このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2012008015) 溶解性物質濃縮システムおよび溶解性物質濃縮システムの運用方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2012/008015 国際出願番号: PCT/JP2010/061805
国際公開日: 19.01.2012 国際出願日: 12.07.2010
IPC:
C02F 1/16 (2006.01) ,C02F 1/04 (2006.01) ,C02F 1/14 (2006.01) ,C02F 1/44 (2006.01) ,F02C 6/18 (2006.01) ,F02G 5/02 (2006.01)
C 化学;冶金
02
水,廃水,下水または汚泥の処理
F
水,廃水,下水または汚泥の処理
1
水,廃水または下水の処理
02
加熱によるもの
04
蒸留または蒸発によるもの
16
他の工程からの廃熱を用いるもの
C 化学;冶金
02
水,廃水,下水または汚泥の処理
F
水,廃水,下水または汚泥の処理
1
水,廃水または下水の処理
02
加熱によるもの
04
蒸留または蒸発によるもの
C 化学;冶金
02
水,廃水,下水または汚泥の処理
F
水,廃水,下水または汚泥の処理
1
水,廃水または下水の処理
02
加熱によるもの
04
蒸留または蒸発によるもの
14
太陽エネルギーを用いるもの
C 化学;冶金
02
水,廃水,下水または汚泥の処理
F
水,廃水,下水または汚泥の処理
1
水,廃水または下水の処理
44
透析,浸透または逆浸透によるもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
C
ガスタービン設備;ジェット推進設備のための空気の取り入れ;空気吸込ジェット推進設備における燃料供給制御
6
複数形ガスタービン設備;ガスタービン設備と他の装置の結合(そのような装置に主な特徴のあるものについてはその装置に関連したクラスを参照);ガスタービン設備の特定の用途への適用
18
ガスタービン設備自体の外部でのガスタービン設備の排熱の利用,例.ガスタービン利用熱設備,
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
02
燃焼機関;熱ガスまたは燃焼生成物を利用する機関設備
G
熱ガスまたは燃焼生成容積型機関設備;燃焼機関の廃熱を利用するもので,他に分類されないもの
5
燃焼機関の廃熱を役立てるもので,他類に属しないもの
02
排気ガスの廃熱を役立てるもの
出願人:
株式会社日立製作所 HITACHI, LTD. [JP/JP]; 東京都千代田区丸の内一丁目6番6号 6-6, Marunouchi 1-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1008280, JP (AllExceptUS)
株式会社ササクラ SASAKURA ENGINEERING CO., LTD. [JP/JP]; 大阪府大阪市西淀川区御幣島6丁目7番5号 7-5, Mitejima 6-chome, Nishiyodogawa-ku, Osaka-shi, Osaka 5550012, JP (AllExceptUS)
陰山 晃治 KAGEYAMA Koji [JP/JP]; JP (UsOnly)
堀次 睦 HORITSUGI Mutsumi [JP/JP]; JP (UsOnly)
久芳 俊一 KUBA Shunichi [JP/JP]; JP (UsOnly)
野澤 庸之 NOZAWA Tsuneyuki [JP/JP]; JP (UsOnly)
原田 康ニ HARADA Koji [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
陰山 晃治 KAGEYAMA Koji; JP
堀次 睦 HORITSUGI Mutsumi; JP
久芳 俊一 KUBA Shunichi; JP
野澤 庸之 NOZAWA Tsuneyuki; JP
原田 康ニ HARADA Koji; JP
代理人:
春日 讓 KASUGA Yuzuru; 東京都中央区日本橋本町三丁目4番1号トリイ日本橋ビル Torii-nihonbashi Bldg., 4-1, Nihonbashi-honcho 3-chome, Chuo-ku, Tokyo 1030023, JP
優先権情報:
発明の名称: (EN) SOLUBLE-SUBSTANCE CONCENTRATION SYSTEM AND METHOD FOR OPERATING A SOLUBLE-SUBSTANCE CONCENTRATION SYSTEM
(FR) SYSTÈME DE CONCENTRATION DE SUBSTANCE SOLUBLE ET MÉTHODE D'EXPLOITATION D'UN SYSTÈME DE CONCENTRATION DE SUBSTANCE SOLUBLE
(JA) 溶解性物質濃縮システムおよび溶解性物質濃縮システムの運用方法
要約:
(EN) Disclosed is a soluble-substance concentration system whereby the treatment capacity of an evaporative concentration device is maintained even if an electricity demand decreases and a steam supply becomes insufficient or electricity-generation equipment stops and the steam supply stops. During normal operation, a gas-turbine electricity-generation device (11) both outputs electrical power (41) and discharges waste gas (31). Said waste gas (31) passes an auxiliary burner (40) and is provided to a waste-heat recovery boiler (12) as a hot gas (31). The waste-heat recovery boiler (12) generates steam (37) and provides said steam (37) to an evaporative concentration device (13). If the amount of steam supplied is determined to be insufficient, the auxiliary burner (16) activates. The auxiliary burner (16) heats the aforementioned waste gas (31) further, by using said waste gas as combustion air to burn additional fuel (22), and outputs a hot gas (32). Said hot gas (32) is provided to the waste-heat recovery boiler (12). This increases the amount of steam supplied from the waste-heat recovery boiler (12).
(FR) L'invention concerne un système de concentration de substance soluble dans lequel la capacité de traitement d'un dispositif de concentration évaporatif est maintenue même si une demande en électricité diminue et une alimentation en vapeur devient insuffisante, ou si l'équipement de production d'électricité s'arrête et l'alimentation en vapeur s'arrête. En fonctionnement normal, un dispositif de production d'électricité à turbine à gaz (11) produit de l'énergie électrique (41) et rejette un effluent gazeux (31). Ledit effluent gazeux (31) traverse un brûleur auxiliaire (40) et est envoyé dans une chaudière de récupération (12) sous la forme d'un gaz chaud (31). La chaudière de récupération (12) produit de la vapeur (37) et fournit ladite vapeur (37) à un dispositif de concentration évaporatif (13). Si la quantité de vapeur fournie est considérée comme insuffisante, le brûleur auxiliaire (16) s'active. Le brûleur auxiliaire (16) chauffe davantage ledit effluent gazeux (31), en utilisant ledit effluent gazeux comme air de combustion pour brûler du combustible supplémentaire (22), et produit en sortie un gaz chaud (32). Ledit gaz chaud (32) est envoyé dans la chaudière de récupération (12). Cela augmente la quantité de vapeur fournie par la chaudière de récupération (12).
(JA)  電力需要が低下して蒸気供給が不足する場合または発電設備が停止して蒸気供給が停止する場合においても、蒸発式濃縮装置の処理能力を維持する。 通常時、ガスタービン発電装置11は、電力41を出力するとともに、ガスタービン発電装置排ガス31を排出する。ガスタービン発電装置排ガス31は補助バーナ40を通過し、熱気体31として排熱回収ボイラ12に与えられる。排熱回収ボイラ12は、蒸気37を発生させ、発生した蒸気37は蒸発式濃縮装置11に与えられる。 蒸気供給量が不足していると判断されると、補助バーナ16が動作する。補助バーナ16は、ガスタービン発電装置排ガス31を燃焼空気として用い、追加燃料22を燃焼させて追い焚きをして熱気体32を出力する。熱気体32は排熱回収ボイラ12に与えられる。その結果、排熱回収ボイラ12からの蒸気供給量は増加する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PE, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
JPWO2012008015