国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。フィードバック & お問い合わせ
1. (WO2012002092) クラッチ操作装置
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2012/002092 国際出願番号: PCT/JP2011/062514
国際公開日: 05.01.2012 国際出願日: 31.05.2011
IPC:
F16D 28/00 (2006.01) ,F16D 13/46 (2006.01) ,F16D 23/12 (2006.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
D
回転伝達用継ぎ手;クラッチ;ブレーキ
28
電気的に作動されるクラッチ
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
D
回転伝達用継ぎ手;クラッチ;ブレーキ
13
摩擦クラッチ
22
軸方向に可動のクラッチ部材をもつもの
38
平らなクラッチ面をもつもの,例.ディスクをもつもの
46
1つが駆動側に取り付けられ他方が従動側に取り付けられている2つの軸方向に可動な部材が,一方から軸方向に取り付けられた部材の方向に押し付けられるもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
16
機械要素または単位;機械または装置の効果的機能を生じ維持するための一般的手段
D
回転伝達用継ぎ手;クラッチ;ブレーキ
23
機械的に作動されるクラッチであって1つの格別の形式に特定されないものの細部;クラッチの同期装置
12
上記のようなクラッチの外部に配置された機械的なクラッチ作動機構
出願人:
株式会社エクセディ EXEDY CORPORATION [JP/JP]; 大阪府寝屋川市木田元宮1丁目1番1号 1-1, Kidamotomiya 1-chome, Neyagawa-shi, Osaka 5728570, JP (AllExceptUS)
江口 康彦 EGUCHI, Yasuhiko [JP/JP]; JP (UsOnly)
加藤 寛章 KATO, Hiroaki [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
江口 康彦 EGUCHI, Yasuhiko; JP
加藤 寛章 KATO, Hiroaki; JP
代理人:
新樹グローバル・アイピー特許業務法人 SHINJYU GLOBAL IP; 大阪府大阪市北区南森町1丁目4番19号 サウスホレストビル South Forest Bldg., 1-4-19, Minamimori-machi, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka 5300054, JP
優先権情報:
2010-15022030.06.2010JP
発明の名称: (EN) CLUTCH OPERATION DEVICE
(FR) DISPOSITIF D'ACTIONNEMENT D'EMBRAYAGE
(JA) クラッチ操作装置
要約:
(EN) A clutch operation device (1) is provided with a drive mechanism (2) and an assist mechanism (3). The drive mechanism (2) generates a drive force and transmits the drive force to a clutch device (9). The assist mechanism (3) is a mechanism for assisting the drive mechanism (2), and has a pressing mechanism (37) and a toggle mechanism (39). The pressing mechanism (37) generates a pressing force (F4). The toggle mechanism (39) converts the pressing force (F4) of the pressing mechanism (37) into an assist force (F2) that gradually increases from the power interruption status to the power transmission status of the clutch device (9).
(FR) Un dispositif d'actionnement d'embrayage (1) est doté d'un mécanisme d'entraînement (2) et d'un mécanisme d'assistance (3). Le mécanisme d'entraînement (2) génère une force d'entraînement et transmet la force d'entraînement à un dispositif d'embrayage (9). Le mécanisme d'assistance (3) est un mécanisme permettant d'assister le mécanisme d'entraînement (2), et comprend un mécanisme de pression (37) et un mécanisme à bascule (39). Le mécanisme de pression (37) génère une force de pression (F4). Le mécanisme à bascule (39) convertit la force de pression (F4) du mécanisme de pression (37) en une force d'assistance (F2) qui passe progressivement du statut d'interruption d'alimentation en énergie au statut de transmission d'énergie du dispositif d'embrayage (9).
(JA)  クラッチ操作装置(1)は駆動機構(2)とアシスト機構(3)とを備えている。駆動機構(2)は、駆動力を生成し、クラッチ装置(9)に駆動力を伝達する。アシスト機構(3)は、駆動機構(2)をアシストするための機構であって、押圧機構(37)と、トグル機構(39)と、を有している。押圧機構(37)は押圧力(F4)を生成する。トグル機構(39)は、押圧機構(37)の押圧力(F4)をクラッチ装置(9)の動力遮断状態から動力伝達状態にかけて徐々に大きくなるアシスト力(F2)に変換する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PE, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関 (ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
Also published as:
US20130098734CN102959266