国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2011129377) ポリカーボネートジオール及びその製造法、並びにそれを用いたポリウレタン及び活性エネルギー線硬化性重合体組成物
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2011/129377 国際出願番号: PCT/JP2011/059206
国際公開日: 20.10.2011 国際出願日: 13.04.2011
IPC:
C08G 64/02 (2006.01) ,A61L 27/00 (2006.01) ,A61L 29/00 (2006.01) ,B32B 27/04 (2006.01) ,C07D 493/04 (2006.01) ,C08F 290/06 (2006.01) ,C08G 18/44 (2006.01) ,C08G 18/65 (2006.01) ,C09D 175/04 (2006.01) ,C09D 175/14 (2006.01) ,C09J 175/04 (2006.01)
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
G
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
64
高分子の主鎖に炭酸エステル連結基を形成する反応によって得られる高分子化合物
02
脂肪族ポリカーボネート
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
L
材料またはものを殺菌するための方法または装置一般;空気の消毒,殺菌または脱臭;包帯,被覆用品,吸収性パッド,または手術用物品の化学的事項;包帯,被覆用品,吸収性パッド,または手術用物品のための材料
27
補綴または補綴用品のコーティングのための材料
A 生活必需品
61
医学または獣医学;衛生学
L
材料またはものを殺菌するための方法または装置一般;空気の消毒,殺菌または脱臭;包帯,被覆用品,吸収性パッド,または手術用物品の化学的事項;包帯,被覆用品,吸収性パッド,または手術用物品のための材料
29
カテーテルのための,またはカテーテルのコーティング用の材料
B 処理操作;運輸
32
積層体
B
積層体,すなわち平らなまたは平らでない形状,例.細胞状またはハニカム状,の層から組立てられた製品
27
本質的に合成樹脂からなる積層体
04
含浸,結合または埋め込む物質としてのもの
C 化学;冶金
07
有機化学
D
複素環式化合物(高分子化合物C08)
493
縮合系中に異項原子として酸素原子のみを含有する複素環式化合物
02
縮合系が2個の複素環を含有するもの
04
オルソ―縮合系
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
F
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応によってえられる高分子化合物
290
脂肪族不飽和の末端基または側基の導入により変性された重合体に,単量体を重合させて得られる高分子化合物
02
不飽和末端基の導入により変性された重合体への
06
サブクラスC08Gに分類される重合体
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
G
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
18
イソシアネートまたはイソチオシアネートの重合生成物
06
活性水素を有する化合物との
28
活性水素含有使用化合物に特徴のあるもの
40
高分子量化合物
42
主鎖にカルボン酸エステルまたは炭酸エステル基を有する重縮合物
44
ポリカーボネート
C 化学;冶金
08
有機高分子化合物;その製造または化学的加工;それに基づく組成物
G
炭素-炭素不飽和結合のみが関与する反応以外の反応によって得られる高分子化合物
18
イソシアネートまたはイソチオシアネートの重合生成物
06
活性水素を有する化合物との
28
活性水素含有使用化合物に特徴のあるもの
65
活性水素を有する高分子量化合物を含む活性水素を有する低分子量化合物
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
D
コーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ;塗料除去剤インキ消し;インキ;修正液;木材用ステイン;糊状または固形の着色料または捺染料;これらの物質の使用法
175
ポリ尿素またはポリウレタンに基づくコーティング組成物;このような重合体の誘導体に基づくコーティング組成物
04
ポリウレタン
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
D
コーティング組成物,例.ペンキ,ワニスまたはラッカー;パテ;塗料除去剤インキ消し;インキ;修正液;木材用ステイン;糊状または固形の着色料または捺染料;これらの物質の使用法
175
ポリ尿素またはポリウレタンに基づくコーティング組成物;このような重合体の誘導体に基づくコーティング組成物
04
ポリウレタン
14
炭素―炭素不飽和結合をもつポリウレタン
C 化学;冶金
09
染料;ペイント;つや出し剤;天然樹脂;接着剤;他に分類されない組成物;他に分類されない材料の応用
J
接着剤;接着方法一般の非機械的観点;他に分類されない接着方法;物質の接着剤としての使用
175
ポリ尿素またはポリウレタンに基づく接着剤;そのような重合体の誘導体に基づく接着剤
04
ポリウレタン
出願人:
三菱化学株式会社 MITSUBISHI CHEMICAL CORPORATION [JP/JP]; 東京都千代田区丸の内一丁目1番1号 1-1, Marunouchi 1-chome, Chiyoda-ku, Tokyo 1008251, JP (AllExceptUS)
日下 晴彦 KUSAKA, Haruhiko; null (UsOnly)
若林 一樹 WAKABAYASHI, Kazuki; null (UsOnly)
山本 正規 YAMAMOTO, Masanori; null (UsOnly)
草野 一直 KUSANO, Kazunao; null (UsOnly)
伊藤 宏透 ITO, Hiroto; null (UsOnly)
駒谷 隆志 KOMAYA, Takashi; null (UsOnly)
大原 輝彦 OHARA, Teruhiko; null (UsOnly)
内野 健太郎 UCHINO, Kentaro; null (UsOnly)
飯塚 治雄 IIDUKA, Haruo; null (UsOnly)
発明者:
日下 晴彦 KUSAKA, Haruhiko; null
若林 一樹 WAKABAYASHI, Kazuki; null
山本 正規 YAMAMOTO, Masanori; null
草野 一直 KUSANO, Kazunao; null
伊藤 宏透 ITO, Hiroto; null
駒谷 隆志 KOMAYA, Takashi; null
大原 輝彦 OHARA, Teruhiko; null
内野 健太郎 UCHINO, Kentaro; null
飯塚 治雄 IIDUKA, Haruo; null
代理人:
川口 嘉之 KAWAGUCHI, Yoshiyuki; 東京都中央区東日本橋3丁目4番10号 アクロポリス21ビル6階 Acropolis 21 Building 6th floor, 4-10, Higashi Nihonbashi 3-chome, Chuo-ku, Tokyo 1030004, JP
優先権情報:
2010-09315514.04.2010JP
2010-19185830.08.2010JP
発明の名称: (EN) POLYCARBONATE DIOL, PROCESS FOR PRODUCING SAME, AND POLYURETHANE AND ACTINIC-ENERGY-RAY-CURABLE POLYMER COMPOSITION BOTH FORMED USING SAME
(FR) POLYCARBONATE DIOL, SON PROCÉDÉ DE PRODUCTION, ET POLYURÉTHANE ET COMPOSITION DE POLYMÈRE DURCISSABLE SOUS L'EFFET D'UN RAYONNEMENT ACTINIQUE, TOUS DEUX FORMÉS À L'AIDE DE CELUI-CI
(JA) ポリカーボネートジオール及びその製造法、並びにそれを用いたポリウレタン及び活性エネルギー線硬化性重合体組成物
要約:
(EN) Provided is a novel polycarbonate diol giving a polycarbonate polyurethane which has high hardness and excellent mar resistance, has excellent hydrophilicity, and is useful for applications such as paints, coating compositions, synthetic/artificial leathers, and high-performance elastomers, etc. Also provided are: a polyurethane which is formed using the polycarbonate diol as a starting material; and an actinic-energy-ray-curable polymer composition which gives a cured film having excellent stain resistance and hardness. The polycarbonate diol is obtained, for example, by reacting two specific diols with a carbonic acid diester in the presence of a transesterification catalyst which is a compound containing a Group-1 or Group-2 metal of the periodic table, the content of the metal of the transesterification catalyst in the polycarbonate diol being 100 weight ppm or less. The polyurethane is obtained using the polycarbonate diol. The actinic-energy-ray-curable polymer composition contains a urethane (meth)acrylate oligomer which is a product of reaction of the polycarbonate diol.
(FR) L'invention porte sur un nouveau polycarbonate diol, donnant un polycarbonate polyuréthane qui présente une grande dureté et une excellente résistance aux éraflures, qui présente un excellent caractère hydrophile et qui est utile pour des applications telles que les peintures, les compositions de revêtement, les cuirs synthétiques/artificiels et les élastomères haute performance, etc. L'invention porte aussi sur un polyuréthane qui est formé à l'aide du polycarbonate diol en tant que matière de départ; et sur une composition de polymère durcissable sous l'effet d'un rayonnement actinique, qui donne un film durci ayant une excellente résistance aux taches et une excellente dureté. Le polycarbonate diol est obtenu par exemple par réaction de deux diols spécifiques avec un diester d'acide carbonique en présence d'un catalyseur de transestérification, qui est un composé contenant un métal du Groupe 1 ou du Groupe 2 de la Classification Périodique, la teneur du polycarbonate diol en le métal du catalyseur de transestérification étant de 100 ppm en poids ou moins. Le polyuréthane est obtenu à l'aide du polycarbonate diol. La composition de polymère durcissable sous l'effet d'un rayonnement actinique contient un uréthane (méth)acrylate oligomère, qui est un produit de réaction du polycarbonate diol.
(JA)  本発明は、高硬度で耐擦性に優れると共に、親水性に優れ、塗料、コーティング剤、合成・人工皮革、高機能エラストマー用途等に有用なポリカーボネート系ポリウレタンを与える新規ポリカーボネートジオールと、このポリカーボネートジオールを原料とするポリウレタンを提供する。また本発明は、優れた耐汚染性及び硬度を有する硬化膜が得られる活性エネルギー線硬化性重合体組成物を提供する。本発明は、例えば、特定のジオール二種と炭酸ジエステルとを、周期表1族又は2族金属を用いた化合物であるエステル交換触媒の存在下に反応させて得られ、前記エステル交換触媒の金属の含有量が100重量ppm以下であるポリカーボネートジオール、このポリカーボネートジオールを用いて得られるポリウレタン、このポリカーボネートジオールの反応物であるウレタン(メタ)アクリレート系オリゴマーを含有する活性エネルギー線硬化性重合体組成物、を提供する。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PE, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
EP2559718KR1020130092383CN102844353ES2698840