国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2011129446) 人工多能性幹細胞の製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2011/129446 国際出願番号: PCT/JP2011/059429
国際公開日: 20.10.2011 国際出願日: 15.04.2011
IPC:
C12N 5/10 (2006.01) ,C12N 15/09 (2006.01)
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
5
ヒト,動物または植物の未分化細胞,例.セルライン;組織;その培養または維持;そのための培地
10
外来遺伝物質の導入によって修飾された細胞,例.ウイルス形質転換細胞
C 化学;冶金
12
生化学;ビール;酒精;ぶどう酒;酢;微生物学;酵素学;突然変異または遺伝子工学
N
微生物または酵素;その組成物;微生物の増殖,保存,維持;突然変異または遺伝子工学;培地
15
突然変異または遺伝子工学;遺伝子工学に関するDNAまたはRNA,ベクター,例.プラスミド,またはその分離,製造または精製;そのための宿主の使用
09
組換えDNA技術
出願人:
学校法人慶應義塾 KEIO UNIVERSITY [JP/JP]; 東京都港区三田二丁目15番45号 15-45, Mita 2-chome, Minato-ku, Tokyo 1088345, JP (AllExceptUS)
ディナベック株式会社 DNAVEC CORPORATION [JP/JP]; 茨城県つくば市大久保6番 6 Ohkubo, Tsukuba-shi, Ibaraki 3002611, JP (AllExceptUS)
福田 恵一 FUKUDA, Keiichi [JP/JP]; JP (UsOnly)
湯浅 慎介 YUASA, Shinsuke [JP/JP]; JP (UsOnly)
関 倫久 SEKI, Tomohisa [JP/JP]; JP (UsOnly)
長谷川 護 HASEGAWA, Mamoru [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
福田 恵一 FUKUDA, Keiichi; JP
湯浅 慎介 YUASA, Shinsuke; JP
関 倫久 SEKI, Tomohisa; JP
長谷川 護 HASEGAWA, Mamoru; JP
代理人:
一色国際特許業務法人 ISSHIKI & CO.; 東京都港区新橋2丁目12番7号 労金新橋ビル Rookin-Shinbashi Bldg., 12-7, Shinbashi 2-chome, Minato-ku, Tokyo 1050004, JP
優先権情報:
2010-09540416.04.2010JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR PRODUCING INDUCED PLURIPOTENT STEM CELLS
(FR) PROCÉDÉ POUR LA PRODUCTION DE CELLULES SOUCHES PLURIPOTENTES INDUITES
(JA) 人工多能性幹細胞の製造方法
要約:
(EN) Provided is a method for producing iPS cells with low invasivity and high efficiency. iPS cells can be produced with high efficiency by means of a method comprising a step for culture of a peripheral blood mononuclear cell population for 3 to 14 days in the presence of anti-CD3 antibody, and a step for dedifferentiation of the cultured mononuclear cell population.
(FR) La présente invention concerne un procédé pour la production de cellules souches pluripotentes induites avec une faible invasivité et une efficacité élevée. Des cellules souches pluripotentes induites peuvent être produites avec une grande efficacité grâce à un procédé comprenant une étape pour la culture d'une population de cellules mononucléaires du sang périphérique pendant 3 à 14 jours en présence d'anticorps anti-CD3, et une étape pour la dédifférenciation de la population de cellules mononucléaires cultivées.
(JA)  本発明の目的は、侵襲性が低く、かつ、高い効率でiPS細胞を製造する方法を提供することである。末梢血由来の単核球集団を、抗CD3抗体の存在下で3~14日間培養する工程と、培養した単核球集団に脱分化処理する工程とを含む方法によって、高い効率でiPS細胞を製造することができる。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PE, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
EP2559757CN103097521JPWO2011129446US20130189786SG184892CA2796599
AU2011241514