国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。フィードバック & お問い合わせ
1. (WO2012005208) 光学フィルム用ドープの製造方法、光学フィルムの製造方法、光学フィルム、偏光板、及び液晶表示装置
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2012/005208 国際出願番号: PCT/JP2011/065266
国際公開日: 12.01.2012 国際出願日: 04.07.2011
IPC:
C08J 3/11 (2006.01) ,C08J 5/18 (2006.01) ,C08L 1/10 (2006.01) ,C08L 33/00 (2006.01) ,G02B 5/30 (2006.01) ,G02F 1/1335 (2006.01)
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
J
仕上げ;一般的混合方法;サブクラスC08B,C08C,C08F,C08GまたはC08Hに包含されない後処理(プラスチックの加工,例.成形B29)
3
高分子物質の処理方法または混合方法
02
溶液,乳化または懸濁重合以外の方法による溶液,分散液,ラテックスまたはゲルの製造
09
有機液体中のもの
11
固体ポリマーからのもの
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
J
仕上げ;一般的混合方法;サブクラスC08B,C08C,C08F,C08GまたはC08Hに包含されない後処理(プラスチックの加工,例.成形B29)
5
高分子物質を含む成形品の製造
18
フイルムまたはシートの製造
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L
高分子化合物の組成物
1
セルロース,変性セルロースまたはセルロース誘導体の組成物
08
セルロース誘導体
10
有機酸のエステル
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L
高分子化合物の組成物
33
ただ1つの炭素―炭素二重結合を含有する1個以上の不飽和脂肪族基をもち,そのうちのただ1つの脂肪族基がただ1つのカルボキシル基によって停止されている化合物,またはその塩,無水物,エステル,アミド,イミドまたはそのニトリルの単独重合体または共重合体の組成物;そのような重合体の誘導体の組成物
G 物理学
02
光学
B
光学要素,光学系,または光学装置
5
レンズ以外の光学要素
30
偏光要素
G 物理学
02
光学
F
光の強度,色,位相,偏光または方向の制御,例.スイッチング,ゲーテイング,変調または復調のための装置または配置の媒体の光学的性質の変化により,光学的作用が変化する装置または配置;そのための技法または手順;周波数変換;非線形光学;光学的論理素子;光学的アナログ/デジタル変換器
1
独立の光源から到達する光の強度,色,位相,偏光または方向の制御のための装置または配置,例.スィッチング,ゲーテイングまたは変調;非線形光学
01
強度,位相,偏光または色の制御のためのもの
13
液晶に基づいたもの,例.単一の液晶表示セル
133
構造配置;液晶セルの作動;回路配置
1333
構造配置
1335
セルと光学部材,例.偏光子,反射鏡,の構造的組合せ
出願人:
コニカミノルタアドバンストレイヤー株式会社 Konica Minolta Advanced Layers, Inc. [JP/JP]; 東京都八王子市石川町2970番地 2970, Ishikawa-machi, Hachioji-shi, Tokyo 1928505, JP (AllExceptUS)
宮本 圭 MIYAMOTO Kei [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
宮本 圭 MIYAMOTO Kei; JP
優先権情報:
2010-15424306.07.2010JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR PRODUCING DOPE FOR OPTICAL FILM, METHOD FOR PRODUCING OPTICAL FILM, OPTICAL FILM, POLARIZING PLATE, AND LIQUID CRYSTAL DISPLAY DEVICE
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION D'UN DOPANT POUR FILM OPTIQUE, PROCÉDÉ DE PRODUCTION DE FILM OPTIQUE, FILM OPTIQUE, PLAQUE POLARISANTE, ET DISPOSITIF D'AFFICHAGE À CRISTAUX LIQUIDES
(JA) 光学フィルム用ドープの製造方法、光学フィルムの製造方法、光学フィルム、偏光板、及び液晶表示装置
要約:
(EN) In order to provide a method for producing a dope for an optical film that enables an optical film having excellent transparency, heat resistance, humidity resistance, and processability to be produced, a method for producing a dope for an optical film comprising at least resin particles, and an acrylic resin and cellulose ester resin is disclosed. The method for producing a dope for an optical film that is to be used is characterized in that the mass ratio between the acrylic resin and the cellulose ester resin is from 95:5 to 30:70, and that after a resin composition has been prepared by mixing either the acrylic resin or the cellulose ester resin with a surfactant in a solvent, the resin particles are mixed and dispersed in the resin composition.
(FR) Afin de proposer un procédé de production d'un dopant pour film optique qui permette la production d'un film optique ayant une transparence, une résistance à la chaleur, une résistance à l'humidité et une aptitude au traitement excellentes, la présente invention concerne un procédé de production d'un dopant pour film optique comprenant au moins des particules de résine, et une résine acrylique et une résine ester de cellulose. Le procédé de production d'un dopant pour film optique qui doit être utilisé est caractérisé en ce que le rapport pondéral entre la résine acrylique et la résine d'ester de cellulose va de 95/5 à 30/70, et en ce que, une fois que la composition de résine a été préparée en mélangeant soit la résine acrylique soit la résine d'ester de cellulose avec un tensioactif dans un solvant, les particules de résine sont mélangées et dispersées dans la composition de résine.
(JA)  透明性、耐熱性、耐湿性、及び加工性に優れた光学フィルムを製造することができる光学フィルム用ドープの製造方法を提供するため、少なくとも樹脂粒子とアクリル系樹脂及びセルロースエステル系樹脂とを有する光学フィルム用ドープの製造方法であって、前記アクリル系樹脂と、前記セルロースエステル系樹脂との質量比が95:5から30:70であり、前記アクリル系樹脂と、前記セルロースエステル系樹脂との一方と、前記界面活性剤とを前記溶媒に混合し樹脂組成物を調製した後、前記樹脂粒子を前記樹脂組成物に混合し分散することを特徴とする光学フィルム用ドープの製造方法を用いる。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PE, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関 (ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
Also published as:
JPWO2012005208