国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現在ご利用になれません。
この状況が続く場合は、次のお問い合わせ先までご連絡ください。ご意見・お問い合わせ
1. (WO2011132331) 機能性ポリエステル繊維の製造方法並びに機能性ポリエステル繊維を用いたポリエステル製品
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2011/132331 国際出願番号: PCT/JP2010/062450
国際公開日: 27.10.2011 国際出願日: 23.07.2010
予備審査請求日: 17.11.2011
IPC:
D06M 11/36 (2006.01) ,D06M 13/332 (2006.01) ,D06M 13/358 (2006.01) ,D06M 101/32 (2006.01)
D 繊維;紙
06
繊維または類似のものの処理;洗濯;他に分類されない可とう性材料
M
繊維,より糸,糸,織物,羽毛またはこのような材料から製造された繊維製品のクラスD06の他に分類されない処理
11
繊維,より糸,糸,織物,またはこのような材料から製造された繊維製品の,無機物質またはその錯体による処理;そのような処理が機械的処理と組み合わされたもの,例.マーセル化
32
酸素,オゾン,オゾニド,酸化物,水酸化物またはペルオキシ酸化合物によるもの;両性元素―酸素結合によりアニオンから誘導される塩
36
酸化物,水酸化物または混合酸化物によるもの;両性元素―酸素結合によるアニオンから誘導される塩によるもの
D 繊維;紙
06
繊維または類似のものの処理;洗濯;他に分類されない可とう性材料
M
繊維,より糸,糸,織物,羽毛またはこのような材料から製造された繊維製品のクラスD06の他に分類されない処理
13
繊維,より糸,糸,織物,またはこのような材料から製造された繊維製品の,非高分子有機化合物による処理;機械的処理と組合せられたこのような処理
322
窒素を含む化合物によるもの
325
アミン
332
ジアミンまたはポリアミン
D 繊維;紙
06
繊維または類似のものの処理;洗濯;他に分類されない可とう性材料
M
繊維,より糸,糸,織物,羽毛またはこのような材料から製造された繊維製品のクラスD06の他に分類されない処理
13
繊維,より糸,糸,織物,またはこのような材料から製造された繊維製品の,非高分子有機化合物による処理;機械的処理と組合せられたこのような処理
322
窒素を含む化合物によるもの
35
複素環式化合物
355
6員複素環をもつもの
358
トリアジン
D 繊維;紙
06
繊維または類似のものの処理;洗濯;他に分類されない可とう性材料
M
繊維,より糸,糸,織物,羽毛またはこのような材料から製造された繊維製品のクラスD06の他に分類されない処理
101
処理される繊維,より糸,糸,織物またはこのような材料から製造された繊維製品の化学構造。
16
鉱物繊維以外の合成繊維
30
炭素―炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物から成る合成重合体
32
ポリエステル
出願人:
株式会社 きものブレイン KIMONO BRAIN CO., LTD. [JP/JP]; 新潟県十日町市字上島丑597番地1 597-1, Aza-Kamijima-Ushi, Tokamachi-shi, Niigata 9480056, JP (AllExceptUS)
岡元 松男 OKAMOTO Matsuo [JP/JP]; JP (UsOnly)
水落 秀人 MIZUOCHI Hideto [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
岡元 松男 OKAMOTO Matsuo; JP
水落 秀人 MIZUOCHI Hideto; JP
代理人:
吉井  剛 YOSHII Takeshi; 新潟県長岡市城内町3丁目5番地8 5-8, Johnai-cho 3-chome, Nagaoka-shi, Niigata 9400061, JP
優先権情報:
2010-10014023.04.2010JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR PRODUCING FUNCTIONAL POLYESTER FIBER, AND POLYESTER PRODUCTS USING FUNCTIONAL POLYESTER FIBER
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION D'UNE FIBRE POLYESTER FONCTIONNELLE, ET PRODUITS DE POLYESTER UTILISANT UNE FIBRE DE POLYESTER FONCTIONNELLE
(JA) 機能性ポリエステル繊維の製造方法並びに機能性ポリエステル繊維を用いたポリエステル製品
要約:
(EN) Provided is a method for producing a functional polyester fiber that can be utilized in a broad range of areas, including lifestyle materials and industrial materials. By adding a reactive group to a polyester fiber and binding a crosslinking agent to the reactive group, functional agents can easily be bound to the polyester fiber. In addition, a polyester fiber with outstanding functional durability can be achieved without destroying the stability of the polyester fiber. The method for producing the functional polyester fiber involves: adding a hydroxyl group and/or a carboxyl group and/or an amino group to the polyester fiber as a reactive group; adding a crosslinking agent to the polyester fiber, to which the reactive group was added, that will react with the reaction group; and adding a functional agent that reacts with the crosslinking agent.
(FR) L'invention concerne un procédé de production d'une fibre de polyester fonctionnelle pouvant être utilisée dans un large éventail de domaines, y compris dans des matières utilisées dans la vie moderne et des matières industrielles. L'ajout d'un groupe réactif à une fibre de polyester et la liaison d'un agent de réticulation au groupe réactif permettent de lier facilement des agents fonctionnels à la fibre de polyester. De plus, l'invention permet de produire une fibre de polyester présentant une durabilité fonctionnelle exceptionnelle sans nuire à la stabilité de la fibre de polyester. Le procédé de production de cette fibre de polyester fonctionnelle comprend les étapes consistant à: ajouter à la fibre de polyester un groupe hydroxyle et/ou un groupe carboxyle et/ou un groupe amino comme groupe réactif; ajouter un agent de réticulation à la fibre de polyester, à laquelle le groupe réactif a été ajouté, ledit agent réagissant avec le groupe réactif; et ajouter un agent fonctionnel réagissant avec l'agent de réticulation.
(JA)  ポリエステル繊維への反応基付加及びこの反応基と架橋剤との結合により、ポリエステル繊維への機能剤の結合を容易に実現させ、更に、ポリエステル繊維のもつ安定した状態を壊すことなく機能性の耐久性に優れたポリエステル繊維を実現し、生活資材、産業・工業資材など広い分野で活用することができる機能性ポリエステル繊維の製造方法を提供することを目的とする。ポリエステル繊維に水酸基、カルボキシル基、若しくはアミノ基の少なくともいずれかの反応基を付加し、この反応基を付加した前記ポリエステル繊維に前記反応基と反応する架橋剤を加え、この架橋剤と反応する機能剤を加える機能性ポリエステル繊維の製造方法。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PE, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関 (ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
Also published as:
CN102859064KR1020130042490