処理中

しばらくお待ちください...

設定

設定

1. WO2011132537 - 水中防汚材、溶融成形物及び塗料

公開番号 WO/2011/132537
公開日 27.10.2011
国際出願番号 PCT/JP2011/058771
国際出願日 07.04.2011
IPC
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
G
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
63
高分子の主鎖にカルボン酸エステル連結基を形成する反応によって得られる高分子化合物
02
ヒドロキシカルボン酸からまたはポリカルボン酸およびポリヒドロキシ化合物から誘導されるポリエステル
06
ヒドロキシカルボン酸から誘導されたもの
08
ラクトンまたはラクチド
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
D
コーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ;塗料除去剤インキ消し;インキ;修正液;木材用ステイン;糊状または固形の着色料または捺染料;これらの物質の使用法
5
物理的性質または生ずる効果によって特徴づけられたコーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ
16
防汚ペイント;水中ペイント
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
D
コーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ;塗料除去剤インキ消し;インキ;修正液;木材用ステイン;糊状または固形の着色料または捺染料;これらの物質の使用法
167
主鎖にカルボン酸エステル結合を形成する反応によって得られるポリエステルに基づくコーティング組成物;そのような重合体の誘導体に基づくコーティング組成物
04
ヒドロキシカルボン酸,例.ラクトン,より誘導されたポリエステル,
D 繊維;紙
01
天然または人造の糸または繊維;紡績
F
人造のフィラメント,より糸,繊維,剛毛,リボンまたは炭素フィラメントの製造において化学的な特徴をもつもの;炭素フィラメントの製造に特に適合した装置
6
合成重合体の単一成分人造フィラメントまたはその類似物;その製造
58
単一縮重合生成物からのもの
62
ポリエステルからのもの
C08G 63/08 (2006.01)
C09D 5/16 (2006.01)
C09D 167/04 (2006.01)
D01F 6/62 (2006.01)
CPC
C08G 63/08
C09D 167/04
C09D 5/1662
D01F 6/62
出願人
  • 株式会社クレハ KUREHA CORPORATION [JP/JP]; 東京都中央区日本橋浜町三丁目3番2号 3-3-2, Nihonbashi-Hamacho, Chuo-ku, Tokyo 1038552, JP (AllExceptUS)
  • 山根和行 YAMANE Kazuyuki [JP/JP]; JP (UsOnly)
  • 鈴木健久 SUZUKI Takehisa [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者
  • 山根和行 YAMANE Kazuyuki; JP
  • 鈴木健久 SUZUKI Takehisa; JP
代理人
  • 野村康秀 NOMURA Yasuhide; 東京都荒川区東日暮里三丁目43番9号ビジュアル・シティー401号 Visual City 401, 43-9, Higashi-Nippori 3-chome, Arakawa-ku, Tokyo 1160014, JP
優先権情報
2010-09731020.04.2010JP
公開言語 (言語コード) 日本語 (JA)
出願言語 (言語コード) 日本語 (JA)
指定国 (国コード)
発明の名称
(EN) UNDERWATER ANTIFOULING MATERIAL, MELT-MOULDED ARTICLE AND COATING MATERIAL
(FR) MATÉRIAU ANTISALISSURE SOUS-MARIN, ARTICLE MOULÉ À L'ÉTAT FONDU ET MATÉRIAU DE REVÊTEMENT
(JA) 水中防汚材、溶融成形物及び塗料
要約
(EN)
Disclosed is an underwater antifouling material containing polyglycolic acid obtained by ring-opening polymerisation of 70-100 wt% glycolide and 30-0 wt% of another cyclic monomer. The polyglycolic acid is characterised in that: (a) weight-average molecular weight is 30,000-800,000; (b) molecular weight distribution, representing the ratio (Mw/Mn) of weight-average molecular weight (Mw) and number average molecular weight (Mn), is 1.5-4.0; (c) terminal carboxyl group concentration is 6-200eq/106g; (d) residual glycolide quantity is 0.2 wt% or less; and (e) starting temperature for 1% thermal weight reduction is 210°C or greater; and further, preferably, (f) the melt viscosity maintenance ratio, defined as the ratio [(η600)x100] of the degree of initial melt viscosity (η0) measured after maintaining at 250°C for 5 minutes and the degree of melt viscosity (η60) measured after maintaining at 250°C for 60 minutes, is 40% or greater. Also disclosed are a moulded article thereof, a coating material and a laminated body.
(FR)
L'invention porte sur un matériau antisalissure sous-marin contenant de l'acide polyglycolique obtenu par polymérisation par ouverture de cycle de 70 à 100 % en poids de glycolide et de 30 à 0 % en poids d'un autre monomère cyclique. L'acide polyglycolique est caractérisé en ce que : (a) sa masse moléculaire moyenne en poids est de 30 000 à 800 000 ; (b) sa distribution des masses moléculaires, représentant le rapport (Mw/Mn) de la masse moléculaire moyenne en poids (Mw) à la masse moléculaire moyenne en nombre (Mn) est de 1,5-4,0 ; (c) la concentration des groupes carboxyle terminaux est de 6-200 éq/106g ; (d) la quantité résiduelle de glycolide est de 0,2 % en poids ou moins ; et (e) la température initiale, pour une réduction thermique du poids de 1 %, est de 210°C ou plus ; et en outre, de préférence, (f) le taux de maintien de la viscosité à l'état fondu, défini comme le rapport [(η600)x100] du degré de viscosité initiale à l'état fondu (η0) mesuré après maintien à 250°C pendant 5 minutes au degré de viscosité à l'état fondu (η60) mesuré après maintien à 250°C pendant 60 minutes, est de 40 % ou plus. L'invention porte aussi sur un article moulé en ce matériau, sur un matériau de revêtement et sur un corps stratifié.
(JA)
 グリコリド70~100質量%及び他の環状モノマー30~0質量%を開環重合して得られるポリグリコール酸を含む水中防汚材であって、該ポリグリコール酸が、(a)重量平均分子量(Mw)が30,000~800,000、(b)重量平均分子量(Mw)と数平均分子量(Mn)との比(Mw/Mn)で表わされる分子量分布が1.5~4.0、(c)末端カルボキシル基濃度が、6~200eq/10g、(d)残留グリコリド量が、0.2質量%以下、及び、(e)1%熱重量減少開始温度が、210℃以上、好ましくは、更に、(f)250℃で5分間保持後に測定した初期溶融粘度(η)に対する250℃で60分間保持後に測定した溶融粘度(η60)の割合〔(η60/η)×100〕として定義される溶融粘度保持率が、40%以上であることを特徴とする水中防汚材、並びに、その成形物、塗料または積層体。
他の公開
国際事務局に記録されている最新の書誌情報