このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2012001989) 回転式圧縮機
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2012/001989 国際出願番号: PCT/JP2011/003773
国際公開日: 05.01.2012 国際出願日: 01.07.2011
IPC:
F04C 29/00 (2006.01) ,F04C 18/32 (2006.01) ,F04C 18/324 (2006.01) ,F04C 18/356 (2006.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
04
液体用容積形機械;液体または圧縮性流体用ポンプ
C
液体用回転ピストンまたは揺動ピストン容積形機械;回転ピストンまたは揺動ピストン容積形ポンプ
29
グループ18/00から28/00に分類されないまたは上記グループにはない注目すべき,圧縮性流体に特に適したポンプまたはポンプ装置の部品,細部または付属品
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
04
液体用容積形機械;液体または圧縮性流体用ポンプ
C
液体用回転ピストンまたは揺動ピストン容積形機械;回転ピストンまたは揺動ピストン容積形ポンプ
18
圧縮性流体に特に適した回転ピストンポンプ
30
グループ18/02,18/08,18/22,18/24,18/48の2つ以上のグループに包含される特徴をもつもの,またはこれらのグループの1つに包含される特徴をもち,さらに共動部材間の他の運動形式を合せもつもの
32
グループ18/02に規定された運動および共動部材間の相対的な往復運動の両方をするもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
04
液体用容積形機械;液体または圧縮性流体用ポンプ
C
液体用回転ピストンまたは揺動ピストン容積形機械;回転ピストンまたは揺動ピストン容積形ポンプ
18
圧縮性流体に特に適した回転ピストンポンプ
30
グループ18/02,18/08,18/22,18/24,18/48の2つ以上のグループに包含される特徴をもつもの,またはこれらのグループの1つに包含される特徴をもち,さらに共動部材間の他の運動形式を合せもつもの
32
グループ18/02に規定された運動および共動部材間の相対的な往復運動の両方をするもの
324
内側部材にちょうつがい式に係合し,かつ外側部材については往復運動するベーンをもつもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
04
液体用容積形機械;液体または圧縮性流体用ポンプ
C
液体用回転ピストンまたは揺動ピストン容積形機械;回転ピストンまたは揺動ピストン容積形ポンプ
18
圧縮性流体に特に適した回転ピストンポンプ
30
グループ18/02,18/08,18/22,18/24,18/48の2つ以上のグループに包含される特徴をもつもの,またはこれらのグループの1つに包含される特徴をもち,さらに共動部材間の他の運動形式を合せもつもの
34
グループ18/08または18/22に規定された運動および共動部材間の相対的な往復運動の両方をするもの
356
外側部材については往復運動するベーンをもつもの
出願人:
パナソニック株式会社 PANASONIC CORPORATION [JP/JP]; 大阪府門真市大字門真1006番地 1006, Oaza Kadoma, Kadoma-shi, Osaka 5718501, JP (AllExceptUS)
船越 大輔 FUNAKOSHI, Daisuke; null (UsOnly)
杉浦 洋 SUGIURA, Hiroshi; null (UsOnly)
先本 孝正 SAKIMOTO, Takamasa; null (UsOnly)
飯田 登 IIDA, Noboru; null (UsOnly)
発明者:
船越 大輔 FUNAKOSHI, Daisuke; null
杉浦 洋 SUGIURA, Hiroshi; null
先本 孝正 SAKIMOTO, Takamasa; null
飯田 登 IIDA, Noboru; null
代理人:
阿部 伸一 ABE, Shinichi; 東京都豊島区高田3-11-12KTビル3階 3rd Floor,KT Bldg., 3-11-12, Takada, Toshima-ku, Tokyo 1710033, JP
優先権情報:
2010-15175602.07.2010JP
発明の名称: (EN) ROTARY COMPRESSOR
(FR) COMPRESSEUR ROTATIF
(JA) 回転式圧縮機
要約:
(EN) Disclosed is a rotary compressor wherein a second area surrounded by a lower internal surface corner portion formed in the bottom surface of a piston (32) and an end plate (35) blocking the bottom surface of a cylinder (30) is larger than a first area surrounded by an upper internal surface corner portion formed in the top surface of the piston (32) and an end plate (34) blocking the top surface of the cylinder (30); and the angle between the bottom surface of the piston (32) and the lower internal surface corner portion is smaller than the angle between the top surface of the piston (32) and the upper internal surface corner portion. Thus, oil can be reliably retained on the bottom surface of the piston (32) to improve the reliability, and the piston (32) can float even when a tolerance area is increased. Therefore, the efficiency and the productivity of the rotary compressor can be improved.
(FR) L'invention concerne un compresseur rotatif caractérisé en ce qu'une deuxième aire délimitée par une partie d'angle de surface interne inférieure formée dans la surface inférieure d'un piston (32) et par une plaque terminale (35) obturant la surface inférieure d'un cylindre (30) est plus étendue qu'une première aire délimitée par une partie d'angle de surface interne supérieure formée dans la surface supérieure du piston (32) et par une plaque terminale (34) obturant la surface supérieure du cylindre (30) ; et en ce que l'angle entre la surface inférieure du piston (32) et la partie d'angle de surface interne inférieure est inférieur à l'angle entre la surface supérieure du piston (32) et la partie d'angle de surface interne supérieure. Ainsi, de l'huile peut être retenue de manière fiable sur la surface inférieure du piston (32) afin d'améliorer la fiabilité, et le piston (32) peut flotter même lorsqu'une aire de tolérance est augmentée. Il est ainsi possible d'améliorer le rendement et la productivité du compresseur rotatif.
(JA)  前記従来の課題を解決するために、本発明の回転式圧縮機は、ピストン32の下端面に形成する下内面角部と、シリンダ30の下端面を閉塞する端板35とで囲まれる第2の面積を、ピストン32の上端面に形成する上内面角部と、シリンダ30の上端面を閉塞する端板34とで囲まれる第1の面積より大きくし、かつ、ピストン32の下端面と下内面角部との角度を、ピストン32の上端面と上内面角部との角度より小さくしたものである。この構成により、ピストン32の下端面に確実に油を保持させ信頼性を向上させるとともに、公差範囲を大きくしてもピストン32を浮上させることができ、回転式圧縮機の効率と生産性が向上する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PE, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
EP2589810CN102483066JPWO2012001989