOD FOR HIGHLY ELASTIC STENT
(FR) STENT À MODULE D'ÉLASTICITÉ ÉLEVÉ ET SON PROCÉDÉ DE PRODUCTION
(JA) 高弾性ステント及び高弾性ステントの製造方法
要約:
(EN) Disclosed is a stent (ST) formed from an alloy that exhibits superelasticity at body temperature, wherein at least one part of the stent has properties such that displacement increases with the load without there being a clear yield point in the load-displacement curves obtained from compression tests and bending tests. It is preferable for the alloy to be a Ti-Ni alloy, a Co-Cr alloy, or a stainless alloy.
(FR) L'invention concerne un stent (ST) formé à partir d'un alliage qui est superélastique à la température corporelle. Le stent comporte au moins une section ayant des propriétés qui permettent à la charge d'augmenter lors d'un déplacement sans fléchissement net des courbes de charge-déplacement basées sur des tests de compression et des tests de flexion. De préférence, l'alliage est un alliage de Ti-Ni, un alliage de Co-Cr ou un alliage inoxydable.
(JA)  生体温度で超弾性を示す合金から成るステントSTであって、少なくとも一部が、圧縮試験及び曲げ試験による荷重-変位曲線において明確な降伏を示さずに変位と共に荷重が増加する性質を有するものである。上記合金は、Ti-Ni合金、Co-Cr合金及びステンレス合金のいずれかであることが好ましい。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PE, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
EP2594232US20130204391JPWO2012008579