国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。フィードバック & お問い合わせ
1. (WO2012002120) 無鉛低融点ガラス組成物
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2012/002120 国際出願番号: PCT/JP2011/063198
国際公開日: 05.01.2012 国際出願日: 09.06.2011
IPC:
H01J 9/02 (2006.01) ,C03C 3/066 (2006.01) ,C03C 3/145 (2006.01) ,C03C 8/24 (2006.01)
H 電気
01
基本的電気素子
J
電子管または放電ランプ
9
電子管,放電ランプまたはその部品の製造に特に適用される装置または方法;電子管または放電ランプからの材料の回収
02
電極または電極システムの製造
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
C
ガラス,うわ薬またはガラス質ほうろうの化学組成;ガラスの表面処理;ガラス,鉱物またはスラグからの繊維またはフィラメントの表面処理;ガラスのガラスまたは他物質への接着
3
ガラスの組成物
04
シリカを含むもの
062
重量比40%未満のシリカを有するもの
064
ほう素を含むもの
066
亜鉛を含むもの
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
C
ガラス,うわ薬またはガラス質ほうろうの化学組成;ガラスの表面処理;ガラス,鉱物またはスラグからの繊維またはフィラメントの表面処理;ガラスのガラスまたは他物質への接着
3
ガラスの組成物
12
シリカを含まない酸化物ガラス組成物
14
ほう素を含むもの
145
アルミニウムまたはベリリウムを含むもの
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
C
ガラス,うわ薬またはガラス質ほうろうの化学組成;ガラスの表面処理;ガラス,鉱物またはスラグからの繊維またはフィラメントの表面処理;ガラスのガラスまたは他物質への接着
8
ほうろう;うわ薬;非フリット添加物をもつフリット組成物である溶融封止剤組成物
24
非フリット添加物をもつフリット組成である溶融封止剤組成物,すなわち.異種材料,例.ガラスおよび金属,の間のシールとして用いるためのもの;ガラスはんだ
出願人:
セントラル硝子株式会社 CENTRAL GLASS COMPANY, LIMITED [JP/JP]; 山口県宇部市大字沖宇部5253番地 5253, Oaza Okiube, Ube-shi, Yamaguchi 7550001, JP (AllExceptUS)
濱田 潤 HAMADA, Jun; null (UsOnly)
発明者:
濱田 潤 HAMADA, Jun; null
代理人:
小林 博通 KOBAYASHI, Hiromichi; 東京都中央区明石町1番29号 掖済会ビル SHIGA内外国特許事務所内 c/o Shiga Patent Office Ekisaikai Bldg. 1-29, Akashi-cho Chuo-ku, Tokyo 1040044, JP
優先権情報:
2010-14780529.06.2010JP
発明の名称: (EN) LEAD-FREE LOW MELTING POINT GLASS COMPOSITION
(FR) COMPOSITION DE VERRE SANS PLOMB À BAS POINT DE FUSION
(JA) 無鉛低融点ガラス組成物
要約:
(EN) Disclosed is a low melting point glass composition which contains virtually no lead components and contains, in terms of mass%, 0-8% SiO2, 2-12% B2O3, 2-7% ZnO, 0.5-3% RO (MgO+CaO+SrO+BaO), 0.5-5% CuO, 80-90% Bi2O3, 0.1-3% Fe2O3, and 0.1-3% Al2O3. The disclosed glass composition is stable and does not tend to crystallise under high temperatures, and thus can be used as a sealing material or insulating coating material for electronic substrates.
(FR) Composition de verre à bas point de fusion qui ne contient pratiquement pas de composants de plomb et contient, en termes de % en poids, 0 à 8 % de SiO2, 2 à 12 % de B2O3, 2 à 7 % de ZnO, 0,5 à 3 % de RO (MgO+CaO+SrO+BaO), 0,5 à 5 % de CuO, 80 à 90 % de Bi2O3, 0,1 à 3 % de Fe2O3, et 0,1 à 3 % d'Al2O3. La composition de verre décrite est stable et n'a pas tendance à cristalliser à températures élevées. Elle peut, par conséquent, être utilisée à titre de matériau d'étanchéité ou matériau de revêtement isolant pour des substrats électroniques.
(JA) 開示されているのは、実質的に鉛成分を含まず、質量%でSiO2を0~8、B23を2~12、ZnOを2~7、RO(MgO+CaO+SrO+BaO)を0.5~3、CuOを0.5~5、Bi23を80~90、Fe23を0.1~3、Al23を0.1~3含むことを特徴とする低融点ガラス組成物である。このガラス組成物は高温時に結晶化しにくく安定であるため、電子材料基板用の絶縁性被膜材料及び封着材料として有用である。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PE, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関 (ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
Also published as:
EP2562141US20130090226CN102958859