このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2012002506) ディスプレイ装置の前面板用のガラス基板の強度を高める方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2012/002506 国際出願番号: PCT/JP2011/065087
国際公開日: 05.01.2012 国際出願日: 30.06.2011
IPC:
G02F 1/1333 (2006.01) ,C03C 21/00 (2006.01) ,C03B 27/04 (2006.01) ,G09F 9/00 (2006.01)
G 物理学
02
光学
F
光の強度,色,位相,偏光または方向の制御,例.スイッチング,ゲーテイング,変調または復調のための装置または配置の媒体の光学的性質の変化により,光学的作用が変化する装置または配置;そのための技法または手順;周波数変換;非線形光学;光学的論理素子;光学的アナログ/デジタル変換器
1
独立の光源から到達する光の強度,色,位相,偏光または方向の制御のための装置または配置,例.スィッチング,ゲーテイングまたは変調;非線形光学
01
強度,位相,偏光または色の制御のためのもの
13
液晶に基づいたもの,例.単一の液晶表示セル
133
構造配置;液晶セルの作動;回路配置
1333
構造配置
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
C
ガラス,うわ薬またはガラス質ほうろうの化学組成;ガラスの表面処理;ガラス,鉱物またはスラグからの繊維またはフィラメントの表面処理;ガラスのガラスまたは他物質への接着
21
繊維やフィラメントの形態をとらないガラスの,表面にイオンまたは金属を拡散することによる表面処理
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
B
ガラス、鉱物またはスラグウールの製造または成形;または、ガラス、鉱物またはスラグウールの製造または成形における補助プロセス
27
ガラス製品の熱強化
04
気体の使用
G 物理学
09
教育;暗号方法;表示;広告;シール
F
表示;広告;サイン;ラベルまたはネームプレート;シール
9
情報が個別素子の選択または組合わせによって支持体上に形成される可変情報用の指示装置
出願人:
旭硝子株式会社 ASAHI GLASS COMPANY, LIMITED [JP/JP]; 東京都千代田区丸の内一丁目5番1号 5-1, Marunouchi 1-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1008405, JP (AllExceptUS)
堀 順士 HORI, Junji [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
堀 順士 HORI, Junji; JP
代理人:
泉名 謙治 SENMYO, Kenji; 東京都千代田区神田紺屋町17番地 SIA神田スクエア4階 4th Floor, SIA Kanda Square 17, Kanda-konyacho Chiyoda-ku, Tokyo 1010035, JP
優先権情報:
2010-14956930.06.2010JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR HEIGHTENING STRENGTH OF GLASS SUBSTRATE FOR FRONT PLATE OF DISPLAY DEVICE
(FR) PROCÉDÉ POUR AUGMENTER LA RÉSISTANCE D'UN SUBSTRAT DE VERRE POUR PLAQUE AVANT DE DISPOSITIF D'AFFICHAGE
(JA) ディスプレイ装置の前面板用のガラス基板の強度を高める方法
要約:
(EN) A method is provided with which it is possible to further heighten the strength of a glass substrate for display devices. The method is for heightening the strength of a glass substrate for use as the front plate of a display device, and is characterized by (a) preparing a glass substrate containing an alkali metal, (b) physically strengthening the glass substrate, and (c) chemically strengthening the physically strengthened glass substrate. With this method, a compressive stress layer is formed in at least some of the surfaces of the glass substrate, the compressive stress layer having a thickness at least 1/8 the thickness of the glass substrate. The outermost surface of the compressive stress layer has a value of compressive stress which is equal to or higher than the compressive stress value of the outermost surface of a compressive stress layer that is obtained when the glass substrate is subjected to the chemical strengthening only.
(FR) L'invention concerne un procédé avec lequel il est possible d'augmenter davantage la résistance d'un substrat de verre pour des dispositifs d'affichage. Le procédé consiste à augmenter la résistance d'un substrat de verre à utiliser comme plaque avant d'un dispositif d'affichage, et est caractérisé par (a) la préparation d'un substrat de verre contenant un métal alcalin, (b) le renforcement physique du substrat de verre, et (c) le renforcement chimique du substrat de verre renforcé physiquement. Avec ce procédé, une couche de contrainte de compression est formée dans au moins quelques unes des surfaces du substrat de verre, la couche de contrainte de compression ayant une épaisseur d'au moins 1/8 de l'épaisseur du substrat de verre. La surface extérieure de la couche de contrainte de compression a une valeur de contrainte de compression qui est égale ou supérieure à la valeur de contrainte de compression de la surface extérieure d'une couche de contrainte de compression qui est obtenue quand le substrat de verre est soumis au renforcement chimique seulement.
(JA)  ディスプレイ装置用のガラス基板の強度をより一層高めることの可能な方法を提供する。 ディスプレイ装置の前面板用のガラス基板の強度を高める方法であって、(a)アルカリ金属を含むガラス基板を準備し、(b)前記ガラス基板を物理強化処理し、(c)前記物理強化処理されたガラス基板を化学強化処理し、これにより、前記ガラス基板の表面の少なくとも一部に圧縮応力層が形成され、前記圧縮応力層は、前記ガラス基板の厚さの1/8以上の厚さを有し、前記圧縮応力層の最表面での圧縮応力値は、前記ガラス基板に対して化学強化処理のみを実施した際に得られる圧縮応力層の最表面での圧縮応力値と同等以上であることを特徴とする方法。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PE, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)