このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2012002546) Bステージシート、樹脂付金属箔、金属基板、及びLED基板
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2012/002546 国際出願番号: PCT/JP2011/065227
国際公開日: 05.01.2012 国際出願日: 01.07.2011
IPC:
C08L 63/00 (2006.01) ,B32B 15/08 (2006.01) ,C08G 59/24 (2006.01) ,C08G 59/62 (2006.01) ,C08K 3/22 (2006.01) ,H01L 33/64 (2010.01)
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L
高分子化合物の組成物
63
エポキシ樹脂の組成物;エポキシ樹脂の誘導体の組成物
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
15
本質的に金属からなる積層体
04
層の主なまたは唯一の構成要素が金属からなり,特定物質の他の層に隣接したもの
08
合成樹脂の層に隣接したもの
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
G
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
59
1分子中に1個より多くのエポキシ基を含有する重縮合物;エポキシ重縮合物と単官能性低分子量化合物との反応によって得られる高分子化合物;エポキシ基と反応する硬化剤または触媒を用いて1分子中に1個より多くのエポキシ基を含有する化合物を重合することにより得られる高分子化合物
18
エポキシ基と反応する硬化剤または触媒を用いて1分子中に1個より多くのエポキシ基を含む化合物を重合することにより得られる高分子化合物
20
用いられたエポキシ化合物に特徴のあるもの
22
ジエポキシ化合物
24
炭素環式
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
G
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
59
1分子中に1個より多くのエポキシ基を含有する重縮合物;エポキシ重縮合物と単官能性低分子量化合物との反応によって得られる高分子化合物;エポキシ基と反応する硬化剤または触媒を用いて1分子中に1個より多くのエポキシ基を含有する化合物を重合することにより得られる高分子化合物
18
エポキシ基と反応する硬化剤または触媒を用いて1分子中に1個より多くのエポキシ基を含む化合物を重合することにより得られる高分子化合物
40
用いられた硬化剤に特徴のあるもの
62
アルコールまたはフェノール
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
K
無機または非高分子有機物質の添加剤としての使用(ペイント,インキ,ワニス,染料,艶出剤,接着剤C09)
3
無機配合成分の使用
18
酸素含有化合物,例.金属カルボニル
20
酸化物;水酸化物
22
金属の
H 電気
01
基本的電気素子
L
半導体装置,他に属さない電気的固体装置
33
光の放出に特に適用される少なくとも1つの電位障壁または表面障壁を有する半導体装置;それらの装置またはその部品の製造,あるいは処理に特に適用される方法または装置;それらの装置の細部
48
半導体素子本体のパッケージに特徴のあるもの
64
放熱または冷却要素
出願人:
日立化成工業株式会社 Hitachi Chemical Company, Ltd. [JP/JP]; 東京都新宿区西新宿2丁目1番1号 1-1,Nishi-Shinjuku 2-chome, Shinjuku-ku, Tokyo 1630449, JP (AllExceptUS)
竹澤 由高 TAKEZAWA, Yoshitaka [JP/JP]; JP (UsOnly)
天沼 真司 AMANUMA, Shinji [JP/JP]; JP (UsOnly)
小林 雄二 KOBAYASHI, Yuuji [JP/JP]; JP (UsOnly)
田仲 裕之 TANAKA, Hiroyuki [JP/JP]; JP (UsOnly)
原 直樹 HARA, Naoki [JP/JP]; JP (UsOnly)
吉原 謙介 YOSHIHARA, Kensuke [JP/JP]; JP (UsOnly)
陶 晴昭 SUE, Haruaki [JP/JP]; JP (UsOnly)
宮崎 靖夫 MIYAZAKI, Yasuo [JP/JP]; JP (UsOnly)
福田 和真 FUKUDA, Kazumasa [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
竹澤 由高 TAKEZAWA, Yoshitaka; JP
天沼 真司 AMANUMA, Shinji; JP
小林 雄二 KOBAYASHI, Yuuji; JP
田仲 裕之 TANAKA, Hiroyuki; JP
原 直樹 HARA, Naoki; JP
吉原 謙介 YOSHIHARA, Kensuke; JP
陶 晴昭 SUE, Haruaki; JP
宮崎 靖夫 MIYAZAKI, Yasuo; JP
福田 和真 FUKUDA, Kazumasa; JP
代理人:
膝舘 祥治 HIZATATE, Shoji; 東京都新宿区新宿4丁目3番17号 HK新宿ビル7階 太陽国際特許事務所 TAIYO, NAKAJIMA & KATO, Seventh Floor, HK-Shinjuku Bldg., 3-17, Shinjuku 4-chome, Shinjuku-ku, Tokyo 1600022, JP
優先権情報:
2010-15234602.07.2010JP
2010-15234702.07.2010JP
発明の名称: (EN) B STAGE SHEET, METAL FOIL WITH APPLIED RESIN, METAL SUBSTRATE AND LED SUBSTRATE
(FR) FEUILLE DE RÉSINE DE STADE B INTERMÉDIAIRE, FILM MÉTALLIQUE AVEC APPLICATION DE RÉSINE, SUBSTRAT MÉTALLIQUE ET SUBSTRAT DE DIODE ÉLECTROLUMINESCENTE
(JA) Bステージシート、樹脂付金属箔、金属基板、及びLED基板
要約:
(EN) A B stage sheet is configured from a semi-cured epoxy resin composition that comprises epoxy resin with a biphenyl structure, curing agent having a partial structure represented by general formula (IIa), inorganic filler and elastomer. In the formula, m and n represent positive numbers and Ar represents a group represented by general formula (IIIa) or (IIIb). R11 and R14 represent hydrogen atoms or hydroxyl groups. R12 and R13 represent hydrogen atoms or alkyl groups.
(FR) La présente invention concerne une de résine de stade B intermédiaire configurée à partir d'une composition de résine époxy semi-durcie comportant une résine époxy avec une structure biphénylique, un agent de durcissement ayant une structure partielle représentée par la formule générale (IIa), une charge inorganique et un élastomère. Dans la formule, m et n représentent des nombres positifs, et Ar représente un groupe de formule générale (IIIa) ou (IIIb); R11 et R14 représentent des atomes d'hydrogène ou des groupes hydroxyles; R12 et R13 représentent des atomes d'hydrogène ou des groupes alkyles.
(JA)  Bステージシートを、ビフェニル構造を有するエポキシ樹脂と、下記一般式(IIa)等で表される部分構造を有する硬化剤と、無機充填剤と、エラストマとを含有するエポキシ樹脂組成物の半硬化物から構成する。下記式中、m及びnは正の数を示し、Arは下記一般式(IIIa)又は(IIIb)で表される基を示す。R11及びR14は水素原子又は水酸基を示す。R12及びR13は水素原子又はアルキル基を示す。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PE, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
JP2012031401CN102959005JPWO2012002546KR1020130037686JP2016047932JP2017014521
JP2018040009