このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2012001733) 内燃機関
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2012/001733 国際出願番号: PCT/JP2010/004278
国際公開日: 05.01.2012 国際出願日: 28.06.2010
予備審査請求日: 06.04.2012
IPC:
F01N 3/36 (2006.01) ,F01N 3/20 (2006.01) ,F01N 3/24 (2006.01) ,F01N 3/26 (2006.01)
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N
機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
3
排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置
08
無害にするためのもの
10
排気の有害成分を熱または触媒で変換することによるもの
24
変換装置の構造的な面に特徴をもつもの
36
添加燃料の供給のための装置
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N
機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
3
排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置
08
無害にするためのもの
10
排気の有害成分を熱または触媒で変換することによるもの
18
操作の方法に特徴をもつもの;調整
20
特に触媒による変換に適用されるもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N
機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
3
排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置
08
無害にするためのもの
10
排気の有害成分を熱または触媒で変換することによるもの
24
変換装置の構造的な面に特徴をもつもの
F 機械工学;照明;加熱;武器;爆破
01
機械または機関一般;機関設備一般;蒸気機関
N
機械または機関のためのガス流消音器または排気装置一般;内燃機関用ガス流消音器または排気装置
3
排気の清浄,無害化または他の処理をする手段をもつ排気もしくは消音装置
08
無害にするためのもの
10
排気の有害成分を熱または触媒で変換することによるもの
24
変換装置の構造的な面に特徴をもつもの
26
熱反応装置の構造
出願人:
トヨタ自動車株式会社 TOYOTA JIDOSHA KABUSHIKI KAISHA [JP/JP]; 愛知県豊田市トヨタ町1番地 1, Toyota-cho, Toyota-shi, Aichi 4718571, JP (AllExceptUS)
森泰一 MORI, Taiichi [JP/JP]; JP (UsOnly)
橋本英次 HASHIMOTO, Eiji [JP/JP]; JP (UsOnly)
宇野幸樹 UNO, Koki [JP/JP]; JP (UsOnly)
神庭千佳 KANBA, Chika [JP/JP]; JP (UsOnly)
藤原成啓 FUJIWARA, Masahiro [JP/JP]; JP (UsOnly)
花田俊一 HANADA, Shunichi [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
森泰一 MORI, Taiichi; JP
橋本英次 HASHIMOTO, Eiji; JP
宇野幸樹 UNO, Koki; JP
神庭千佳 KANBA, Chika; JP
藤原成啓 FUJIWARA, Masahiro; JP
花田俊一 HANADA, Shunichi; JP
代理人:
谷義一 TANI, Yoshikazu; 東京都港区赤坂2丁目6-20 6-20, Akasaka 2-chome, Minato-ku, Tokyo 1070052, JP
優先権情報:
発明の名称: (EN) INTERNAL COMBUSTION ENGINE
(FR) MOTEUR À COMBUSTION INTERNE
(JA) 内燃機関
要約:
(EN) Disclosed is an internal combustion engine comprising an exhaust gas treatment device which is installed in an exhaust passage, and a burner device which is installed upstream of the exhaust gas treatment device and increases the temperature of exhaust gas. The burner device comprises at least a fuel addition valve which adds fuel to the exhaust gas, and an ignition device which ignites the fuel added from the fuel addition valve. The fuel addition valve operates in an opened state when fuel is added from the fuel addition valve. If a detected intake air quantity is greater than a threshold value, the quantity of fuel added from the fuel addition valve per unit time is increased to a value greater than a predetermined reference quantity. The probability of ignition in the ignition device can be increased, and also a flame can be prevented from being blown out to thereby ensure sufficient ignition performance and combustion performance for the burner device.
(FR) L'invention concerne un moteur à combustion interne comprenant un dispositif de traitement de gaz d'échappement qui est installé dans un passage d'échappement, et un dispositif brûleur qui est installé en amont du dispositif de traitement de gaz d'échappement et qui augmente la température du gaz d'échappement. Le dispositif brûleur comprend au moins une soupape d'addition de carburant qui ajoute du carburant au gaz d'échappement, et un dispositif d'allumage qui enflamme le carburant ajouté par le biais de la soupape d'addition de carburant. La soupape d'addition de carburant fonctionne dans un état ouvert lorsqu'un carburant est ajouté par le biais de la soupape d'addition de carburant. Si une quantité d'air d'admission détectée est supérieure à une valeur seuil, la quantité de carburant ajouté par le biais de la soupape d'addition de carburant par unité de temps est augmentée pour atteindre une valeur supérieure à une quantité de référence prédéterminée. La probabilité d'allumage dans le dispositif d'allumage peut être augmentée, et il peut également être empêché qu'une flamme ne soit éteinte pour ainsi garantir des performances d'allumage et de combustion suffisantes pour le dispositif brûleur.
(JA)  本発明に係る内燃機関は、排気通路に設けられた排気処理装置と、排気処理装置の上流側に設けられ、排気温度を昇温させるためのバーナー装置とを備える。バーナー装置は少なくとも、排気中に燃料を添加する燃料添加弁と、燃料添加弁から添加された燃料を着火する着火装置とを含む。燃料添加弁からの燃料添加時に燃料添加弁を開弁駆動する。検出された吸入空気量が所定の閾値を超えたとき、燃料添加弁から単位時間当たりに添加される燃料の量を所定の基準量より増大する。着火装置における着火の確率を上げると共に、火炎の吹き消しを防止して、バーナー装置の十分な着火性能および燃焼性能を確保することが可能となる。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PE, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
US20130061585EP2587012JPWO2012001733