16:00 CETの火曜日 19.11.2019のメンテナンス理由で数時間使用できません
国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2011132538) アルミニウム構造体の製造方法およびアルミニウム構造体
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2011/132538 国際出願番号: PCT/JP2011/058781
国際公開日: 27.10.2011 国際出願日: 07.04.2011
IPC:
C25D 5/56 (2006.01) ,C22C 21/00 (2006.01) ,C25D 1/08 (2006.01) ,C25D 3/66 (2006.01) ,C25D 7/00 (2006.01) ,H01M 4/66 (2006.01) ,H01M 4/80 (2006.01)
C 化学;冶金
25
電気分解または電気泳動方法;そのための装置
D
電気分解または電気泳動による被覆方法;電鋳;電気分解による加工品の接合;そのための装置
5
方法に特徴のある電気鍍金;加工品の前処理または後処理
54
非金属表面の電気鍍金
56
プラスチック
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
C
合金
21
アルミニウム基合金
C 化学;冶金
25
電気分解または電気泳動方法;そのための装置
D
電気分解または電気泳動による被覆方法;電鋳;電気分解による加工品の接合;そのための装置
1
電鋳
08
多孔物品または有孔物品,例.ふるい
C 化学;冶金
25
電気分解または電気泳動方法;そのための装置
D
電気分解または電気泳動による被覆方法;電鋳;電気分解による加工品の接合;そのための装置
3
電気鍍金;そのための鍍金浴
66
溶融物から
C 化学;冶金
25
電気分解または電気泳動方法;そのための装置
D
電気分解または電気泳動による被覆方法;電鋳;電気分解による加工品の接合;そのための装置
7
被覆される物品に特徴のある電気鍍金
H 電気
01
基本的電気素子
M
化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池
4
電極(電気分解用電極C25)
02
活物質からなるまたは活物質を含有した電極
64
担体または集電体
66
物質の選択
H 電気
01
基本的電気素子
M
化学的エネルギーを電気的エネルギーに直接変換するための方法または手段,例.電池
4
電極(電気分解用電極C25)
02
活物質からなるまたは活物質を含有した電極
64
担体または集電体
70
形状または型に特徴のあるもの
80
微孔性極板,例.焼結基板
出願人:
住友電気工業株式会社 SUMITOMO ELECTRIC INDUSTRIES,LTD. [JP/JP]; 大阪府大阪市中央区北浜四丁目5番33号 5-33, Kitahama 4-chome, Chuo-ku, Osaka-shi, Osaka 5410041, JP (AllExceptUS)
後藤 健吾 GOTO, Kengo [JP/JP]; JP (UsOnly)
細江 晃久 HOSOE, Akihisa [JP/JP]; JP (UsOnly)
真嶋 正利 MAJIMA, Masatoshi [JP/JP]; JP (UsOnly)
奥野 一樹 OKUNO, Kazuki [JP/JP]; JP (UsOnly)
新田 耕司 NITTA, Koji [JP/JP]; JP (UsOnly)
太田 肇 OTA, Hajime [JP/JP]; JP (UsOnly)
酒井 将一郎 SAKAI, Shoichiro [JP/JP]; JP (UsOnly)
稲澤 信二 INAZAWA, Shinji [JP/JP]; JP (UsOnly)
木村 弘太郎 KIMURA, Kotaro [JP/JP]; JP (UsOnly)
粟津 知之 AWAZU, Tomoyuki [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
後藤 健吾 GOTO, Kengo; JP
細江 晃久 HOSOE, Akihisa; JP
真嶋 正利 MAJIMA, Masatoshi; JP
奥野 一樹 OKUNO, Kazuki; JP
新田 耕司 NITTA, Koji; JP
太田 肇 OTA, Hajime; JP
酒井 将一郎 SAKAI, Shoichiro; JP
稲澤 信二 INAZAWA, Shinji; JP
木村 弘太郎 KIMURA, Kotaro; JP
粟津 知之 AWAZU, Tomoyuki; JP
代理人:
中田 元己 NAKATA, Motomi; 大阪府大阪市此花区島屋一丁目1番3号 住友電気工業株式会社内 c/o Sumitomo Electric Industries, Ltd., 1-3, Shimaya 1-chome, Konohana-ku, Osaka-shi, Osaka 5540024, JP
優先権情報:
2010-09833422.04.2010JP
2010-12236728.05.2010JP
2010-28121617.12.2010JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR PRODUCING ALUMINUM STRUCTURE AND ALUMINUM STRUCTURE
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION DE STRUCTURE D'ALUMINIUM, ET STRUCTURE D'ALUMINIUM AINSI OBTENUE
(JA) アルミニウム構造体の製造方法およびアルミニウム構造体
要約:
(EN) Disclosed is a high purity aluminum structure formed by using a resin porous body having a three-dimensional network structure, plating, with aluminum in a molten salt bath, a resin molded body, at least the surface of which has been rendered electrically conductive, and forming the aluminum structure, making aluminum plating of the surface of even a porous resin molded body having a three-dimensional network structure possible by forming an aluminum porous body from an aluminum layer having a thickness of 1 - 100 µm and being formed from aluminum with a purity of 98.0% or greater and carbon content of 1.0 - 2%, with the remainder being unavoidable impurities, and by forming in a uniform thick film.
(FR) La présente invention concerne une structure en aluminium très pur. Pour l'obtenir, on prend un corps poreux en résine à structure tridimensionnelle réticulée. On plonge dans un bain de sel fondu ce corps moulé en résine dont au moins la surface a été rendue électroconductrice de façon à plaquer d'aluminium ledit corps moulé et à réaliser la structure d'aluminium. L'invention, qui permet ainsi de réaliser le plaquage d'aluminium sur la surface du corps moulé bien qu'il soit en résine poreuse et bien qu'il présente une structure réticulée tridimensionnelle, permet ainsi d'obtenir un corps poreux en aluminium fait d'une couche d'une épaisseur uniforme allant suivant le cas de 1 µm à 100 µm d'un aluminium présentant une pureté d'au moins 98,0 % et une teneur en carbone de 1% à 2%, le complément à 100% représentant les impuretés résiduelles.
(JA) 三次元網目構造を有する樹脂多孔体を用い、少なくとも表面が導電化された樹脂成形体に、アルミニウムを溶融塩浴中でめっきを行い、アルミニウム構造体を形成し、1μm~100μmの厚さを有するアルミニウム層からなりアルミニウムの純度98.0%以上、カーボン含有量1.0%以上2%以下、残部不可避不純物からなるアルミニウム多孔体とすることにより、三次元網目構造を有する多孔質樹脂成形体であっても、その表面へのアルミニウムのめっきを可能とし、厚膜を均一に形成することで純度の高いアルミニウム構造体を形成する。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PE, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
EP2562295CN102666937CA2781169KR1020130061123IN5387/CHENP/2012