国際・国内特許データベース検索
このアプリケーションの一部のコンテンツは現時点では利用できません。
このような状況が続く場合は、にお問い合わせくださいフィードバック & お問い合わせ
1. (WO2011129251) ソフトキャンデーの製造方法
国際事務局に記録されている最新の書誌情報

国際公開番号: WO/2011/129251 国際出願番号: PCT/JP2011/058767
国際公開日: 20.10.2011 国際出願日: 07.04.2011
IPC:
A23G 3/34 (2006.01) ,A23J 3/14 (2006.01) ,A23J 3/34 (2006.01)
A 生活必需品
23
食品または食料品;他のクラスに包含されないそれらの処理
G
ココア;カカオ製品,例.チョコレート;ココアまたはカカオ製品の代用品;菓子;チュウインガム;アイスクリーム;それらの製造
3
糖菓;菓子;マジパン;被覆物または詰物製品
34
糖菓,菓子またはマジパン;その製造過程
A 生活必需品
23
食品または食料品;他のクラスに包含されないそれらの処理
J
食品用蛋白質組成物;食品用蛋白質の仕上げ;食品用リン脂質組成物
3
食品用の蛋白質の仕上げ
14
植物性蛋白質
A 生活必需品
23
食品または食料品;他のクラスに包含されないそれらの処理
J
食品用蛋白質組成物;食品用蛋白質の仕上げ;食品用リン脂質組成物
3
食品用の蛋白質の仕上げ
30
加水分解によるもの
32
化学薬品を用いるもの
34
酵素を用いるもの
出願人:
不二製油株式会社 FUJI OIL COMPANY LIMITED [JP/JP]; 大阪府大阪市中央区西心斎橋2丁目1番5号 1-5, Nishishinsaibashi 2-chome, Chuo-ku, Osaka-shi, Osaka 5420086, JP (AllExceptUS)
前渕 元宏 MAEBUCHI, Motohiro [JP/JP]; JP (UsOnly)
馬場 俊充 BABA, Toshimitsu [JP/JP]; JP (UsOnly)
中森 俊宏 NAKAMORI, Toshihiro [JP/JP]; JP (UsOnly)
発明者:
前渕 元宏 MAEBUCHI, Motohiro; JP
馬場 俊充 BABA, Toshimitsu; JP
中森 俊宏 NAKAMORI, Toshihiro; JP
優先権情報:
2010-09287814.04.2010JP
発明の名称: (EN) METHOD FOR PRODUCING SOFT CANDY
(FR) PROCÉDÉ DE FABRICATION DE BONBONS MOUS
(JA) ソフトキャンデーの製造方法
要約:
(EN) Provided is a soft candy having a good taste and excellent properties, the dough of which shows a high fluidity during the production process and which sustains a high emulsifying power and shows little oil oozing. By using a pea protein material in a soft candy dough, the dough shows a high fluidity and a soft candy, which sustains a high emulsifying power and shows little oil oozing, can be efficiently produced. By using the pea protein material in a partially hydrolyzed state, moreover, the hardness of the soft candy can be controlled to an appropriate level.
(FR) L'invention porte sur un bonbon mou ayant un gout agréable et d'excellentes propriétés, la pâte de celui-ci présentant une haute fluidité pendant le processus de fabrication, et lequel bonbon mou présente un pouvoir émulsifiant élevé et un faible suintement d'huile. Par utilisation d'un matériau à base de protéines de pois dans une pâte de bonbon mou, un pâte présente une haute fluidité, et un bonbon mou, qui présente un pouvoir émulsifiant élevé et un faible suintement d'huile, peut être fabriqué efficacement. Par utilisation du matériau à base de protéines de pois dans un état partiellement hydrolysé, en outre, la dureté du bonbon mou peut être contrôlée à un niveau approprié.
(JA)  【課題】製造時の生地の流動性が高く、且つ乳化力が保持され油のシミだしも抑えられた、風味および物性が良好なソフトキャンデーを提供する。 【解決手段】ソフトキャンデー生地にエンドウたん白素材を使用することで、生地流動性が高い状態で、乳化力が保持され油のシミだしも抑えられたソフトキャンデーを、効率よく調製することができる。加えてエンドウたん白素材を部分加水分解物とすることで、ソフトキャンデーの硬さを適切な状態にすることができる。
指定国: AE, AG, AL, AM, AO, AT, AU, AZ, BA, BB, BG, BH, BR, BW, BY, BZ, CA, CH, CL, CN, CO, CR, CU, CZ, DE, DK, DM, DO, DZ, EC, EE, EG, ES, FI, GB, GD, GE, GH, GM, GT, HN, HR, HU, ID, IL, IN, IS, JP, KE, KG, KM, KN, KP, KR, KZ, LA, LC, LK, LR, LS, LT, LU, LY, MA, MD, ME, MG, MK, MN, MW, MX, MY, MZ, NA, NG, NI, NO, NZ, OM, PE, PG, PH, PL, PT, RO, RS, RU, SC, SD, SE, SG, SK, SL, SM, ST, SV, SY, TH, TJ, TM, TN, TR, TT, TZ, UA, UG, US, UZ, VC, VN, ZA, ZM, ZW
アフリカ広域知的所有権機関(ARIPO) (BW, GH, GM, KE, LR, LS, MW, MZ, NA, SD, SL, SZ, TZ, UG, ZM, ZW)
ユーラシア特許庁(EAPO) (AM, AZ, BY, KG, KZ, MD, RU, TJ, TM)
欧州特許庁(EPO) (AL, AT, BE, BG, CH, CY, CZ, DE, DK, EE, ES, FI, FR, GB, GR, HR, HU, IE, IS, IT, LT, LU, LV, MC, MK, MT, NL, NO, PL, PT, RO, RS, SE, SI, SK, SM, TR)
アフリカ知的所有権機関(OAPI) (BF, BJ, CF, CG, CI, CM, GA, GN, GQ, GW, ML, MR, NE, SN, TD, TG)
国際公開言語: 日本語 (JA)
国際出願言語: 日本語 (JA)
また、:
JPWO2011129251