このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2012005149) ブレーキシリンダ装置及びディスクブレーキ装置
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2012/005149 国際出願番号: PCT/JP2011/064883
国際公開日: 12.01.2012 国際出願日: 29.06.2011
IPC:
F16D 55/224 (2006.01) ,F16D 65/14 (2006.01) ,F16D 65/18 (2006.01) ,F16D 65/74 (2006.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
D
回転伝達用継ぎ手;クラッチ;ブレーキ
55
軸方向に加圧されるほぼ放射状のブレーキ面をもつブレーキ,例.ディスクブレーキ
02
軸方向に配設された回転部材に押し付けられる軸方向に可動なディスクまたはパッドをもつもの
22
2つの可動なブレーキ部材,例.可動なブレーキディスクまたはブレーキパッドの間で軸上に配設された回転するディスクを締め付けることによるもの
224
ブレーキ部材に協働する部材をもつもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
D
回転伝達用継ぎ手;クラッチ;ブレーキ
65
ブレーキの部品または細部
14
ブレーキ用の作動機構;定められた位置で作用を起こすための手段
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
D
回転伝達用継ぎ手;クラッチ;ブレーキ
65
ブレーキの部品または細部
14
ブレーキ用の作動機構;定められた位置で作用を起こすための手段
16
ブレーキ内またはブレーキ上に配置されたもの
18
部材を共に引き寄せることに適合されたもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
D
回転伝達用継ぎ手;クラッチ;ブレーキ
65
ブレーキの部品または細部
38
ゆるみ調節装置
72
流体圧によるもの
74
1つの方向に自動のもの
出願人:
ナブテスコ株式会社 NABTESCO CORPORATION [JP/JP]; 東京都千代田区平河町二丁目7番9号 7-9, Hirakawacho 2-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1020093, JP (AllExceptUS)
大野智也 OHNO, Tomoya [JP/JP]; JP (UsOnly)
中村丈一 NAKAMURA, Jyoichi [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
大野智也 OHNO, Tomoya; JP
中村丈一 NAKAMURA, Jyoichi; JP
代理人:
特許業務法人ワンディーIPパートナーズ ONEDEE IP PARTNERS; 大阪府大阪市淀川区宮原四丁目1番4号新大阪センタービル Shin-Osaka Center Bldg. 1-4, Miyahara 4-chome, Yodogawa-ku Osaka-shi, Osaka 5320003, JP
優先権情報:
2010-15297905.07.2010JP
発明の名称: (EN) BRAKE CYLINDER DEVICE AND DISC BRAKE DEVICE
(FR) DISPOSITIF CYLINDRE DE FREIN ET DISPOSITIF FREIN À DISQUE
(JA) ブレーキシリンダ装置及びディスクブレーキ装置
要約:
(EN) Disclosed is a compact brake cylinder device which, while avoiding increases in the size of the device, is capable of increasing the braking force outputted from a brake output unit which moves together with a rod. A rod (22) is provided inside of a cylinder body (20) so as to freely move in the advancing and retracting directions of the cylinder shaft direction. A piston (24) partitions a pressure chamber (44) inside of the cylinder body (20), surrounding the circumference of the rod (22), and moves in a linear direction parallel to the movement direction of the rod (22). By supplying a pressure fluid to the pressure chamber (44), the piston (24) resists the biasing force of a biasing spring (23) and moves in the retracting direction relative to the cylinder body (20). At that time, a force-multiplication mechanism (25) converts the linear direction drive force generated by the piston (24) to a rotational direction, moves the rod (22) in the advancing direction, and multiplies the drive force from the piston (24) to act on the rod (22). A brake output unit (21) moves together with the rod (22) in the advancing direction and outputs a braking force.
(FR) L'invention concerne un dispositif cylindre de frein compact permettant, sans que ses dimensions soient accrues, d'augmenter la force de freinage émise en sortie par une unité de sortie de frein qui se déplace avec une tige. Une tige (22) est disposée à l'intérieur d'un corps de cylindre (20) de sorte à se déplacer librement dans le sens d'avancée et de retrait de l'arbre de cylindre. Un piston (24) divise une chambre de pression (44) à l'intérieur du corps de cylindre (20), entourant la circonférence de la tige (22), et se déplace dans un sens linéaire parallèle au sens de déplacement de la tige (22). L'acheminement d'un fluide sous pression dans la chambre de pression (44) permet au piston (24) de résister à la force de sollicitation d'un ressort de sollicitation (23) et de se déplacer dans le sens de retrait par rapport au corps de cylindre (20). Dans le même temps, un mécanisme de multiplication de force (25) convertit la force d'entraînement dans le sens linéaire générée par le piston (24) dans un sens de rotation, déplace la tige (22) dans le sens d'avancée et multiplie la force d'entraînement du piston (24) pour agir sur la tige (22). Une unité de sortie de frein (21) se déplace avec la tige (22) dans le sens d'avancée et émet en sortie une force de freinage.
(JA)  装置の大型化を抑制しつつ、ロッドとともに移動するブレーキ出力部から出力されるブレーキ力を増加させることが可能な小型のブレーキシリンダ装置を提供する。 ロッド22は、シリンダ本体20の内側でシリンダ軸方向の進出及び退避方向に移動自在に設けられる。ピストン24は、シリンダ本体20内にて、圧力室44を区画してロッド22の軸周りを囲み、ロッド22の移動方向と平行な直線方向に移動する。圧力室44に圧力流体が供給されることでロッド付勢バネ23の付勢力に抗してピストン24がシリンダ本体20に対して退避方向に移動する。このとき、増力機構25が、ピストン24にて発生する直線方向の駆動力を回転方向に変換し、ロッド22を進出方向に移動させ、ピストン24からの駆動力を増力してロッド22に対して作用させる。ブレーキ出力部21は、ロッド22とともに進出方向に移動してブレーキ力を出力する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PE, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
CN102985718JPWO2012005149