国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。フィードバック & お問い合わせ
1. (WO2012002340) 成形体の製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2012/002340 国際出願番号: PCT/JP2011/064719
国際公開日: 05.01.2012 国際出願日: 27.06.2011
IPC:
B29C 70/06 (2006.01) ,B32B 5/28 (2006.01) ,B29C 43/12 (2006.01) ,B29C 43/18 (2006.01) ,B29C 43/56 (2006.01)
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
70
複合材料,すなわち補強材,充填材,あるいは予備成形部品からなるプラスチック材料,例.挿入物の成形
04
補強材のみを含むもの,例.自己強化プラスチック
06
繊維状の補強材のみ
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
5
層の不均質または物理的な構造を特徴とする積層体
22
2つまたはそれ以上の層があることを特徴とするもので,各々の層は繊維,繊条,微粒,または粉,または発泡した,または特に多孔性のものからなるもの
24
1つの層が繊維層または繊条層であるもの
28
プラスチック物質で含浸されまたはその中に埋めこまれたもの
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
43
圧縮成形,すなわち,付加された外部圧で成形材料を流動させるもの;そのための装置
02
一定長の物品,すなわち.不連続物品,の圧縮成形
10
均等圧によるもの,すなわち.剛性部品またはダイスに対して非剛性圧力を作用させるもの
12
成形材料を包囲する袋を使用するもの
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
43
圧縮成形,すなわち,付加された外部圧で成形材料を流動させるもの;そのための装置
02
一定長の物品,すなわち.不連続物品,の圧縮成形
18
あらかじめ形成された部品または層状物品と一体化するもの,例.挿入物の周囲へまたは物品を被覆するための
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
43
圧縮成形,すなわち,付加された外部圧で成形材料を流動させるもの;そのための装置
32
構成部品,細部または付属装置;補助操作
56
特別の条件,例.真空,下での圧縮成形
出願人:
三菱重工業株式会社 MITSUBISHI HEAVY INDUSTRIES, LTD. [JP/JP]; 東京都港区港南二丁目16番5号 16-5, Konan 2-chome, Minato-ku, Tokyo 1088215, JP (AllExceptUS)
社団法人日本航空宇宙工業会 THE SOCIETY OF JAPANESE AEROSPACE COMPANIES [JP/JP]; 東京都港区赤坂1丁目1番14号 NOF溜池ビル2階 NOF TAMEIKE BLDG. 2F 1-1-14, AKASAKA, MINATO-KU, Tokyo 1070052, JP (AllExceptUS)
清水 隆之 SHIMIZU, Takayuki [JP/JP]; JP (UsOnly)
永友 勇也 NAGATOMO, Yuya [JP/JP]; JP (UsOnly)
三輪 大輔 MIWA, Daisuke [JP/JP]; JP (UsOnly)
荒川 宗平 ARAKAWA, Sohei [JP/JP]; JP (UsOnly)
西岡 亨 NISHIOKA, Ryo [JP/JP]; JP (UsOnly)
渋谷 祐介 SHIBUYA, Yusuke [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
清水 隆之 SHIMIZU, Takayuki; JP
永友 勇也 NAGATOMO, Yuya; JP
三輪 大輔 MIWA, Daisuke; JP
荒川 宗平 ARAKAWA, Sohei; JP
西岡 亨 NISHIOKA, Ryo; JP
渋谷 祐介 SHIBUYA, Yusuke; JP
代理人:
藤田 考晴 FUJITA, Takaharu; 神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1 横浜ランドマークタワー37F 37F The Landmark Tower Yokohama, 2-2-1, Minatomirai, Nishi-ku, Yokohama-shi, Kanagawa 2208137, JP
優先権情報:
2010-15121801.07.2010JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR PRODUCING MOLDED BODY
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION D'UN CORPS MOULÉ
(JA) 成形体の製造方法
要約:
(EN) Disclosed is a method for producing a molded body, wherein a matrix of a composite material is prevented from penetrating into a carbon foam. Specifically disclosed is a method for producing a molded body (1), which comprises: a step wherein a thermosetting adhesive (3) is disposed on a porous body (2); a step wherein a composite material (4), which contains a thermosetting resin as a matrix, is disposed on the adhesive (3); a step wherein the adhesive (3) is cured; and a step wherein the matrix of the composite material (4) is liquefied and cured after the adhesive (3) has been cured. In the above-described production method, since the cured adhesive (3) is firmly bonded to the porous body (2) before liquefying the matrix of the composite material (4), the matrix of the composite material (4), which is liquefied thereafter, can be prevented from entering into the inside of the porous body (2).
(FR) L'invention concerne un procédé de production d'un corps moulé, une matrice d'un matériau composite étant empêchée de pénétrer dans une mousse de carbone. Spécifiquement, l'invention concerne un procédé de production d'un corps moulé (1), qui comprend : une étape où un adhésif thermodurcissable (3) est disposé sur un corps poreux (2) ; une étape où un matériau composite (4), qui contient une résine thermodurcissable comme matrice, est disposé sur l'adhésif (3) ; une étape où l'adhésif (3) est durci ; et une étape où la matrice du matériau composite (4) est liquéfiée et durcie après durcissement de l'adhésif (3). Dans le procédé de production décrit ci-dessus, puisque l'adhésif durci (3) est fermement lié au corps poreux (2) avant liquéfaction de la matrice du matériau composite (4), la matrice du matériau composite (4), qui est liquéfiée après cela, peut être empêchée d'entrer à l'intérieur du corps poreux (2).
(JA)  複合材料のマトリックスが炭素発泡体内部に浸透しないような成形体の製造方法を提供することを目的とする。多孔体(2)上に、熱硬化性の接着剤(3)を配置する工程と、接着剤(3)の上に、熱硬化性樹脂をマトリックスとする複合材料(4)を配置する工程と、接着剤(3)を硬化させる工程と、接着剤(3)を硬化させた後に、複合材料(4)のマトリックスを液状化及び硬化させる工程と、を備える成形体(1)の製造方法である。上記製造方法によれば、複合材料(4)のマトリックスを液状化させる前に、硬化された接着剤(3)が多孔体(2)と強く結合するため、その後液状化された複合材料(4)のマトリックスが、多孔体(2)の内部へ侵入することを防止できる。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PE, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関 (ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
Also published as:
US20130189430EP2589484