国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2011132402) ガラス組成物、光源装置および照明装置
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2011/132402 国際出願番号: PCT/JP2011/002271
国際公開日: 27.10.2011 国際出願日: 19.04.2011
IPC:
C03C 8/08 (2006.01) ,H01L 33/56 (2010.01)
C 化学;冶金
03
ガラス;鉱物またはスラグウール
C
ガラス,うわ薬またはガラス質ほうろうの化学組成;ガラスの表面処理;ガラス,鉱物またはスラグからの繊維またはフィラメントの表面処理;ガラスのガラスまたは他物質への接着
8
ほうろう;うわ薬;非フリット添加物をもつフリット組成物である溶融封止剤組成物
02
フリット組成物,つまり粉末化または粉砕された形にあるもの
08
りんを含むもの
H 電気
01
基本的電気素子
L
半導体装置,他に属さない電気的固体装置
33
光の放出に特に適用される少なくとも1つの電位障壁または表面障壁を有する半導体装置;それらの装置またはその部品の製造,あるいは処理に特に適用される方法または装置;それらの装置の細部
48
半導体素子本体のパッケージに特徴のあるもの
52
封止
56
材料,例.エポキシ樹脂,シリコン樹脂
出願人:
パナソニック株式会社 PANASONIC CORPORATION [JP/JP]; 大阪府門真市大字門真1006番地 1006, Oaza Kadoma, Kadoma-shi, Osaka 5718501, JP (AllExceptUS)
元家 淳志 MOTOYA, Atsushi; null (UsOnly)
上野 康晴 UENO, Yasuharu; null (UsOnly)
岡野 和之 OKANO, Kazuyuki; null (UsOnly)
発明者:
元家 淳志 MOTOYA, Atsushi; null
上野 康晴 UENO, Yasuharu; null
岡野 和之 OKANO, Kazuyuki; null
代理人:
中島 司朗 NAKAJIMA, Shiro; 大阪府大阪市北区豊崎三丁目2番1号淀川5番館6F 6F, Yodogawa 5-Bankan, 2-1, Toyosaki 3-chome, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka 5310072, JP
優先権情報:
2010-09568119.04.2010JP
発明の名称: (EN) GLASS COMPOSITION, LIGHT SOURCE DEVICE AND ILLUMINATION DEVICE
(FR) COMPOSITION DE VERRE, DISPOSITIF SOURCE LUMINEUSE ET DISPOSITIF D'ÉCLAIRAGE
(JA) ガラス組成物、光源装置および照明装置
要約:
(EN) Disclosed is a glass composition which achieves a high refractive index while suppressing crystallization during heating and which further can be used in conjunction with a ceramic substrate. The glass composition is composed so as to contain, in oxide-based mol%, (a) 30-50% P2O5, (b) 10-50 ZnO, (c) 0.1-10% Al2O3, (d) 0-50% Li2O, (e) 0-50 Na2O, (f) 0-50% K2O, (g) 0-20% MgO, (h) 0-20% CaO, (i) 0-20% SrO, (j) 0-20% BaO, (k) 0-20% SnO, and (l) 0-5% B2O3. The disclosed glass composition is essentially free of ZrO2 and Ag2O, and (a)/(b), the ratio of (a) and (b), is 0.2-2.0.
(FR) L'invention concerne une composition de verre qui produit un indice de réfraction élevé tout en éliminant la cristallisation lors du chauffage et qui de plus peut être utilisé avec un substrat céramique. La composition du verre, en pourcentage molaire d'oxydes, contient (a) 30-50 % P2O5, (b) 10-50 % ZnO, (c) 0,1-10 % Al2O3, (d) 0-50 % Li2O, (e) 0-50 % Na2O, (f) 0-50 % K2O, (g) 0-20 % MgO, (h) 0-20 % CaO, (i) 0-20 % SrO, (j) 0-20 % BaO, (k) 0-20 % SnO, et (l) 0-5 % B2O3. La composition de verre de l'invention est pratiquement sans ZrO2 ni Ag2O et le rapport entre (a) et (b) est entre 0,2 et 2,0.
(JA)  加熱時の結晶化を抑制しつつ、高屈折率を実現し、さらにはセラミック製基板などと組合せて使用されうるガラス組成物を提供することを目的とし、酸化物基準のモル%で、(a)30%以上50%以下のP、(b)10%以上50%以下のZnO、(c)0.1%以上10%以下のAl、(d)0%以上50%以下のLiO、(e)0%以上50%以下のNaO、(f)0%以上50%以下のKO、(g)0%以上20%以下のMgO、(h)0%以上20%以下のCaO、(i)0%以上20%以下のSrO、(j)0%以上20%以下のBaO、(k)0%以上20%以下のSnO、(l)0%以上5%以下のB、を含み、実質的にZrOおよびAgOを含まず、(a)と(b)との比率(a)/(b)が0.2以上2.0以下である構成とする。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PE, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
EP2562147US20130015761JPWO2011132402CN102858704