このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2012002090) セルロースアセテートフィルムの製造方法、セルロースアセテートフィルム、及びそれを用いた偏光板、液晶表示装置
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2012/002090 国際出願番号: PCT/JP2011/062444
国際公開日: 05.01.2012 国際出願日: 31.05.2011
IPC:
B29C 41/24 (2006.01) ,B29C 55/08 (2006.01) ,C08J 5/18 (2006.01) ,G02B 5/30 (2006.01) ,G02F 1/1335 (2006.01) ,B29K 1/00 (2006.01) ,B29L 7/00 (2006.01) ,B29L 11/00 (2006.01)
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
41
型,コアまたはその他の基体を被覆することによる成形,すなわち.材料を付着し成形品を剥離することによる成形;そのための装置
24
不定長の物品を製造するためのもの
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
C
プラスチックの成形または接合;可塑状態の物質の成形一般;成形品の後処理,例.補修
55
延伸による成形,例.ダイを通して引き抜くもの;そのための装置
02
板またはシートの
04
一軸延伸,例.斜め方向の
08
供給方向に直角なもの
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
J
仕上げ;一般的混合方法;サブクラスC08B,C08C,C08F,C08GまたはC08Hに包含されない後処理(プラスチックの加工,例.成形B29)
5
高分子物質を含む成形品の製造
18
フイルムまたはシートの製造
G 物理学
02
光学
B
光学要素,光学系,または光学装置
5
レンズ以外の光学要素
30
偏光要素
G 物理学
02
光学
F
光の強度,色,位相,偏光または方向の制御,例.スイッチング,ゲーテイング,変調または復調のための装置または配置の媒体の光学的性質の変化により,光学的作用が変化する装置または配置;そのための技法または手順;周波数変換;非線形光学;光学的論理素子;光学的アナログ/デジタル変換器
1
独立の光源から到達する光の強度,色,位相,偏光または方向の制御のための装置または配置,例.スィッチング,ゲーテイングまたは変調;非線形光学
01
強度,位相,偏光または色の制御のためのもの
13
液晶に基づいたもの,例.単一の液晶表示セル
133
構造配置;液晶セルの作動;回路配置
1333
構造配置
1335
セルと光学部材,例.偏光子,反射鏡,の構造的組合せ
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
K
サブクラスB29B,B29CまたはB29Dに関連する成形材料,あるいは補強材,充填材,予備成形部品(たとえば挿入物)用の材料についてのインデキシング系列
1
セルロース,変性セルロースまたはセルロース誘導体,例.ビスコース,を成形材料として使用
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
L
サブクラスB29Cに関連する特定物品についてのインデキシング系列
7
板状物品,例.フィルムまたはシート
B 処理操作;運輸
29
プラスチックの加工;可塑状態の物質の加工一般
L
サブクラスB29Cに関連する特定物品についてのインデキシング系列
11
光学部品,例.レンズ,プリズム
出願人:
コニカミノルタアドバンストレイヤー株式会社 Konica Minolta Advanced Layers, Inc. [JP/JP]; 東京都八王子市石川町2970番地 2970, Ishikawa-machi, Hachioji-shi, Tokyo 1928505, JP (AllExceptUS)
世良 貴史 SERA Takashi [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
世良 貴史 SERA Takashi; JP
優先権情報:
2010-14878030.06.2010JP
発明の名称: (EN) PROCESS FOR PRODUCTION OF CELLULOSE ACETATE FILM, CELLULOSE ACETATE FILM, AND POLARIZING PLATE AND LIQUID CRYSTAL DISPLAY DEVICE EACH EQUIPPED WITH THE FILM
(FR) PROCÉDÉ POUR LA PRODUCTION DE FILM D'ACÉTATE DE CELLULOSE, FILM D'ACÉTATE DE CELLULOSE, ET PLAQUE POLARISANTE ET DISPOSITIF D'AFFICHAGE À CRISTAUX LIQUIDES ÉQUIPÉS CHACUN DU FILM
(JA) セルロースアセテートフィルムの製造方法、セルロースアセテートフィルム、及びそれを用いた偏光板、液晶表示装置
要約:
(EN) Disclosed are: a process for producing a cellulose acetate film that has excellent haze and internal diffusion properties even when stretched at a high draw ratio and has high contrast when used in a polarizing plate or a liquid crystal display device; a cellulose acetate film; and a polarizing plate and a liquid crystal display device, each of which is equipped with the film. The process for producing a cellulose acetate film can produce a cellulose acetate film by a solution casting method using a dope comprising a solvent and a cellulose acetate having a degree of substitution by an acetyl group of 2.0-2.5, and is characterized in that the water content of the dope during casting is adjusted to 1.5 to 5 mass% inclusive, the dope is agitated at a temperature ranging from a temperature equal to or higher than the boiling point of the solvent at ambient pressure to a temperature higher by 50°C than the boiling point of the solvent at ambient pressure inclusive while shearing at a shear rate of 2×103 to 2×104 s-1 and is subsequently formed into a film, and the film is stretched.
(FR) L'invention divulgue : un procédé pour la production d'un film d'acétate de cellulose qui a d'excellentes propriétés de voile et de diffusion interne même quand il est étiré à un rapport d'étirage élevé et a un contraste élevé quand il est utilisé dans une plaque polarisante ou un dispositif d'affichage à cristaux liquides; un film d'acétate de cellulose; et une plaque polarisante et un dispositif d'affichage à cristaux liquides, chacun étant équipé du film. Le procédé pour la production d'un film d'acétate de cellulose peut produire un film d'acétate de cellulose par un procédé de coulée de solution en utilisant une pâte comprenant un solvant et un acétate de cellulose ayant un degré de substitution par un groupe acétyle de 2,0-2,5, et est caractérisé en ce que la teneur en eau de la pâte durant la coulée est ajustée à 1,5 à 5% en masse compris, la pâte est agitée à une température variant d'une température égale à ou supérieure au point d'ébullition du solvant à la pression ambiante à une température supérieure de 50°C au point d'ébullition du solvant à la pression ambiante compris en cisaillant à un taux de cisaillement de 2×103 à 2×104 s-1 et est subséquemment transformée en un film, et le film est étiré.
(JA)  本発明の目的は、高倍率に延伸してもヘイズ、内部散乱に優れ、偏光板、液晶表示装置に用いた場合に高コントラストであるセルロースアセテートフィルムの製造方法、セルロースアセテートフィルム、及びそれを用いた偏光板、液晶表示装置を提供するものである。 本発明のセルロースアセテートフィルムの製造方法は、溶媒と、アセチル基置換度が2.0~2.5のセルロースアセテートを含むドープを用いて溶液流延法によりセルロースアセテートフィルムを製造する方法であって、該ドープの流延時の含水率を1.5質量%以上5質量%以下の範囲に調整し、該ドープを溶媒の常圧での沸点以上から溶媒の常圧での沸点より50℃高い温度以下の温度で、剪断速度2×10-1~2×10-1の剪断を加えて撹拌した後、製膜、延伸することを特徴とする。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PE, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
JPWO2012002090