このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2012005168) 自動分析装置
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2012/005168 国際出願番号: PCT/JP2011/065060
国際公開日: 12.01.2012 国際出願日: 30.06.2011
IPC:
G01N 35/02 (2006.01) ,G01N 35/00 (2006.01) ,G01N 35/04 (2006.01)
G 物理学
01
測定;試験
N
材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
35
グループ1/00から33/00のいずれか1つに分類される方法または材料に限定されない自動分析;そのための材料の取扱い
02
1以上の処理位置または分析位置へコンベア系によって移動させられる多数の試料容器を用いるもの
G 物理学
01
測定;試験
N
材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
35
グループ1/00から33/00のいずれか1つに分類される方法または材料に限定されない自動分析;そのための材料の取扱い
G 物理学
01
測定;試験
N
材料の化学的または物理的性質の決定による材料の調査または分析
35
グループ1/00から33/00のいずれか1つに分類される方法または材料に限定されない自動分析;そのための材料の取扱い
02
1以上の処理位置または分析位置へコンベア系によって移動させられる多数の試料容器を用いるもの
04
コンベア系の細部
出願人:
株式会社日立ハイテクノロジーズ HITACHI HIGH-TECHNOLOGIES CORPORATION [JP/JP]; 東京都港区西新橋一丁目24番14号 24-14, Nishi Shimbashi 1-chome, Minato-ku, Tokyo 1058717, JP (AllExceptUS)
東 信二 AZUMA Shinji [JP/JP]; JP (UsOnly)
山野 晃大 YAMANO Teruhiro [JP/JP]; JP (UsOnly)
渡辺 洋 WATANABE Hiroshi [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
東 信二 AZUMA Shinji; JP
山野 晃大 YAMANO Teruhiro; JP
渡辺 洋 WATANABE Hiroshi; JP
代理人:
春日 讓 KASUGA Yuzuru; 東京都中央区日本橋本町三丁目4番1号トリイ日本橋ビル Torii-nihonbashi Bldg., 4-1, Nihonbashi-honcho 3-chome, Chuo-ku, Tokyo 1030023, JP
優先権情報:
2010-15631109.07.2010JP
発明の名称: (EN) AUTOMATIC ANALYZER
(FR) ANALYSEUR AUTOMATIQUE
(JA) 自動分析装置
要約:
(EN) Disclosed is an automatic analyzer which includes a reagent probe and a reagent container transport mechanism, to at least any one of which a position sense mechanism is applied, thereby providing control so as not to move at least any one of the reagent probe and the reagent container transport mechanism or prohibiting a reset operation (initialization) thereof. This allows the automatic analyzer with a reagent transfer mechanism for automatically replacing the reagent container to have the height of movement of the reagent transfer mechanism which is flush with various units including the reagent probe, whereby the automatic analyzer is freed from operational problems while the size thereof can be reduced.
(FR) L'invention concerne un analyseur automatique qui comporte une sonde à réactifs et un mécanisme de transport de récipient de réactifs, à au moins n'importe quelle position un mécanisme de détection est appliqué, ce qui fournit une maîtrise de façon à ne pas déplacer au moins n'importe lequel de la sonde à réactif et du mécanisme de transport de récipient de réactifs ou interdit leur opération de réinitialisation (initialisation). Ainsi, l'analyseur automatique avec le mécanisme de transfert de réactifs pour remplacer automatiquement le récipient de réactifs pour avoir la hauteur de mouvement du mécanisme de transfert de réactifs qui est aligné avec diverses unités comportant la sonde à réactifs, l'analyseur automatique étant libéré des problèmes fonctionnels tandis qu'on peut réduire sa taille.
(JA)  試薬プローブ、または試薬容器移動機構の少なくともいずれかに位置検知機構を適用することによって、試薬プローブ、または試薬容器移動機構の少なくともいずれかの移動をしないよう制御、もしくはリセット動作(イニシャライズ)を禁止する。これによって、試薬容器を自動で交換する試薬搬送機構を有した自動分析装置において、試薬搬送機構の移動高さが、試薬プローブをはじめとした様々なユニットと同じにすることができるため、装置小型化を可能とした上で、動作に問題の無い自動分析装置を提供する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PE, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
US20130115134EP2592424CN102985830