国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2011132592) ポリビニルアルコール系重合体フィルム
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2011/132592 国際出願番号: PCT/JP2011/059227
国際公開日: 27.10.2011 国際出願日: 14.04.2011
IPC:
C08J 5/18 (2006.01) ,C08K 3/24 (2006.01) ,C08K 5/09 (2006.01) ,C08K 5/20 (2006.01) ,C08L 29/04 (2006.01)
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
J
仕上げ;一般的混合方法;サブクラスC08B,C08C,C08F,C08GまたはC08Hに包含されない後処理(プラスチックの加工,例.成形B29)
5
高分子物質を含む成形品の製造
18
フイルムまたはシートの製造
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
K
無機または非高分子有機物質の添加剤としての使用(ペイント,インキ,ワニス,染料,艶出剤,接着剤C09)
3
無機配合成分の使用
18
酸素含有化合物,例.金属カルボニル
24
酸;その塩
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
K
無機または非高分子有機物質の添加剤としての使用(ペイント,インキ,ワニス,染料,艶出剤,接着剤C09)
5
有機配合成分の使用
04
酸素含有化合物
09
カルボン酸;その金属塩;その無水物
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
K
無機または非高分子有機物質の添加剤としての使用(ペイント,インキ,ワニス,染料,艶出剤,接着剤C09)
5
有機配合成分の使用
16
窒素含有化合物
20
カルボン酸アミド
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
L
高分子化合物の組成物
29
ただ1つの炭素―炭素二重結合を含有する1個以上の不飽和脂肪族基をもち,その少くとも1つがアルコール,エーテル,アルデヒド,ケトン,アセタールまたはケタール基によって停止されている化合物の単独重合体または共重合体の組成物;不飽和アルコールと飽和カルボン酸とのエステルの重合体を加水分解したものの組成物;そのような重合体の誘導体の組成物
02
不飽和アルコールの単独重合体または共重合体
04
ポリビニルアルコール;不飽和アルコールと飽和カルボン酸とのエステルの単独重合体または共重合体の部分加水分解物
出願人:
株式会社クラレ KURARAY CO.,LTD. [JP/JP]; 岡山県倉敷市酒津1621番地 1621,Sakazu,Kurashiki-shi, Okayama 7100801, JP (AllExceptUS)
風藤 修 KAZETO, Osamu [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
風藤 修 KAZETO, Osamu; JP
優先権情報:
2010-09697020.04.2010JP
発明の名称: (EN) POLYVINYL ALCOHOL FILM
(FR) FILM D'ALCOOL POLYVINYLIQUE
(JA) ポリビニルアルコール系重合体フィルム
要約:
(EN) Disclosed is a polyvinyl alcohol film containing a polyvinyl alcohol polymer (A), and 0.001 to 1 parts by mass of a surfactant (B) with respect to 100 parts by mass of the polyvinyl alcohol polymer (A). The color of the polyvinyl alcohol film, which has a pH of 2.0 to 8.0 at 20°C when dissolved in water at a concentration of 7 mass%, does not easily take on a yellow tinge, even after being stored for several months in a temperature-controlled warehouse, or the like, at near normal temperature. The polyvinyl alcohol polymer is preferably obtained using an acidic substance (C).
(FR) L'invention porte sur un film d'alcool polyvinylique contenant un alcool polyvinylique polymère (A) et 0,001 à 1 partie en masse d'un tensio-actif (B) pour 100 parties en masse de l'alcool polyvinylique (A) polymère. La couleur du film d'alcool polyvinylique, qui a un pH de 2,0 à 8,0 à 20°C après dissolution dans de l'eau à une concentration de 7 % en masse, ne prend pas aisément une teinte jaune, même après stockage pendant plusieurs mois dans un local thermostaté, ou similaire, à une température proche de la normale. L'alcool polyvinylique polymère est, de préférence, obtenu à l'aide d'une substance acide (C).
(JA) 本発明は、ポリビニルアルコール系重合体(A)、および当該ポリビニルアルコール系重合体(A)100質量部に対して界面活性剤(B)を0.001~1質量部含むポリビニルアルコール系重合体フィルムであって、水に7質量%の濃度で溶解させた際の20℃におけるpHが2.0~8.0である、常温近辺に温度コントロールした倉庫内などに数ヶ月間程度保管した後であってもフィルムの色が黄色味を帯びにくいポリビニルアルコール系重合体フィルムの提供を目的とする。当該ポリビニルアルコール系重合体フィルムは、酸性物質(C)を用いて得られたものであることが好ましい。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PE, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
JPWO2011132592KR1020130051934CN102834439