国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。フィードバック & お問い合わせ
1. (WO2012001969) 芳香族アミン誘導体及びそれを用いた有機エレクトロルミネッセンス素子
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2012/001969 国際出願番号: PCT/JP2011/003721
国際公開日: 05.01.2012 国際出願日: 29.06.2011
IPC:
C07D 239/26 (2006.01) ,C09K 11/06 (2006.01) ,H01L 51/50 (2006.01)
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
239
1,3―ジアジン環または水素添加した1,3―ジアジン環からなる複素環式化合物
02
他の環と縮合していないもの
24
環原子相互間または環原子と非環原子間に3個またはそれ以上の二重結合を有するもの
26
環の炭素原子に直接結合する水素原子,炭化水素基または置換炭化水素基のみを有するもの
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
K
他に分類されない応用される物質;他に分類されない物質の応用
11
発光性物質,例.電気発光性物質;化学発光性物質
06
有機発光性物質を含有するもの
H 電気
01
基本的電気素子
L
半導体装置,他に属さない電気的固体装置
51
能動部分として有機材料を用い,または能動部分として有機材料と他の材料との組み合わせを用いる固体装置;このような装置またはその部品の製造または処理に特に適用される方法または装置
50
光放出に特に適用されるもの,例.有機発光ダイオード(OLED)または高分子発光ダイオード(PLED)
出願人:
出光興産株式会社 IDEMITSU KOSAN CO.,LTD. [JP/JP]; 東京都千代田区丸の内三丁目1番1号 1-1, Marunouchi 3-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1008321, JP (AllExceptUS)
加藤 朋希 KATO, Tomoki [JP/JP]; JP (UsOnly)
伊藤 光則 ITO, Mitsunori [JP/JP]; JP (UsOnly)
井上 哲也 INOUE, Tetsuya [JP/JP]; JP (UsOnly)
荻原 俊成 OGIWARA, Toshinari [JP/JP]; JP (UsOnly)
日比野 茎子 HIBINO, Kumiko [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
加藤 朋希 KATO, Tomoki; JP
伊藤 光則 ITO, Mitsunori; JP
井上 哲也 INOUE, Tetsuya; JP
荻原 俊成 OGIWARA, Toshinari; JP
日比野 茎子 HIBINO, Kumiko; JP
代理人:
渡辺 喜平 WATANABE, Kihei; 東京都千代田区神田須田町一丁目26番 芝信神田ビル3階 Shibashin Kanda Bldg. 3rd Floor, 26, Kanda Suda-cho 1-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1010041, JP
優先権情報:
12/923,00827.08.2010US
2010-15009130.06.2010JP
発明の名称: (EN) AROMATIC AMINE DERIVATIVE, AND ORGANIC ELECTROLUMINESCENT ELEMENT COMPRISING SAME
(FR) DÉRIVÉ D'AMINE AROMATIQUE ET ÉLÉMENT ÉLECTROLUMINESCENT ORGANIQUE À BASE DE CE DÉRIVÉ
(JA) 芳香族アミン誘導体及びそれを用いた有機エレクトロルミネッセンス素子
要約:
(EN) An aromatic amine derivative represented by formula (1). In the formula, at least one of Ar1 to Ar3 is represented by formula (2); and X1 to X3 independently represents a nitrogen atom or CR2, wherein each of two among X1 to X3 represents a nitrogen atom and X1 and X3 do not represent a nitrogen atom simultaneously.
(FR) La présente invention concerne un dérivé d'amine aromatique représenté par la formule (1). Dans la formule, au moins l'un de Ar1 à Ar3 est représenté par la formule (2) ; et X1 à X3 représentent indépendamment un atome d'azote ou CR2, où chacun de deux parmi X1 à X3 représente un atome d'azote et X1 et X3 ne représentent pas un atome d'azote simultanément.
(JA) 下記式(1)で表される芳香族アミン誘導体。式中、Ar~Arのうち少なくとも1つは下記式(2)で表される。X~Xはそれぞれ独立に、窒素原子又はCRを示す。但し、X~Xのうち2つが窒素原子であり、X及びXが同時に窒素原子になることはない。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PE, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関 (ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
Also published as:
US20120001154CN102510858EP2589596US20140018536JPWO2012001969KR1020120096876