国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。フィードバック & お問い合わせ
1. (WO2012004992) ロータリ圧縮機及び冷凍サイクル装置
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2012/004992 国際出願番号: PCT/JP2011/003868
国際公開日: 12.01.2012 国際出願日: 06.07.2011
IPC:
F04C 18/356 (2006.01) ,F04C 23/00 (2006.01) ,F25B 1/00 (2006.01) ,F25B 1/04 (2006.01) ,F25B 43/00 (2006.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
04
液体用容積形機械;液体または圧縮性流体用ポンプ
C
液体用回転ピストンまたは揺動ピストン容積形機械;回転ピストンまたは揺動ピストン容積形ポンプ
18
圧縮性流体に特に適した回転ピストンポンプ
30
グループ18/02,18/08,18/22,18/24,18/48の2つ以上のグループに包含される特徴をもつもの,またはこれらのグループの1つに包含される特徴をもち,さらに共動部材間の他の運動形式を合せもつもの
34
グループ18/08または18/22に規定された運動および共動部材間の相対的な往復運動の両方をするもの
356
外側部材については往復運動するベーンをもつもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
04
液体用容積形機械;液体または圧縮性流体用ポンプ
C
液体用回転ピストンまたは揺動ピストン容積形機械;回転ピストンまたは揺動ピストン容積形ポンプ
23
圧縮性流体に特に適した,2つ以上のポンプの組み合わせで,それぞれが回転ピストンまたは揺動ピストン形であるもの;圧縮性流体に特に適したポンプ装置;圧縮性流体に特に適した多段ポンプ
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
25
冷凍または冷却;加熱と冷凍との組み合わせシステム;ヒートポンプシステム;氷の製造または貯蔵;気体の液化または固体化
B
冷凍機械,プラントまたはシステム;加熱と冷凍の組み合わせシステム;ヒート・ポンプ・システム
1
不可逆サイクルによる圧縮式機械,プラントまたはシステム
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
25
冷凍または冷却;加熱と冷凍との組み合わせシステム;ヒートポンプシステム;氷の製造または貯蔵;気体の液化または固体化
B
冷凍機械,プラントまたはシステム;加熱と冷凍の組み合わせシステム;ヒート・ポンプ・システム
1
不可逆サイクルによる圧縮式機械,プラントまたはシステム
04
回転式圧縮機によるもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
25
冷凍または冷却;加熱と冷凍との組み合わせシステム;ヒートポンプシステム;氷の製造または貯蔵;気体の液化または固体化
B
冷凍機械,プラントまたはシステム;加熱と冷凍の組み合わせシステム;ヒート・ポンプ・システム
43
気体または液体の分離または精製装置;液体冷媒の残滓を蒸発させる装置,例.加熱によるもの
出願人:
パナソニック株式会社 PANASONIC CORPORATION [JP/JP]; 大阪府門真市大字門真1006番地 1006, Oaza Kadoma, Kadoma-shi, Osaka 5718501, JP (AllExceptUS)
尾形 雄司 OGATA, Takeshi; null (UsOnly)
岡市 敦雄 OKAICHI, Atsuo; null (UsOnly)
長谷川 寛 HASEGAWA, Hiroshi; null (UsOnly)
発明者:
尾形 雄司 OGATA, Takeshi; null
岡市 敦雄 OKAICHI, Atsuo; null
長谷川 寛 HASEGAWA, Hiroshi; null
代理人:
鎌田 耕一 KAMADA, Koichi; 大阪府大阪市北区西天満4丁目3番25号梅田プラザビル別館8階 8th Fl., UMEDA PLAZA BLDG. ANNEX, 4-3-25, Nishitenma, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka 5300047, JP
優先権情報:
2010-15603408.07.2010JP
発明の名称: (EN) ROTARY COMPRESSOR AND REFRIGERATION CYCLE DEVICE
(FR) COMPRESSEUR ROTATIF ET DISPOSITIF DE CYCLE DE REFROIDISSEMENT
(JA) ロータリ圧縮機及び冷凍サイクル装置
要約:
(EN) A rotary compressor (102) comprises a shaft (4), a cylinder (5), a piston (8), a first vane (32), a second vane (33), a first suction hole (19), and a second suction hole (20). The first vane (32) partitions the space between the cylinder (5) and the piston (8) along the circumferential direction of the piston (8). The second vane (33) further partitions the space partitioned by the first vane (32), along the circumferential direction of the piston (8) so that a first compression chamber (25) and a second compression chamber (26) having a smaller volume than the first compression chamber (25) are formed within the cylinder (5). The first suction hole (19) guides operating fluid into the first compression chamber (25). The second suction hole (20) guides operating fluid into the second compression chamber (26). A suction check valve (50) is provided in the second suction hole (20).
(FR) L'invention concerne un compresseur rotatif (102), lequel possède: un arbre (4), un cylindre (5), un piston (8), une première valve (32), une seconde valve (33), un premier trou d'aspiration (19) et un second trou d'aspiration (20). La première valve (32) sépare l'espace entre le cylindre (5) et le piston (8) en suivant la direction circonférentielle du piston (8). La seconde valve (33) sépare davantage l'espace déjà séparé au moyen de la première valve (32), en suivant la direction circonférentielle du piston (8), afin de former une première chambre de compression (25) et une seconde chambre de compression (26) dont le volume est inférieur à celui de la première chambre de compression (25). Le premier trou d'aspiration (19) guide le fluide thermodynamique dans la première chambre de compression (25). Le second trou d'aspiration (20) guide le fluide thermodynamique dans la seconde chambre de compression (26). Dans le deuxième trou d'aspiration (20) est placé un clapet de non retour (50).
(JA)  ロータリ圧縮機102は、シャフト4、シリンダ5、ピストン8、第1ベーン32、第2ベーン33、第1吸入孔19及び第2吸入孔20を有する。第1ベーン32は、シリンダ5とピストン8との間の空間をピストン8の周方向に沿って仕切っている。第2ベーン33は、第1圧縮室25と、第1圧縮室25の容積よりも小さい容積を有する第2圧縮室26とがシリンダ5内に形成されるように、第1ベーン32によって仕切られた空間をピストン8の周方向に沿ってさらに仕切っている。第1吸入孔19は、作動流体を第1圧縮室25に導く。第2吸入孔20は、作動流体を第2圧縮室26に導く。第2吸入孔20には、吸入逆止弁50が設けられている。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PE, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関 (ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
Also published as:
US20120174618EP2592278CN102597523JPWO2012004992