国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。フィードバック & お問い合わせ
1. (WO2012008302) miRNA導入による新規hiPSC作製法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2012/008302 国際出願番号: PCT/JP2011/064847
国際公開日: 19.01.2012 国際出願日: 28.06.2011
IPC:
C12N 15/113 (2010.01) ,A61K 31/7105 (2006.01) ,A61K 31/713 (2006.01) ,A61K 38/00 (2006.01) ,A61K 48/00 (2006.01) ,A61P 35/00 (2006.01) ,C12N 5/10 (2006.01)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
11
DNAまたはRNAフラグメント;その修飾物
113
遺伝子の発現を調節する非コード核酸、例.アンチセンスオリゴヌクレオチド
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
70
炭水化物;糖;その誘導体
7088
3個以上のヌクレオシドまたはヌクレオチドを持つ化合物
7105
天然のリボ核酸,すなわちアデニン,グアニン,シトシンまたはウラシルに結合したリボースのみを含み,3’-5’ホスホジエステル結合を持つもの
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
31
有機活性成分を含有する医薬品製剤
70
炭水化物;糖;その誘導体
7088
3個以上のヌクレオシドまたはヌクレオチドを持つ化合物
713
2本鎖の核酸またはオリゴヌクレオチド
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
38
ペプチドを含有する医療製剤
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
K
医薬用,歯科用又は化粧用製剤
48
遺伝子疾病を治療するために生体の細胞内に挿入する遺伝子物質を含有する医療用製剤;遺伝子治療
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
P
化合物または医薬製剤の特殊な治療活性
35
抗腫瘍剤
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
5
ヒト,動物または植物の未分化細胞,例.セルライン;組織;その培養または維持;そのための培地
10
外来遺伝物質の導入によって修飾された細胞,例.ウイルス形質転換細胞
出願人:
国立大学法人鳥取大学 NATIONAL UNIVERSITY CORPORATION TOTTORI UNIVERSITY [JP/JP]; 鳥取県鳥取市湖山町南4丁目101番地 101, Koyamacho-Minami 4-chome, Tottori-shi, Tottori 6808550, JP (AllExceptUS)
三浦 典正 MIURA, Norimasa [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
三浦 典正 MIURA, Norimasa; JP
代理人:
SK特許業務法人 SK INTELLECTUAL PROPERTY LAW FIRM; 東京都渋谷区桜丘町26-1セルリアンタワー15階 Cerulean Tower 15th Floor, 26-1, Sakuragaoka-cho, Shibuya-ku, Tokyo 1508512, JP
優先権情報:
2010-15819212.07.2010JP
2010-15819312.07.2010JP
2010-15819412.07.2010JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR PREPARING NOVEL HIPSC BY MEANS OF MIRNA INTRODUCTION
(FR) MÉTHODE DE PRÉPARATION DE NOUVELLES HIPSC PAR INTRODUCTION D'ARNMI
(JA) miRNA導入による新規hiPSC作製法
要約:
(EN) In order to reveal a novel compound that induces pluripotent stem cells and a new antineoplastic substance, disclosed is a pluripotent stem cell inducing agent that induces cells to become pluripotent stem cells, and that contains a single strand or double strand polynucleotide containing the base sequence of sequence number 41, or a base sequence that is said base sequence with respect to which 1-3 bases have been deleted, substituted, or inserted.
(FR) L’invention concerne un nouveau composé pouvant induire des cellules souches pluripotentes et une nouvelle substance antinéoplastique. Elle concerne un agent d'induction de cellules souches pluripotentes, qui transforme des cellules en cellules souches pluripotentes et contient un polynucléotide monocaténaire ou bicaténaire comprenant la séquence de base numéro 41, ou celle des séquences de base par rapport à laquelle 1 à 3 bases ont été délétées, substituées, ou insérées.
(JA) 多能性幹細胞を誘導する新規の化合物を明らかにする。新しい抗悪性腫瘍物質を明らかにする。 配列番号41の塩基配列、またはその塩基配列に対して1~3個の塩基が欠失、置換もしくは付加された塩基配列、を含む1本鎖または2本鎖のポリヌクレオチドを含有し、細胞を多能性幹細胞へ誘導する、多能性幹細胞誘導剤を提供する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PE, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関 (ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
Also published as:
EP2594644CN103097535US20130190389JPWO2012008302