国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2011129388) 焼結鉱の製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2011/129388 国際出願番号: PCT/JP2011/059245
国際公開日: 20.10.2011 国際出願日: 14.04.2011
IPC:
C22B 1/16 (2006.01) ,B01D 53/94 (2006.01) ,B01J 23/78 (2006.01)
C 化学;冶金
22
冶金;鉄または非鉄合金;合金の処理または非鉄金属の処理
B
金属の製造または精製;原料の予備処理
1
原鉱石またはスクラップの予備的処理一般
14
塊成化;団塊;結合;造粒
16
焼結;塊成化
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
D
分離
53
ガスまたは蒸気の分離;ガスからの揮発性溶剤蒸気の回収;廃ガスの化学的または生物学的浄化,例.エンジン排気ガス,煙,煙霧,煙道ガスまたはエアロゾル
34
廃ガスの化学的または生物学的浄化
92
エンジン排気ガスに適用されるもの
94
触媒による方法によるもの
B 処理操作;運輸
01
物理的または化学的方法または装置一般
J
化学的または物理的方法,例.触媒,コロイド化学;それらの関連装置
23
グループ21/00に分類されない,金属または金属酸化物または水酸化物からなる触媒
70
鉄族金属または銅に関するもの
76
グループ23/02から23/36までに分類される金属,酸化物または水酸化物と結合したもの
78
アルカリ金属またはアルカリ土類金属またはベリリウムと結合したもの
出願人:
新日本製鐵株式会社 NIPPON STEEL CORPORATION [JP/JP]; 東京都千代田区丸の内二丁目6番1号 6-1, Marunouchi 2-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1008071, JP (AllExceptUS)
片山 一昭 KATAYAMA Kazuaki [JP/JP]; JP (UsOnly)
笠間 俊次 KASAMA Shunji [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
片山 一昭 KATAYAMA Kazuaki; JP
笠間 俊次 KASAMA Shunji; JP
代理人:
志賀 正武 SHIGA Masatake; 東京都千代田区丸の内一丁目9番2号 1-9-2, Marunouchi, Chiyoda-ku, Tokyo 1006620, JP
優先権情報:
2010-09333414.04.2010JP
発明の名称: (EN) PROCESS FOR PRODUCTION OF SINTERED MINERAL
(FR) PROCÉDÉ DE PRODUCTION D'UN PRODUIT MINÉRAL FRITTÉ
(JA) 焼結鉱の製造方法
要約:
(EN) A process for producing a sintered mineral, in which a surface-coated carbon material is contained in a coal blend as a sintering fuel, wherein the surface-coated carbon material is produced by coating the surface of a carbon material with a coating containing 36 mass% or more of Ca derived from a coal raw material at a ratio of 2 to 50 mass% exclusive relative to the amount of the carbon material.
(FR) L'invention porte sur un procédé de production d'un produit minéral fritté, dans lequel un matériau à base de carbone revêtu en surface est contenu dans un mélange de charbon servant de combustible de frittage, le matériau à base de carbone revêtu en surface étant produit par application, sur la surface d'un matériau à base de carbone, d'un revêtement contenant 36 % en masse ou plus de Ca provenant d'une matière première de charbon, selon un rapport de 2 à 50 % en masse, limites comprises, par rapport à la quantité du matériau à base de carbone.
(JA)  この焼結鉱の製造方法では、炭材表面に、石灰系原料由来のCaを36質量%以上含有する被覆物を、前記炭材に対して2質量%超かつ50質量%未満の割合で被覆した表面被覆炭材が、焼結燃料として配合炭中に含まれる。
front page image
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PE, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
JPWO2011129388CN102844449KR1020120123604BR112012026123